ア式蹴球部

2017.07.17

第16回早慶女子サッカー定期戦 7月15日 神奈川・等々力陸上競技場

早慶女子サッカー定期戦 選手コメント全文

コメント

MF松原有沙主将(スポ4=大阪・大商学園)

――1-0で連覇達成となりました。結果についていかがですか

何よりも勝てたということに安心しました。結果は良かったんですけど、内容を見ると自分たちのサッカーができている部分とそうではない部分があったので、あさってまた関東リーグがあるので、改善していけたらいいかなと思います。

――危ない場面も何度かありました

いつもより声が通らないという状況だったんですけど、そういう時こそ個人の意識だったり、守備の連携を意識しないといけなかったなと思います。危ない場面でもなんとか防げたのは良かったと思います。声が通らない状況でもミスが起こらないように、その前の段階で防げるところをカバーできたら良かったんじゃないかなと思います。

――河野選手が点を決めました

久しぶりにセットプレーから点が取れたんですけど、朱里がいいところにいてくれて、しっかり体をぶつけて点を取ってくれました。やっぱり、ここぞという時に点を決めてくれる頼れる選手だなと思いました。前半のうちに点を決められたのは良かったと思います。

――ご自身のプレーについては

監督からロングシュートを打てと言われていたんですけど、結果1本くらいしか打てなくて。もう少しシュートを打てる位置にいないといけなかったと思いますし、ディフェンスもファーストがはっきりしない部分があったのでそこは改善しないとだなと思いました。

――きょう見えたチームの課題はなんですか

守備の部分でいくつか出ました。ロングボールのセカンドが拾えてなかったり、裏返された時のマイボールにするのが遅かったり。攻撃面では少ないタッチでやると崩す場面ができていたので、もっとそういうのを徹底していけたらいいなと思います。

――関東リーグの次戦が中1日で控えています

関東リーグも、引き分けたら順位がどうなるかわからないので、もう勝たなきゃいけないと思いますし、関東リーグの中で大学とやるのは最後になります。きょうの疲れもあると思いますが、しっかりチームで切り替えて臨みたいと思います。

MF中村みづき副将(スポ4=浦和レッズレディース)

――1-0という結果でしたが試合全体を通していかがでしたか

きょうはいつもと違う雰囲気での試合ということもあって、ちょっとそれぞれのミスが目立ったかなっていうのは試合を通してあったんですけど。球際の部分で負けていなかったり、いい部分も見られた一面もあったし、セカンド(ボール)を拾えなかったり決め切るとこを決め切れなかったりという悪い面も出たのでこれを今後の関東リーグ(関東女子リーグ戦)とか関カレ(関東大学女子リーグ戦)、その他の大会に生かせればいいかなと思います。

――試合前、チームとしてはどのような戦略で臨みましたか

ケイオーが5バックでくるかなと思っていたので、少ないタッチでパスを回してタイミング良く縦のくさびを当てて進んでこうという感じで今週やってきました。でも、ケイオーが5バックじゃなくて4バックで、すごい引いてくるわけでもなかったので、そこはちょっと思ってた部分とは違ったんですけど。でもそれに関してはわりと早く適応できたかなと思います。

――攻撃の中心としてご自身のプレーはいかがでしたか

きょうはボールロストとかパスミスとかが多くてあんまり良くなかったです。

――終盤、シュートチャンスが何度かありましたが

きょうは得点をしたかったので(試合を通して)結構どん欲にいったんですけど、全然入んなかったのでもっとシュート練習していかなきゃ駄目だと思いました。

――4年生最後の早慶戦での勝利となりましたが

4年時の早慶戦で勝てたというのは他の学年のときに勝つよりも、大きな意味を持つと思うので、その結果にこだわれたっていうのは非常に良かったかなって思います。

――明後日また試合というタイトな日程ですが、きょうの反省点も踏まえて、どのような修正をしていきたいですか

流れがうまくつかめない時間帯とかもこの1試合を通してあったので。暑くなると思うのでこれから。そういうときにチームとして気を引き締めていくっていうので、きょうは無失点だったので良かったんですけど、あさっての試合もしっかり無失点に抑えて、得点をもっと重ねていければいいと思います。

――無失点でしたがDF陣はどのように映りましたか

DF陣はしっかり体を張ってくれて、守備のとこでもそんなに危ないシーンはなかったので、良かったかなって思います。けど、ルーズボールのところとか、もうちょっとうまく対応できる部分というのは中盤のところも含めてあったと思うので、そういうのは中盤のラインとかDFライン含めてもうちょっと改善できればいいかなと思います。

DF奥川千沙副将(スポ4=静岡・藤枝順心)

――1-0で連覇達成となりました。結果についていかがですか

もう少し点を取って、みなさんに紺碧をもっと歌わせてあげたかったです!でもとりあえず勝てたのは良かったです。

――2連覇達成については

負けるわけにはいかなかったので。このまま連覇を後輩たちがつなげていってくれたらいいなと思います。

――いいプレッシャーをあたえられたという感じでしょうか

そうですね、がんばってほしいです。

――無失点におさえることができました

最近DFも体を張ってゴールを守ることが多いんですけど、これからも無失点を続けていけばア女も強くなると思うので、それを目指してやっていきたいと思います。

――危ない場面が何度かありました。指示が通りづらいなどありましたか

そうですね、連携が取れていなかった部分がありますが、それは理由にはできないので。自分たちでしっかり周りを見て、対処できる部分はしていかないといけないなと思います。

――ケイオーの印象はいかがでしたか

いつもは引いてるんですけど、きょうはハイプレスをかけてきていて。やり方を変えてきているなと感じました。もっとそれに順応して攻撃も守備もできたら良かったかなと思いました。

――関東リーグの次戦が中1日で控えています

疲労がおそらくたまると思うので、あしたしっかり休んで迎えたいと思います。

DF稲山菜月(スポ4=東京・十文字)

――どのような思いできょうを迎えられましたか

1、2年生の時はベンチに入ったんですが、去年はベンチにも入れず、悔しい思いをしていたので、ことしこそは試合に出たいという強い思いと、なんとしてもチームとして勝ちたいという思いがありました。

――途中出場ではありますが、ピッチに立って、そして勝利しました。いまのお気持ちはいかがですか

まずは出て勝ちたいと思っていたので、少しの時間ではありましたけど、それがかなったことが嬉しいです。

――ご自身のプレーについてはいかがでしょう

1回チャンスがあったんですけど、シュートまでつなげられなかったことは悔しかったです。ただ、短い時間でしたがボールに何度か触れたので、それは良かったと思っています。

――今後に向けて

冬のインカレ3連覇をチームとして目標にしてやっているので、自分自身もインカレ3連覇に貢献できるように、また4年生としても引っ張っていけるように、頑張っていきたいと思います。

MF平國瑞希(スポ4=宮城・常盤木学園)

――1-0で連覇達成となりました。結果についていかがですか

結果的には勝てたんですけど、内容的には危ない場面がいっぱいあったので、そこはまた課題を克服できるように、あしたからがんばっていかないとだなと思います。

――立ち上がり、危ない場面がありました

みんな最初体が硬くて。緊張とかもあったと思うんですけど、そんな中で相手は挑戦者の気持ちでくるので、そこに飲み込まれたかなと思います。

――緊張はしましたか

しました(笑)。

――河野選手の得点については

朱里はいつも大事なところで決めてくれるので、チームとしても助けてもらったと思います。ナイスゴールでした。

――ドリブル突破が印象的でした。相手のDF陣はいかがでしたか

相手のDFもそんなに食いついてこなかったので、自分としてはもっと仕掛けられたかなと思います。自分の強みをもっと出したかったです。

――満足はしていないということでしょうか

はい、満足していません。

――現役最後の早慶戦でしたが、特別な思いはありましたか

得点というかたちでチームに貢献したかったんですけど、とにかく勝てたので良かったです。

――関東リーグの次戦が中1日で控えています

きょう出た課題などを克服できるような試合にしたいです。

MF中井仁美(スポ4=兵庫・日ノ本学園)

――2連覇おめでとうございます。どのような心境でしょうか

早慶戦は絶対勝たなければならない試合なので、勝ててよかったです。

―1−0という結果に終わりましたが、ご自身ではどのように感じていますか

厳しい戦いになるというのは監督からも言われていたので、危ないところもあったんですけど、勝ててよかったと思います。

――普段よりも多くの観客の中での試合でしたが、感じるものなどはありましたか

この試合を運営するのに色々な人が動いてくれているというのは自分なりにわかったつもりで試合には臨んだので、気持ちの面では負けていなかったと思います。

――先制点をセットプレーから奪えましたが、振り返っていかがでしたか

そのセットプレーを取る前に、いいかたちでセットプレーをとることが出来たので、それを点につなげられたのはよかったです。

――ご自身でもチャンスを演出する場面が何度かありましたが、ご自身のオフェンス面は振り返っていかがでしょうか

どうしても点が取りたかったんですけど、そこで決められないのが自分の実力だと思うので、これからインカレに向けて高めていきたいと思います。

――後半ディフェンスで危ない場面が何度かありましたが、チームでのディフェンスを振り返っていかがでしたか

ちょっと疲れもあってファーストディフェンスが結構曖昧になっちゃって、上手くボールを運ばれるシーンがあったので、疲れているときでもファーストを決めて1人目に対して強くいくことが大事だと思います。

――次は中1日でリーグ戦が待っていますが、一言お願いします。

リーグも9連覇がかかっていて、自分たちの代で途絶えさせるわけにはいかないので、しっかり勝利できるように調整していきたいと思います。

GK木付優衣(スポ3=ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)

――観客が多く入る早慶戦を実際に戦ってみていかがでしたか

本当に声援がすごくて声が通らなかったので。(応援は)とてもありがたいんですけど、そういう意味ではすごくしんどかったです。その中でも声だけではなくて、もっと色々やれることがあったんじゃないかなと感じています。

――無失点で終えられた点については

時折り危ないときはあったんですけど、結果的に無失点で抑えられたのは良かったと思います。

――ゴール付近でのディフェンスでひやりとした場面も見られました

ディフェンスラインでボールを動かしているときの失い方が少し良くなかったんですけど、でも結果的に最後みんなで体を張ってゴールを守れたので。これからの課題としていく部分もあると思うんですが、ここから改善していけたらいいと思います。

――安定したセーブを見せていましたが、ケイオーのFWの印象はいかがですか

ワンチャンスを狙っている感じがすごくしたので、リスク管理は基本的にやりたいなと思ってたんですけど。やっぱり声が通らなくて上手くいかない部分もあって、そこでちょっと危ない部分を作らせてしまった部分はあると思います。

――中1日で関東リーグ試合がありますが、そこに向けて

最近関東リーグではしっかり勝ちきれていない試合が多いので、この早慶戦で優勝したことを励みにこれから勢いを付けていきたいと思います。

DF三浦紗津紀(スポ3=浦和レッズレディースユース)

――まず、試合を振り返って率直な感想をお願いします

内容的にもう少しスコアで大差をつけて勝ちたかったなというのが率直な印象です。

――早慶戦は特別な試合だと思うのですが、どのような思いで臨まれましたか

ことしは1回しかケイオーと戦う機会がないということで、この一戦で早慶の力の差っていうのを示したいっていうのと、こういう恵まれた環境でできる中で、自分たちをもっと知ってもらうために、いいサッカーをしたいなと思っていました。

――全体を通してディフェンスは危ない場面が幾度かありました。

そうですね。攻撃に重心がかかっちゃってる分、守備への切り替えという部分で課題が出たというのと、そんな中でも、チャンスを作らせてはいけないなと思ったので、これから戦って行く中で、改善していきたいと思います。

――三浦選手自身一度、ケガでピッチを離れる場面もありました

耳蹴られて。でも、自分でできると思ったのでやりました。

――個人の振り返りとしてはいかがですか

前半はロングボールからだったり、攻撃に結構絡めてたんですけど、後半になって全然関われなくなって、守備でもしっかり抑えることができなかったので、全然自分としては満足いってないです。

――中1日で、関東リーグと厳しい戦いになります。最後に一言お願いします

もう関東リーグは勝たないと優勝できない状況ですし、どんな内容でも勝ちというのにこだわって、チームでリーグ9連覇に向けて、やらなきゃいけないことをやっていきたいと思います。

渡部那月(社3=日ノ本学園)

――優勝おめでとうございます、試合お疲れ様でした。観客も多い中での試合でしたが、どんな気持ちでしたか

たくさんの人が色々準備してくれたり、応援しに来てくれたりしてるので、その人たちにしっかり感謝しながら、ピッチに立てることにも感謝しながらプレーするようにしていました。

――1-0という結果についてはどう思いますか

まぁピンチもあったし、それ以上に多くチャンスもあったので、そこをしっかり決めきれてたら、もっと楽に勝てたんじゃないかと思うんですけど、早慶戦なので相手もしっかり気持ちが入っていて、なかなか難しい試合だったんですけど、1点でも勝ち切れたことは良かったと思います。

――ディフェンスは危ない場面が多く見られたと思います

この観客の中で試合をするのがあんまりなくて、指示の声とかもあんまり通らなくて、連携ミスとかがちょいちょいあってピンチのところも多かったんですけど、大きい舞台に立ったらそういうのも当たり前なので、しっかりそういう中でも点を取れるようにしていかないといけないなと思います。

――DFですが、攻撃によく参加していて、チャンスを作る場面が多かったと思います

相手が、引いてくるというか、そういう対策を練習でしてたので、厚みをかけないとそこを崩せないかなと思ってるので、積極的に攻撃参加しようと思ってやっていました。

――ことしで2連勝ということで、次回も連勝がかかっていると思いますが、どう感じていますか

それは絶対に勝ちたい、負けたくないですね。今まで負けてないので、自分達の代で負けるわけにはいかないというか。絶対勝ち切りたいなと思っています。

――きょう早慶戦で、また月曜に試合という厳しいスケジュールだと思います

中1日で空いた試合とかもいままでなかったわけではないので、しっかり全体でコンディション整えて、全員がしっかりいいコンディションで臨めれば。関東リーグもまた勝ち切れないことが多くなってきたんですけど、そこをしっかり勝ち切って9連覇に繋げたいと思います。

MF柳澤紗希(スポ3=浦和レッズレディースユース)

――特別な早慶サッカーを勝利で終えました。感想を聞かせてください

スタッフ陣からも「早慶戦は結果が大事」と言われていたので、内容よりも結果にこだわったゲームができたと思います。

――1ー0という結果についてはいかがですか

試合前はきょねんのスコアが3ー1だったので無失点にこだわってたので、ことしは3ー0で勝ちたいと思っていましたが、結果1ー0ということで苦しい展開でした。ケイオーとは一度も対戦してなかったので、やりにくさはありました。

――突然の交代による出場となりましたが、心身面でどうでしたか

アクシデントが多かったので準備はしていましたし、いつでも出れる準備はしてたので心の面は大丈夫でした。ただいざピッチに立ってみると思ってたよりスピード感があって対応するのに時間がかかったので、プレーに関しては納得できないですね。

――中井選手のポジション変更など、臨機応変に対応する場面もあったかと思いますがいかがですか

今回はアクシデントだったので、みんなが臨機応変にやっていたというか、自由にプレーしていました。1対1でもしっかり対応できていましたし、そこはよかったと思います。

――MF松原有沙主将(スポ4=大阪・大商学園)とコンビを組まれましたがお気持ちは

最初から出ている選手なので、ピッチ内の状態も把握していますし、わからないところはどんどん聞いて頼ってました。頼もしいです。

――次戦は中1日での試合となりますがその点についてはいかがでしょうか

難しい試合にはなると思うんですけど、しっかり勝って、選手層の厚さを見せつけたいですね。

MF熊谷汐華(スポ3=東京・十文字)

――きょうは早慶戦という特別な試合となりましたが、どういった気持ちで迎えましたか

そうですね、早稲田の女子はいままで負けたことがないので、絶対に負けちゃいけないってのは思いましたし、早慶ならではの独特な雰囲気といったものもあったと思います。

――その伝統の一戦で1-0の完封勝利を収めたわけですが、チーム全体としてどういった点が良かったと思いますか

そうですね、いつも通りのサッカーが出来たというか、雰囲気に飲まれることが無かったので波やムラなくプレーできたことだと思います。

――前半終了と同時にベンチに退かれましたが、左サイドを突破してチャンスメイクをするシーンが目立ちました。相手DFに対する印象を教えてくださいa

私の強みが突破力なので、そこは相手も警戒してて、私1人に対して2枚で来たりとかしたので自分が引きつけてる分味方をうまく使えたらよかったんですけど、それはうまくできなかったです。

――このあと中1日で関東学園大戦を迎えるわけですが、かなりきびしい日程の中どういった準備をしていきたいですか

とにかくこれで早慶戦は終わりなのでいい意味で切り替えて、関東リーグも調子いいわけではないので勝たなければいけないし、内容にもしっかりこだわって、きつい日程ですが全員で闘っていきたいです。

FW河野 朱里(スポ3=静岡・藤枝順心)

――早慶戦という特別な試合、振り返っていかがですか

1ー0で結果としては勝てたのでよかったですが、内容が良くなかったです。

――1ー0という結果についてはいかがですか

チャンスは何本もあったのでそこは決めないといけないですし、逆にこっちのミスで失点しそうな場面もあったので、そういう連係面をしっかりやらないとなと思います。

――振り返って欲しいのがきょうのゴール。きょねんのゴールと同様にこぼれ球を押し込む形でした

そうですね、キーパーが弾いたボールや仲間がミスしたところを最後決めきるのを常に意識しているので、FWとして1つは仕事ができたかなと思います。ただ2.3本決めれたので、そこの悔しさのほうが大きいです。

――スルーパス、ドリブルなど個人技で魅せれた部分が多くあったと思います

あのスルーパスは終盤で相手も疲れてきたところでしたし、パスコースもなかったので思いきっていきました。

――追加点が取れなかった悔しさが大きいと言っていました。今後どう改善したいですか

後半の最初に放ったミドルも決めてれば楽な展開になっていました。ミドルはずっと課題にしてるところなのでまだまだだと思いますし、最後のみっちゃん(MF中村副将、スポ4=浦和レッズレディース)に出したスルーパスも、決まるか別として他のパスコースならもっと余裕があったと思います。最後シュートに持ち込むためのパスコース、そこの最後のつめですよね。そこを改善したいです。

――今日は勝利、そして得点もあげました。今日の自分のプレーに何点つけたいですか

そうですね、得点もあげたので50点ですかね。やっぱ追加点取れなかったですし、前へのプレスも連係がうまく取れなかったので良くなかったので。

――では最後に次戦は中1日での試合となりますがその点についてはいかがでしょうか

あんまり中1日の経験がないので、調整も難しいですが、しっかり切り替えて調整したいです。最近のゲーム内容も悪いし結果も悪いので、チームがうまく回るように貢献したいと思います。

DF中田有紀(スポ2=兵庫・日ノ本学園)

――勝利おめでとうございます!いまのお気持ちは

この伝統の一戦で勝ち切れたことは本当に良かったと思います。

――きょねんとことしで何か違いは感じましたか

相手の試合にかける思いがきょねんより強かった気がして、自分たちもそれに負けじと強い気持ちで戦えていたと思います。

――普段よりお客さんが多い中での試合というのは

本当にこういう応援の中で戦えるというのは、今までそういう経験をしたことがない分、緊張はしたんですけどすごく楽しめました。

――1-0という結果についてはどのように受け止めていますか

あの1点は泥臭く入れた1点で、もっと決め切るチャンスはあったので、そこらへんは本当に改善しないといけない点だなと思います。

――相手サイドハーフの選手に対するマークに関してはいかがでしたか

確か24番の選手だったんですけど、すごく点を決めているっていう情報があったので、とりあえず守備の面では負けないように意識してたんですけど、うまかったですね。でも対応はできていたかなと思います。

――チームとして無失点で抑えることができました

最近関東リーグ(関東女子リーグ戦)で自分たちのミスから失点をしてしまっていたので、そういう意味では今回無失点で抑えられてよかったと思います。

――ご自身の攻撃参加についてはいかがでしたか

何度かいいスルーパスもらえてチャンスつくれたんですけど、もっとシュートで終わりたかったなって思います。

――中1日でまた試合がありますが、意気込みをお願いします

また最近勝ち点3が取れてないので、そういった意味でも無失点でしっかり決めれるところ決めて勝ちたいと思います。