剣道部

2017.07.17

7月15日 全日本都道府県対抗女子優勝大会 日本武道館

大分代表として小西が健闘!ベスト8へ

 ことしも日本武道館の地で全日本都道府県対抗女子優勝大会が開かれた。早大からは大分県代表として小西波瑠(スポ2=大分鶴崎)が出場。チームはベスト8敗退となったものの、大一番を制するなど底力を見せつけた。

去年に引き続いての出場となった小西

 今大会は全国からそれぞれの県の予選を勝ち抜いた精鋭たちの集う大会だ。チームは先鋒が高校生、次鋒が大学生、中堅、副将、大将は年齢別という5名構成。学生から主婦まで幅広い年代がしのぎを削る。小西は次鋒としての出場となった。シードのため2回戦からの出場となった大分県代表の初戦の相手は滋賀県代表。小西は1本リードの状況で立命館大の戸山さくらと対戦。序盤から激しい打ち合いとなる。小西も果敢に攻めるが中盤、不意なメンを打たれ1本を奪われてしまう。そして何とか取り返そうと意気込んだその直後、相手の出コテが小西を襲う。初戦はまさかの2本負けで幕を降ろしてしまった。しかし、その後チームは2勝し大分県代表は3対1で次に駒を進めた。

 続く3回戦は愛知県代表との一戦。小西の相手は全国大会に出場した経験もある中京大の本村礼奈。小西は本村から繰り出される攻撃を冷静にいなし、自身も引きメンを狙うなど終始互角の戦いを見せる。しかし勝負はつかず惜しくも引き分けとなり、勝敗は後続に委ねることに。大分は続く中堅、副将も引き分けに終わるも大将がしっかりと決め1−0で勝利、ベスト8進出を果たした。4回戦の相手は九州の強豪鹿児島県代表。ここでもしっかりと勝負を決めて3年ぶりのベスト4進出を果たしたいところだったが、大分は先鋒戦で2本負けを喫するなど序盤から苦戦。何とか勝利を収めたい中、小西は強豪相手に実力を見せつける。終始積極的に攻めの姿勢を見せ相手を圧倒。中盤にコテを奪い勢いに乗ると、続けてメンを叩き込む。本来の実力を見せることのできなかった2、3回戦を払拭するような戦いぶりであった。惜しくも後続が次々に敗れ、大分県代表は1−3でベスト8敗退となったが、小西の活躍で一矢報いた結果となった。

鹿児島戦では唯一の白星を挙げた

 1年時から常にレギュラーとして活躍してきた小西、しかし前大会の関東女子学生選手権ではまさかの3回戦敗退、全日本女子学生選手権への切符を手に入れることはできなかった。それからはや2ヶ月、1勝1敗1分けと小西の実力を考慮すると少々振るわない結果ではあったが、大一番で勝利を収めたことは大きな成長と言えるだろう。9月には関東女子学生優勝大会も開催され、さらなる活躍が期待される。これからも躍進し続ける早大女子剣士から目が離せない。

(記事 松本一葉、写真 久野映)