水泳部

2017.06.22

関東学生リーグ戦 6月18日 神奈川・日体大健志台プール

あと一歩及ばず、日体大に敗戦。リーグ戦を4位で終える

TEAM 1P 2P 3P 4P
早大
日体大 10
▽得点者
齋藤2、大竹1、徳用1、菅野1

 関東学生リーグ戦(リーグ戦)も最終日を迎え、早大は日体大を相手に3位決定戦に臨んだ。例年4位という結果で苦汁を飲んできた今大会。絶対に勝つという強い気持ちで、早大は貪欲に勝利を狙いにいった。第1ピリオドは日体大相手に互角の戦いを見せるも、第2ピリオドで相手のカウンターを抑えきれずに5連続失点。後半は競り合いを見せるも、序盤の失点が響き、5-10で日体大に敗北。この結果をうけて、早大はリーグ戦を4位で終えた。

早大ボールで始まった試合、早大はターンオーバーから一気に相手ゴール前まで攻めあげ、徳用万里奈(社4=埼玉・秀明英光)のシュートで先制。キーパー松岡美有(ポ3=埼玉・秀明英光)が守備の司令塔となり、日体大の攻撃を最低限の失点で抑える。守りを固めて攻撃に繋げる、早大カラーの水球の完成系がそこにはあった。しかし、第2ピリオドに入ると相手のカウンターを止めることができなかった。乱れた守備を修正するのは難しく、5連続失点と一気に得点を開かれ、3-7で前半戦を終えた。後半で点差を詰めることができるか。 

攻守の要・徳用

始まった後半戦。日体大が早大の攻撃を無理に止めようとして退水(※)者を連続で出す。人数で有利をとった早大は、相手のゴール前で粘り強くパスを回し、持ちタイム1秒を切ったところで大竹いこい(スポ4=東京・藤村女)がシュートを決めた。しかし、この後なかなか追加点を挙げられないまま最終ピリオドへ。日体大のペースに押されながらも攻撃をしのぎ切っていた早大だったが、ゴール前で水中に押し込められるとついに失点を許してしまった。負けじと早大も攻め込むが、相手キーパーの好セーブに早大のボールは虚しく弾かれ、日体大に5-10で敗戦。この結果をうけて早大はリーグ戦を4位で終えた。 

早大のポイントゲッター齋藤有寿女子主将(スポ4=山形工)

 攻撃のチャンスで得点を決めきることが出来なかった早大。齋藤は「全体的な状況把握を各選手がしっかりとできていなかった」と反省点を口にした。日本学生選手権(インカレ)まで残された時間は限られている、リーグ戦で得られた課題をいかに解消していくか。インカレ制覇に向けて、選手たちの戦いはまだ始まったばかりだ。

(記事・写真 上野真望)

※掲載が遅れてしまい申し訳ありません

関連記事

新潟産業大に勝利も、課題の残る内容に/関東学生リーグ戦(6/7)

主導権を握れず、無念のコールド負け/関東学生リーグ戦(5/29)

課題は一対一、リーグ戦は黒星スタート/関東学生リーグ戦(5/23)

コメント

齋藤有寿女子主将(スポ4=山形工)

――本日の3位決定戦にどのようなお気持ちで臨まれたか教えてください

本当に毎年4位という結果で、しかも試合的には例年競っている試合で競り負けてしまう、勝ち癖がつけられない大会で、すごくコンプレックスに感じていました。今回3位決定戦ではあったんですけと、しっかり勝ちたかったなと思います。

――相手の退水やペナルティを誘うプレーは沢山あったんですけれども、その好機が生かしきれませんでした。攻撃面での課題は

全体的な状況把握を各選手がしっかりとできていなかったというのが今回改めて課題であるという風に感じました。やはり試合となると下級生はどうしても上がってしまうので、そこは上級生がしっかりとリードしていけたら、チャンスが訪れたときに得点が決められたと感じました。

――リーグ戦4位という結果になりましたが、この順位に関してはどう評価されますか

やっぱり悔しいっていうのがあるんですけど、この土日含めて、土曜日は4年生が上級生らしからぬプレーをしてしまったので、インカレに向けてこの4位という順位をしっかりと受け止めて、次に生かしていきたいなと思います。

――インカレに向けて今後の課題は

インカレ優勝を目指しているので、このままではいけないというのはあるんですけれども、やはり時間がないということをしっかりと考えて、綿密な計画をしっかりと立て直して、課題をひとつひとつ克服して、インカレで確実に優勝できる力をつけていきたいと思います。

松岡美有(スポ3=埼玉・秀明英光)

――本日の3位決定戦にどのようなお気持ちで臨まれたか教えてください

毎年4位という結果しか残せていないので、今年こそは勝ちたい、勝つという気持ちで臨みました。

――第1ピリオドでは守備に関する指示を沢山出されていましたね、失点も少なく上々の立ち上がりだったように感じました

ディフェンスはすごく良かったと思います。選手が連動して動いてくれたので、私もうまくシュートを止めることが出来たと思います。

――第2ピリオドに入ると5連続失点と日体大に攻め込まれてしまったんですけど、第1ピリオドとの違いはどこにあったのでしょうか

カウンターを決められすぎていました。カウンターを出されてしまうと、どうしても守備に穴ができてしまうので、それが失点につながったのだと思います。

――リーグ戦4位という順位については、どのように評価されていますか

本当に悔しいし、きょうもなんですけど昨日は本当に勝ちたかったので、悔しい気持ちなんですけど、この悔しさをインカレにぶつけたいと思います。