空手部

2017.05.25

関東学生選手権 5月21日 日野市市民の森ふれあいホール

今尾が2年ぶりの3位!2選手が全日本出場を決める

 全日本学生選手権(全日本)への出場権がかかった関東学生選手権に早大からは形部門で7人、組手部門では13人がエントリーした。昨年は1選手のみの入賞にとどまった早大だが、今大会では選手の失格や棄権が相次ぎ、全日本出場も危ぶまれる展開となってしまう。しかし、そんな中でも今尾光(スポ4=大阪・浪速)が「ワセダにも強い選手がいることを示さないといけない」と意地を見せ、自身2度目の3位に輝くと、故障明けの塚本惇樹(スポ3=千葉・拓大紅陵)もベスト32入りを果たし、2選手が7月に大阪で行われる全日本への出場を決めた。

 早大は午前の形で決勝進出者が現れず、組手の一回戦では主将がまさかの失格。他の主力選手も初戦で敗れるなどして全日本出場へ暗雲が立ち込める中、塚本が登場した。東京六大学大会直前の練習でのケガからの復帰した塚本は今年度初の公式戦であったが、「意外と気持ちの部分でリラックスできた」と持ち前のフットワークを武器に3回戦まで突破すると、4回戦で法大の伊藤(4年)と対戦。体格差もあり、苦手意識のある選手を相手に思うような組手ができないまま試合は終盤を迎える。しかし、このまま判定勝負かと思われた残り5秒に塚本が思い切って突きを繰り出すと、その突きは相手の上段をとらえ、有効。そのまま1-0で勝利した塚本。5回戦では帝大の三浦を攻めきれずに判定負けとなったが、目標であった全日本出場圏内のベスト32入りを果たした。

ケガからの復帰戦で好成績を収めた塚本

 今尾はその塚本を破った帝大の三浦と準々決勝で対戦した。「いつも通りやれば勝てる自信はあった」とその言葉通り、今尾は落ち着いて相手の動きに反応しカウンターで中段蹴りを決め、2ポイントを先取すると、次々と技を繰り出し相手を圧倒。3-1で勝利すると、2年ぶりの準決勝に駒を進めた。そして早大空手部初の決勝進出をかけた一戦の相手は高校の後輩にあたる帝大の中野(2年)。ここ1年で2度負けている相手との試合は開始からしばらく膠着(こうちゃく)状態が続く。試合が動いたのは残り1分30秒。相手の上段突きが決まり先制を許すと、そこから立て続けに失点。反撃も及ばず1-3で敗れた。試合後には「相手のペースでやられてしまった、あっぱれです」と後輩をたたえた今尾。「次こそは絶対に勝ちたい」と次戦でのリベンジを誓った。

中段蹴りを繰り出す今尾(写真右)

 7月の全日本は4年生の今尾にとっては最後の全国での個人戦となる。会場は今尾の地元である大阪。何度も頂点を経験したゆかりの地で有終の美を飾ることはできるのか。掲げた目標は「優勝」だ。塚本とともに全国でもワセダの名をとどろかせてほしい。

(記事 萩原大勝、写真 鎌田理沙)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません

結果

▽男子組手

今尾 3位

塚本 ベスト32

※上位入賞者のみ掲載

コメント

今尾光(スポ4=大阪・浪速)

――2年ぶりのベスト4となりましたが、この結果をどう思われますか

優勝を狙っていたので、悔しいという気持ちもあるんですけど、とりあえずは全日本に出れるということが決定したので、全日本ではきょうの分のリベンジをしっかり果たしたいと思います。

――主将の失格やほかの選手も思うような結果が残せない中での戦いとなりましたが

主将が失格になってしまったのは自分の中でも結構大きくて、自分が結果を出すことでワセダにも強い選手がいることを示さないといけないと思いました。逆にそれが力になったって部分もありますね。

――ベスト4が決まった準々決勝を振り返っていかがですか

試合時間が3分に伸びたので最初から飛ばしすぎずに落ち着いた試合運びをするように心がけました。いつも通りにやれば勝てるという自信はあったので落ち着いてできました。

――相手の帝京大の選手は塚本選手と試合をしていた時と比べて足取りが重いように感じました

それは自分で言うのも何なんですけど多分苦手意識があるんじゃないかなと。小さいころからずっとやってきていて、ずっと僕が勝っていたので。それで警戒していた部分があって組手が違ったんじゃないかなと思います。

――準決勝を振り返っていかがですか

相手が高校の2つ下の後輩で、この1年で2回負けていたので勝ちたかったんですけど見事に完敗してしまいました。1点目を取られてから思うようにできなかったです。全体的に相手のペースでやられてしまったので、あっぱれっていう感じですね(笑)。次もし当たったら、次こそは絶対勝ちたいです。

――試合中には驚いたような表情を何度も浮かべていましたが

それはあの準決勝からコートが変わって最初のコートと若干基準が違ったので。それで驚いたっていう部分はありました。

――全日本への意気込みをお願いします

2年前に出たときは準々決勝で負けてしまったので、次はさらに上を目指して、目標は「優勝」で頑張っていきたいと思います。

塚本惇樹(スポ3=千葉・拓大紅陵)

――きょうの大会への意気込みはどんなものでしたか

自分はケガをしていて、まともに練習できたのがここ1週間くらいだったので、変に固まらないで思い切りやって、前期の目標である『全日本(全日本学生選手権)出場』を達成できる動きができたらいいなと思い、試合に臨みました。

――ではきょうは見事その目標を達成されたということで、お気持ちはいかがでしょうか

1年生の時からずっと全日本の個人出場というのは目標だったので、とてもうれしかったです。

――今回はケガ明けの、復帰戦となりましたが

意外と気持ちの部分でリラックスできて。いつも通りの技が出せたのかなという感じはありました。

――どの部分をケガされていたのですか

薬指を骨折していて…。

――では、5回戦目で薬指を気にしていたのはケガの影響だったのでしょうか

そうですね、そこを逆にひねってしまって、痛みが出てしまいました。

――いま5回戦目のお話をしていただきましたが、今日の試合のヤマ場になった4、5回戦目を振り返っていかがでしょうか。まずは体格差のある相手だった4回戦目からお願いします

正直1年前の六大戦(東京六大学大会)の個人戦でやった相手で、そのときは内容で負けてて。自分としてもやりづらい相手だったんですが、今回正直勝てるとは思っていなかった中で思い切り出した技で取れて。そのときはすごくうれしかったです。

――そのあとの5回戦は判定負けになりました。そちらはいかがでしょうか

ケガは理由にしたくないのですが、思い切った技が出せなかったのが完全に大きな敗因になったのかなという部分があります。

――相手はかなりフットワークが軽い選手でした。ご自身との相性は

そうですね、やったことはないのですが相手は蹴り技が得意で、蹴りは警戒していたのですが、気にしすぎて攻め切れなかったというのが正直あります。

――では最後に、7月の全日本に向けて意気込みをお願いします

せっかく出るので、確実に上位は狙いたいと思います。(目標順位は)最低ベスト8です。