準硬式野球部

2017.06.05

木村杯新人戦 6月4日 早大東伏見グラウンド

早慶戦制す。ヤングワセダが大会連覇

 

                  

慶大戦
早大
慶大
(早)◯前田、福島、大津、菅野、江藤、久郷―中村康
◇(本塁打)秋元(二塁打)秋元

 劇的なサヨナラ勝ちから一夜明け、迎えた木村杯新人戦(新人戦)の決勝戦。大会連覇を狙う早大の相手は慶大と、ここでも早慶戦の幕が上がった。試合は4回にスクイズで早大が先制すると、その後も確実に好機を決め8得点。最終回には秋元旺(スポ2=栃木・作新学院)が本塁打を放つなど、打線は好調を見せた。投げては先発の前田直輝(スポ2=熊本)から始まる継投で相手打線をかわし、失点を最小に留める。打線の大量援護に投手陣が奮起し大勝。宿敵・慶大を下し優勝をつかみ取った。

 中盤の効果的な加点が功を奏した。両者無得点で迎えた4回、先頭打者が右中間に安打を放ち出塁すると、すかさず盗塁を決めて相手投手にプレッシャーを掛ける。さらに安打で打線をつなぎ、1死一、三塁と好機を広げると、続く8番・前田が4球目でスクイズを決め先制。次打者の江上太悟郎(教2=東京・早実)が失点直後の初球を中前に弾き返し、試合の流れを大きく引き寄せる2点目を奪い取った。その後も、打線は制球の定まらない相手投手を確実に攻めて加点していく。9回には4番・秋元がダメ押しの本塁打を左翼に叩き込み、勝負あり。試合の流れを終始相手に渡さず、大量点差で勝負をものにした。

 

本塁打を放った秋元

 

 先発の前田は丁寧にコースをつく投球で立ち上がりを3人で切って取る。2回から得点圏に走者を背負う場面もありながら、変化球で相手打者のタイミングをずらし相手にホームを踏ませない。ところが援護をもらった4回、安打で走者を許すと、野手の失策も絡み2死満塁としてしまう。一打で同点もありえる場面だったが、ストライク先行の落ち着いた投球で次打者を凡打で抑えガッツポーズ。最大のピンチを無失点で切り抜けた。前田の気迫を受けて、後を継いだ投手陣も粘り強く投げ相手打線をかわす。6回に内野安打で出塁した走者を内野手の暴投で本塁に返し1点を失うが、打線の大量援護もあり余裕を失わなかった。6人の継投で1失点。最終回は久郷太雅(創理2=静岡・沼津東)が3人でぴしゃりと締め、ベンチを歓喜で沸かせた。

 

先発の前田は好投を見せる

 

 昨年の秋の新人戦優勝から続き、大会連覇を達成した早大。少ない練習時間に不安もありながらもつかんだ勝利の喜びは大きい。また今大会の最優秀選手賞には加藤大(人2=大分上野丘)が選ばれるなど、秋からのリーグ戦のメンバーに食い込むような選手たちが多く見受けられた。下級生の躍動はチーム力の底上げにつながる。「下から圧力を掛けていきたい」と今大会で主将を務めた竹下直輝(スポ2=東京・小山台)が語るように、今大会で活躍した選手たちが、上級生のレギュラー陣の刺激になることも期待したい。

(記事 三浦遥、写真 加藤佑紀乃)

 

新人戦2連覇を達成した

 

関連記事

劇的な幕切れ!終盤に意地見せ、サヨナラ勝利で連覇の夢つなぐ/木村杯新人戦(06/04)

 

コメント

竹下直輝(スポ2=東京・小山台)

――優勝おめでとうございます。今のお気持ちは

シンプルに、すごく嬉しいという気持ちが一番強いです。きのう、9回に2点差を追いついて、「厳しいかな」と思うような場面もありましたがそこから1年生の力も借りて逆転できましたし、きょうは特に2年生が打って慶大に勝てたということでとても嬉しいです。

――大会連覇ということで、嬉しいお気持ちもひとしおだと思います

そうですね。きょねんの優勝の時も自分はベンチにいたので、ことしも優勝したいという気持ちが強い中での大会でした。(ゲームキャプテンとしてチームを)引っ張れたかどうかはわからないのですが、前に立って声を出して盛り上げていけました。らいねんも優勝してほしいと思いますし、ことしの秋にもまた新人戦があるので、これをまず1つのステップとして、秋にまた優勝したいと思います。

――きょうの試合を振り返って

きのう、自分たちの試合が終わった後に慶大の試合を見てから帰ったのですが、「打つな」という印象がやはりあって、自分たちがいかに失点を防いで勝つかという勝負だと思っていました。きょうは先発の前田も抑えてくれましたし、秋元、江上を始めとして打ってくれたので、みんなで打って勝てたのがとても嬉しかったです。

――先発の前田投手について。テンポのいい投球でしたが、走者を背負うと少し崩れてしまう印象を受けました

もともとリーグ戦のメンバーには入っているのでいいピッチャーだということはみんなわかっていますが、リーグ戦での登板経験が少ないのでそこが原因かなと思いました。けど、本人も気迫を前に出して盛り上げながら抑えてくれたので、こちらとしてもうまくリズムに乗れて、攻撃に生かすことができました。

――打撃面では、4回の先制のスクイズは、少しヒヤッとしましたが見事成功しました

バントに関してはどうしてもやはり練習不足だったので、見てるこっちも「大丈夫かな」という感じでしたけど、なんだかんだ決めてくれました。

――その後の江上選手の適時打で2点目を奪い、いい流れに乗れたように思えます

江上に関しては、新人戦があるということで何か月も前から自主練を頑張っていましたし、努力している選手がそこで打ってくれたのは2年生としてもすごく嬉しい場面でした。

――秋に向けて意気込みをお願いします

連覇を達成できたということは自分たちの中で自信にしていきたいと思います。自分たちの目標である全日本(全日本大学選手権)にAチームがいけなかったので、らいねんまずは優勝できるように、ことしの秋のリーグ戦、新人戦を確実にまず優勝したいなと思います。また、この新人戦で活躍した選手が今のレギュラーの4年生を脅かす存在というか、下からどんどん圧力を掛けていけるように、夏休みの練習を自分も含めて頑張っていきたいなと思います。

秋元旺(スポ2=栃木・作新学院)

――優勝おめでとうございます。今の率直なお気持ちは

勝つだけだったので、勝てて本当に良かったと。一安心です。

――7回の安打も、9回の本塁打も初球でしたが、初球から狙っていましたか

ファーストストライクが一番甘いと思うので、初球に甘いボールが来たら狙っていこうと思ってて、たまたま甘いボールが来たのでいい結果につながったかと思います。

――試合を全体的に振り返っていかがですか

まだまだ課題があるので、この勝ちをいい経験として次に生かせたらいいと思っています。

――具台的に課題は何が挙げられますか

守備やバントなどがちょっと決まっていない部分があったので、しっかり一発で決められるように。秋からリーグ戦(東京六大学リーグ戦)が始まるので、春は3位という結果に終わってしまったので、優勝できるように一戦一戦頑張っていきたいと思います。

――逆に新人戦通して見つかった収穫はありましたか

チームが成り立っていない状態で、悪い状況でもしっかりと立て直しせたというのはいい収穫だったのかなと思います。

――秋に向けて

秋は目の前のことに対してできることをしっかり、一生懸命やって行きたいと思います。

江上 太悟郎(教2=東京・早実)

――優勝おめでとうございます。今のお気持ちはいかがですか

優勝できると実際思っていなかったので、自分たちは練習時間が少なくてあまり自信もなかったんで…。それでも、優勝できて、実感は沸かないんですけど率直にすごいうれしいです。

――きょうの試合にはチームとしてどのように臨まれましたか

昨日が結構消極的だったので、初球から積極的に行こうというのをチームの1つの目標に掲げていました。その結果が、結構いろんなチャンスでも初球打ちとかしてつながったので、良かったと思います。

――4回にスクイズで先制した後に打順が回ってきましたが、この場面を振り返っていかがですか

もう自分の中では外のストレートの一点張りで、初球から行こうというのは決めていました。その読み通りストレートが来てくれたのでうまくセンターに弾き返せたので良かったです。

――この1点はチームを勢い付ける大きな1点になったと思います

そうですね。結構活気付いたと思います。

 

――きょうは2安打の活躍でしたが、ご自身のプレーを振り返っていかがですか

昨日があんまりだったので、きょうの活躍とで帳消しだと思っています。これからも満足せず、一生懸命頑張りたいと思います。

――新人戦を全体的に振り返っていかがですか

全体を振り返ると、チームとしてはすごく良かったので、秋に向けてまた夏練習して頑張っていきたいと思います。

――夏にご自身として強化していきたい点はありますか

守備ですかね。自分の中で不安があるので。バッティングも自分の打順においていろいろ考えられるとがあるので、しっかりそこを考えて打撃においても守備においても、もっとチームに貢献できるようにして行きたいです。

――秋に向けて意気込みをお願いします

このチームはチームの盛り上がりが持ち味だと思うので、自分中心に頑張って盛り上げていいチームにしていきたいと思います。