庭球部

2017.08.08

全日本学生選手権 8月8日 岐阜メモリアルセンター

頂点目指す男子部の夏、幕開け

 台風一過の清々しい青空の下、2日目を迎えた全日本学生選手権(インカレ)。この日は男子シングルス、ダブルスの1回戦が行われた。早大からも多くの選手が出場。シングルスでは小倉孝介主将(スポ4=神奈川・湘南工大付)ら6名が順調に1回戦を通過。ダブルスでも4ペアが2回戦へ駒を進めた。

 関東学生トーナメント(春関)男子シングルスでベスト4に3名を送り出し、勢いに乗ってインカレにやってきた早大庭球部。前年度チャンピオンの小林雅哉(スポ2=千葉・東京学館浦安)ら予選から勝ち上がった5人は勢いそのままに1回戦を突破した。一方、春関でベスト16に入り、インカレでも上位進出が期待されていた安上昂志(スポ2=福岡・柳川)は苦しい戦いを強いられる。「相手に自由なプレーをさせてしまった」(安上)と振り返るように、粘り強くボールを返してくる相手にミスを連発し、第1セットを落とした。続く第2セットでも流れを取り戻すことはできず、3―6、1-6のストレート負け。「消極的で中途半端なプレーになってしまった」(安上)と悔しさをあらわにした。

安上は初の白星を挙げることはできなかった

 ダブルスで先陣を切って登場したのは町田亮(スポ3=福岡・柳川)・木元風哉(社1=埼玉・早大本庄)組。合計身長360センチ超の長身ペアは、その体格を生かしたサーブ、ボレーを中心とした攻撃的なテニスでポイントを積み重ねていく。「自分のプレーでのびのびとできた」(木元)と終始相手に主導権を渡さず、6-3、6-3の快勝で2回戦進出を決めた。予選から勝ち上がった期待の1年生ペア田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)・千頭昇平(スポ1=愛知・誉)組も初めてのインカレながら十分に実力を発揮。強烈なサーブとストロークで相手をねじ伏せた。河野優平副将(スポ4=福岡・柳川)・坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)組、佐藤祥次(スポ2=大分舞鶴)・本多映好(社1=岩手)組の試合は接戦となるも、共にタイブレークを制してストレートで勝利。2回戦へ弾みをつける結果となった。

高さが武器の町田(左)・木元組

 大会3日目のあすは、男子シングルス2回戦が行われる。春関チャンピオンの島袋将(スポ2=三重・四日市工)といったシード選手も登場し、学生日本一を懸けた戦いは一層本格化するだろう。また、あすは気温30度を超える厳しい暑さが予想される。接戦になった場合は体力面も勝敗を分ける要因となるに違いない。相手選手だけでなく、暑さ、そして自分自身に勝つことはできるのか。早大庭球部の夏の戦いは、まだまだ続く。

(記事 松澤勇人、写真 平松史帆、熊木玲佳)

結果

▽男子

シングルス1回戦

○小倉孝介6-4、6-4山崎晃平(福大)

○町田亮6-0、6-1大槻勇斗(福島医大)

○小林雅哉6-2、6-1吉田皓(岩手医大)

○佐藤祥次6-1、6-1池添克哉(明大)

●安上昂志3-6、1-6田村迅(駒大)

○藤井颯大6-4、6-1小林宰(東海大)

○千頭昇平6-3、6-2堀切啓貴(日大)

ダブルス1回戦

○佐藤祥次・本多映好7-6(7)、6-4柴田優貴・杉澤克(日大)

○田中優之介・千頭昇平6-2、6-4甲斐直登・中村進之介(慶大)

○河野優平・坂井勇仁7-6(5)、7-6(2)稗島啓司・東川将大(甲南大)

○町田亮・木元風哉6-3、6-3安田有賢・古川滉士(東海学園大)

関連特集

インカレ直前特集『Let Waseda Reign Again』/全日本学生選手権

関連記事

インカレ展望/全日本学生選手権(08/06)

コメント

安上昂志(スポ2=福岡・柳川)

――初めての全日本学生選手権(インカレ)でしたがどのような目標で臨みましたか

シングルスでインカレ本戦に出るのが初めてだったので、どこまで自分がやれるのか挑戦する気持ちで臨みました。でもきょうの試合に関していえば、常に消極的になってしまったと思います。自分から思い切りいけなくて、最初から最後まで相手のペースで試合を進められてしまいました。

――インカレに臨むにあたって調子はいかがでしたか

1カ月前に捻挫をしてしまったのですがそれは完全に治ったので、状態的には悪くなかったと思います。やはり気持ちの面で乗っていけなかったと思います。

――粘り強く返してくる相手でしたが、やりづらさはありましたか

やりづらさはなかったんですけど、僕が何もせずに相手に自由なプレーをさせてしまったので、逆に相手はやりやすかったんじゃないかと思います。

――ネットプレーでのミスが目立ちましたが

ネットプレーは自分自身得意としていて、自信を持っていたんですけど、消極的で中途半端なプレーになってしまってミスにつながってしまいました。いつものように思い切りいけず、悪いときでも割り切ってプレーすることができなかったと思います。

――関東学生選手権(夏関)、関東大学リーグと続いていきますが、シングルスでの今後への意気込みをお願いします

春関で初めてベスト16に入ることができたので、夏関ではそれ以上、ベスト8以上に入りたいと思います。

――あす以降続くダブルスへはどのように臨みますか

ベスト8懸けで春関で負けた慶大の逸崎凱人・畠山成冴組と当たるので、昨年インカレ優勝しているペアですし、そこに勝ちたいと思います。

木元風哉(社1=埼玉・早大本庄)

――初めてのインカレでしたが、雰囲気はいかがでしたか

周りの人が強くて名の知れている人が多かったので圧迫されるというか、緊張するというのはありました。

――今回のインカレでの目標を教えてください

目の前の1試合1試合を自分のプレーで、ペアの町田さん(亮、スポ3=福岡・柳川)と協力して勝てるところまでいきたいです。

――きょうの試合を振り返ってください

序盤は、初めてのインカレと慣れないコートということで緊張から固さがあって、全然思うようなプレーができなかったです。徐々に進めていくうちに慣れてきて、結構自分のプレーでのびのびとできました。

――サーブとボレーでのポイントが目立ちましたが、力を入れていたのでしょうか

練習でもサーブが良かったのでそこは自信を持ってやれていましたし、ボレーも以前よりは良くなっているのでまだまだ不安はあるのですが、前より自信を持ってできました。

――町田さんとのペアの強みはどこでしょうか

コーチにも言われていたのですが、2人とも身長が高いのでどんどん前に出てプレッシャーをかけていくスタイルが合っていると思うので、それをちゃんとやっていけるようにしたいと思います。

――最後に、次の試合の意気込みをお願いします

相手はシードですが、名前負けしないように自分たちのプレーをやっていくことを意識してして勝ちを目指していきたいと思います。