バドミントン部

2017.06.17

関東学生選手権 6月13日 所沢市民体育館

接戦をものにできず、男子複でベスト16入りは1組にとどまる

 連日ワセダの活躍が光る関東学生選手権。この日は男子ダブルスの1〜3回戦が行われ、ワセダからは6組12名が試合に臨んだ。このうち3組が3回戦に駒を進める。3試合ともファイナルゲームに及ぶ熱戦を繰り広げが、結果は想定外のものであった。

 浅原大輔(スポ2=宮城・聖ウルスラ学院英智)・吉村徳仁(スポ2=富山・高岡第一)組は相手のスマッシュに対する返球が甘くなり、最終的に鋭いスマッシュを決められてしまう場面がたくさんあった。そのため、接戦となった第1ゲームを落としてしまう。しかし、第2ゲームでは 「引いていた部分があった」(浅原)という第1ゲームでの反省を生かし積極的なプレーに切り替える。その結果、相手がスマッシュなどに警戒をし始め、ドロップなどの緩い球も得点源となっていった。第1ゲームから立て直した浅原・吉村組は相手に傾いていた流れを引き戻す。そして、ポイントを重ねていき迎えたマッチポイント。最後は鋭いスマッシュを決めて、昨年果たすことができなかった4回戦進出を成し遂げた。

ベスト16入りを決めた浅原(左)・吉村組

 松本康平主将(スポ4=埼玉栄)・古賀穂(スポ3=福島・富岡)組は粘り強いレシーブでラリーを続ける。そして、相手が隙を見せた瞬間に積極的に攻めていく形で得点を重ねていく。また、古賀は前衛のときの守備範囲が広いため、すぐに返ってくる古賀の球に対し相手は対応することができていなかった。そのため第1ゲームを難なく先取。この勢いのままストレートで勝利するかと思われた。しかし、第2、3ゲームでは自分たちのミスが目立ち失点が積み重なる。その結果、ファイナルゲームの末悔しい敗北となった。渡辺俊和(スポ2=埼玉栄)・鈴木朋弥(商2=宮城・聖ウルスラ学院英智)組もファイナルゲームに及ぶ接戦となる。しかし最後まで粘り切ることができず、2年連続での4回戦進出は叶わなかった。

まさかの3回戦敗退となった松本康・古賀(左)組

 昨年4回戦に勝ち上がった2組が3回戦敗退。4回戦に駒を進めることができたのは1組という衝撃的な結果で終わった男子ダブルス。しかしそれぞれ気持ちを切り替え、後日行われる試合で全力を出し切ってほしい 。

(記事、写真 佐藤菜々)

結果

▽Aブロック男子ダブルス

▼3回戦

松本康平主将(スポ4=埼玉栄)・古賀穂(スポ3=福島・富岡)●1-2(21-13、11―21、17-21)

渡辺俊和(スポ2=埼玉栄)・鈴木朋弥(商2=宮城・聖ウルスラ学院英智)●1-2(15-21、21-13、13-21)

浅原大輔(スポ2=宮城・聖ウルスラ学院英智)・吉村徳仁(スポ2=富山・高岡第一)〇2-1(21-23、21-6、21-17)

関連記事

関東学生選手権が開幕!男子シングルス4名が4回戦へ/関東学生選手権(6/07)

女子単で5名が3回戦を突破/関東学生選手権(6/10)

女子ダブルスで1組がベスト16入り/関東学生選手権(6/15)

コメント

浅原大輔(スポ2=宮城・聖ウルスラ学院英知)、吉村徳仁(スポ2=富山・高岡第一)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

浅原 きょうまで全然(ダブルスが)上手くいっていなくて。でも前日に連絡でやりとりしました。2人ともこの試合は勝ちたかったので。結果的にはこの試合はしっかり力が出せたのではないかと思います。

吉村 試合の前まで(ダブルスが)上手くいってなかったんですがずっと2人で話し合ってきたのでそこが今日の勝因だと思います。

――第2ゲームと第3ゲームではどのようなところを修正して試合に臨みましたか

浅原 (第1ゲームでは)僕が少し引いていた部分があったので、引いてる部分を強気に押していきました。そして、後ろで吉村が打ってくれたところです。

吉村 浅原がずっとダブルスをやっていて信頼している部分もあります。また浅原が自分たちのダブルスの軸になっているので、浅原を基点としてローテーションできたところが第2ゲームと第3ゲームだったと思います。

――昨年果たせなかった4回戦進出ですが

浅原 4回戦に向けて自分たちのラリーとかを少しでも調整して次の試合に臨めるように、強い気持ちを持って2人で頑張っていきたいと思います。

吉村 きょねん自分たちが負けた相手と比べるとまだまだ弱いと思います。 自分たちは大きい大会が得意なんですが、それだけでは勝てないので、もっと低い展開でも勝てるようにやっていきたいです。

――4回戦以降の意気込みをお願いします

浅原 優勝したいっていう気持ちなんですが、先のことばかり考えていては足元をすくわれてしまいます。なので一勝ずつ考えて、一試合一試合を2人で頑張っていきたいと思います。

吉村 優勝したいですが、負けても次に繋がるようにしたいです。今までみたいに引いて終わるのではなく積極的にプレーして浅原と2人で頑張っていきます。