ア式蹴球部

2017.07.01

第91回アミノバイタルカップ2017 7月1日 静岡・時の栖スポーツセンター裾野グラウンド

大桃のゴールで先制、決着はあすへ持ち越し

 全国制覇へ向けた戦い、アミノバイタルカップ2017(アミノ杯)がことしも幕を開けた。初戦の相手は関東大学リーグ戦で7-0と大勝した朝鮮大学校。確実に勝利を収めたい早大は、前半13分にセットプレーからDF大桃海斗(スポ2=新潟・帝京長岡)のゴールで先制に成功。しかし、徐々にピッチを濃霧が覆い始めると、後半開始前に試合が中断。結局再開することができず、後半は翌日へ延期されることとなった。

スターティングイレブン

 前半は早大がボールを保持する時間が長く続く。しかし、カップ戦の初戦という緊張感からか、最終ラインでの慎重なボール回しから確実に攻撃を組み立てようとする姿勢が見える。先制点を早い時間帯に奪い、優位に試合を進めたい早大は11分、DF鈴木準弥主将(スポ4=清水エスパルスユース)のスルーパスをMF相馬勇紀(スポ3=三菱養和SCユース)が中央で受けると、ドリブルで切り込みミドルシュート。これはゴール左へ外れるが、その後得たCKに鈴木準がヘディング。こぼれたボールを大桃が右足で押し込んで先制点を奪う。その後も終始早大が主導権を握り、朝鮮大にボールを持たせず、ピンチらしいピンチをつくらせずに前半を1-0で終了。ところが、前半途中からピッチを覆い始めた濃霧の影響により、後半は翌日へ延期されることが決定した。

まさかの延期となった

 

(記事=新開滉倫 写真=守屋郁宏)

 

 

早大メンバー
ポジション 背番号 名前 学部学年 前所属
GK 小島亨介 スポ3 名古屋グランパスU−18
RB 安田壱成 スポ4 ベガルタ仙台ユース
CB ◎鈴木準弥 スポ4 清水エスパルスユース
CB 大桃海斗 スポ2 新潟・帝京長岡
LB 木下諒 社4 JFAアカデミー福島
CMF 今来俊介 商4 神奈川・桐光学園
CMF 22 金田拓海 社2 ヴィッセル神戸U-18
RMF 11 柳沢拓弥 社4 清水エスパルスユース
LMF 相馬勇紀 スポ3 三菱養和SCユース
CF 14 石川大貴 スポ4 名古屋グランパスU-18
FW 飯泉涼矢 スポ4 三菱養和SCユース
◎=キャプテン
監督:古賀聡(平4教卒=東京・早実)