卓球部

2017.06.27

関東学生選手権 6月28〜30日 東京・水元スポーツセンター

阿部は2連覇達成なるか!関東学生があす開幕!

 春季関東学生リーグ戦(春季リーグ戦)を終えて、いよいよ、個人戦の季節になってきた。あすから開催されるのは関東学生選手権(関東学生)。文字通り、関東ナンバーワンを決める戦いだ。前回大会では、25年ぶり、2人目の快挙で阿部愛莉(スポ3=大阪・四天王寺)が見事、優勝を成し遂げた。その他にも、4名がランク入りを果たし、大活躍であった。今年も、昨年のように早大勢は躍動することができるのか。各種目ごとに、展望を書いていきたい。

★女子シングルス

25年ぶり、2人目の快挙で昨年度の覇者となった阿部

 優勝候補筆頭として、第1シードに入ったのが、昨年度の今大会覇者・阿部愛莉(スポ3=大阪・四天王寺)だ。2連覇の偉業達成に、周囲からの注目度はかなり高い。そんな阿部の組み合わせだが、6回戦で四天王寺高校の後輩である三條裕紀(青学大1年)との対戦が濃厚だ。三條は先月の春季リーグ戦で、新入生ながら、主軸としてチームを13年春季ぶりの1部復帰に導いた実力者。その後の関東学生新人選手権でも、ダブルス優勝、シングルスでは2位の好成績を収めている。手強い後輩に、阿部は先輩の意地を見せたいところだ。上手く勝ち進めば、この次の準々決勝では、田中千秋女子主将(スポ4=愛知みずほ大瑞穂)との同士打ちが実現するかもしれない。主将との同士打ちとなると、阿部はめっぽう強い。昨年は準決勝で前主将の佐藤風薫(平成28年スポ卒=岡山・就実、現豊田自動織機)を下し、2月のユニバーシアード代表選考会では小道野結(平成27年スポ卒=神奈川・横浜隼人、現アスモ)、佐藤、田中の3代の主将を撃破。まさに、主将キラーだ。仲間が相手でも気を抜かない個人戦で際立つ勝負強さが、阿部の強みの一つでもある。出場選手のレベルが均衡しており、どの試合も接戦が予想される今大会。しかし、阿部は自身の持ち味を生かし、優勝へと突き進む。

★女子ダブルス

春季リーグ戦に引き続き、田中・加藤結(左)組には注目だ

 女子ダブルスで注目してもらいたいのは、先月の春季リーグ戦で最優秀ペア賞を受賞した田中・加藤組だ。息の合ったプレーでどんな状況も乗り越え、春季リーグ戦では出場した試合全てで勝利。しかも、ダブルスを組み始めてから2カ月足らずでの快挙だった。今、大学卓球界で、最も勢いのあるペアと言っても過言ではないだろう。それに、リーグ戦から今大会まで、約2カ月もの準備期間があった。さらに成長した二人の戦いぶりが、見れるかもしれない。期待は膨らむばかりだ。二人にとって、一番警戒が必要なのは中大の山本怜・明神組だろう。順当に勝ちあがれば、準決勝で対峙する。全日本選手権ベスト4の大学屈指の最強ペアを、田中・加藤結組はどう迎え撃つのだろうか。対戦が実現すれば、大学屈指の好カードになる。田中・加藤結組の健闘に期待したい。田中・加藤結組以外にも、注目のペアがいる。全日本ベスト8の阿部・徳永組は、第1シードに入った。順当に勝ちあがれば、春季リーグ戦では敗北を喫した中大の秋田・森田組と、ランク入り決定戦で対戦することになる。このペアに敗れたことが大きく影響し、春季はリーグ優勝を逃すこととなった。今度こそ勝ちたいという気持ちが強いはずだ。何としても勝ってもらいたい。

(記事、写真 本田京太郎)

関連記事

関東学生選手権展望(男子部)(6/25)