バドミントン部

2017.06.10

関東学生選手権 6月7日 東京・葛飾区総合スポーツセンター

女子単で5名が3回戦を突破

 関東学生選手権の2日目、女子シングルスAブロックの1~3回戦が行われ、ワセダからは11名が出場した。その結果、昨年の女王中西貴映女子主将(スポ4=埼玉・大宮東)をはじめ、松岡英美(スポ4=福岡・九州国際大付)、中村幸(スポ3=富山国際大付)、松本茜(社2=福岡・九州国際大付)そして、ルーキーの吾妻咲弥(スポ1=福島・富岡)の5名が3回戦を突破した。

 松岡は第1ゲームで快勝。一方、第2ゲームでは序盤から相手に5連続で得点を許すなどして一歩出遅れた。しかし、その後は順調にポイントを重ねていき互いに一歩も譲らない拮抗(きっこう)した試合展開となる。松岡は終盤まで集中力を切らさず、積極的なプレーを続けた。そして、21点目を先取。昨年果たすことのできなかった4回戦進出を決めた。松本茜は、幸先よく第1ゲームを取った。しかし接戦をものにすることができず、第2ゲームを18-21落とす。ファイナルゲームでは、シーソーゲームとなったが最後は6連続で得点し、ゲームセット。2年連続で4回戦の舞台に立つこととなった。

3回戦を突破した松岡

 岩崎未来(国教3=東京・ケイインターナショナルスクール)と桃井伶実(スポ2=石川・金沢向陽)は3回戦からの試合となり、また共に初めての3回戦であった。桃井は、相手の勢いを止めることができず、第1ゲームを落とす。第2ゲームでは、自分自身のペースを取り戻し序盤から競っていたが、あと一歩力及ばず。悔しい敗北となった。岩崎もスマッシュを打つなどして相手に食らいついていったものの、勝利することはできなかった。しかし「収穫はありました」(岩崎)と価値のある試合となったことは確かだ。

懸命にシャトルを打つ岩崎

 昨年女子シングルスで4回戦に進むことができたのは2名だったが、ことしは5名と大健闘した。中西の連覇に期待が高まる一方で、他の4選手の活躍からも目が離せそうにない。

(記事、写真 佐藤菜々)

結果

▽Aブロック女子シングルス

▼3回戦

中西貴映女子主将(スポ4=埼玉・大宮東)〇2-0(21-11、21-14)

松岡英美(スポ4=福岡・九州国際大付)〇2-0(21-10、21-18)

中村幸(スポ3=富山国際大付)〇2-0(21-11、21―19)

岩崎未来(国教3=東京・ケイインターナショナルスクール)●0-2(9-21、11-21)

桃井伶実(スポ2=石川・金沢向陽)●0-2(14-21、16-21)

松本茜(社2=福岡・九州国際大付)〇2-1(21-11、18―21、21-13)

吾妻咲弥(スポ1=福島・富岡)○2-0(21-11、21-16)

関連記事

関東学生選手権が開幕!男子シングルス4名が4回戦へ/関東学生選手権(6/07)

コメント

岩崎未来(国教3=東京・ケイインターナショナルスクール)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

きょうは2回戦からでしたが、相手の方が棄権してしまったので、流れとして3回戦からになりました。3回戦の相手は強い選手だったので自分ができることをできればいいなと思って試合に挑みました。

――実際に試合をやっていかがでしたか

周りの方と比べてあまりバドミントンをやっていないので、経験がありません。また、試合中にどうすべきかを考えることができないので、考えることができるようになったらもっとできるのかなと思いました。

――収穫などはありましたか

収穫はありました。今までは試合の中でもラリーを続けることができなかったので、できることを目標としていました。しかし、今回はラリーを続けることができたので、以前よりは収穫があったかと思います。

――今後の目標を教えてください

次は東日本学生選手権があるので、そこで一勝することです。