野球部

2017.08.03

夏季オープン戦 8月2日 安部球場

4投手による完封リレーで守り勝つ/明治安田生命戦

TEAM
早 大
明治安田生命
(早)○柳澤、大竹、藤井寛、二山-小藤
◇(本塁打)小藤1号2ラン(二塁打)福岡

 早大野球部の夏が幕を開けた。夏季オープン戦の初戦の相手は社会人野球の強豪・明治安田生命。5回に8番・小藤翼(スポ2=東京・日大三)の右越え2点本塁打で先制点を挙げると、4投手の継投でこの2点を守り抜く。格上と見られる相手とのロースコアの試合を制し、夏季オープン戦白星発進に成功した。

 走者を出しても、ピンチを迎えても、ホームベースを踏ませなければいい――。先発・柳澤一輝(スポ4=広島・広陵)の投球は投手としての信条を感じさせるものだった。自身が「苦手」と語る立ち上がり。1死から3者連続で四死球を与え、満塁のピンチを招く。しかし、ここは自信を持つ直球で押し切り後続を断つ。次なるピンチは5回。1死からこの日初めての連打を浴び一、三塁に走者を背負ったが、ここでも粘り強い投球を見せる。まずは変化球を打たせ三ゴロで2死にこぎ着け、最後は追い込んでから高めのボール球を振らせて空振り三振。5回無失点と先発投手の役割を十分に果たしマウンドを降りた。柳澤の後を受けた2番手・大竹耕太郎(スポ4=熊本・済々黌)は持ち味である緩急自在の投球で明治安田生命打線を翻弄(ほんろう)し、6、7回をパーフェクトに抑える投球。3番手・藤井寛之(法2=福岡・東筑)、4番手・二山陽平(商4=東京・早実)も無失点でつなぎ、最後の最後まで得点を許さなかった。

先発し走者を背負いながら5回無失点に抑えた柳澤

 好投を続ける投手陣を支える扇の要が、勝利を大きく手繰り寄せた。両チーム無得点で迎えた5回、1死一塁で打席に立ったのは8番・小藤。初球はバントの構えを見せたが、ファールとなり、2球目からヒッティングに切り替える。そして、1球ボールを見送った後の3球目だ。真ん中外寄りに甘く入った直球を引っ張り込むと、打球は背走する右翼手の頭上を越え、右翼ネットに突き刺さった。勝利打点となったこの一発はもちろんのこと、守備面での貢献も見逃せない。この日はタイプの異なる4投手の持ち味を存分に引き出し、相手打線を無失点に封じ込める好リードが光った。1年生ながら全試合でマスクを被り一気にブレイクを果たした昨秋から一転、昨季は出場機会が激減し控えに甘んじた2年生。再びの正捕手奪取へ、鼻息は荒い。

5回に2点本塁打を放つ小藤

 今一度『守り勝つ野球』に立ち返り秋の賜杯を目指すチームにとって、2-0での勝利は最高の勝ち方と言える。打線は社会人の投手から7安打2得点と、大学レベルよりも一枚上手の投手に手を焼いた。それでも、この日のように点を与えなければ負けることはない。好投手を擁するチームと対戦することがあれば、強力打線でも攻略は難しいからこそ、まずは守ること。投手のレベルが高い東京六大学リーグ戦においてはなおさらだ。大量点が見込めない中、失点を最小限に減らし、ゲームセットの瞬間に1点でも多く相手より上回る。これ以降の夏季オープン戦でもこの日のような勝ち方を続け、自分たちの理想とする野球を確立していけるかが、秋の命運を握りそうだ。

(記事 郡司幸耀、写真 吉岡拓哉、遠藤怜、太田響子)

関連記事

2017夏季オープン戦日程・展望(07/18)