バレーボール部

2017.05.17

春季関東大学リーグ戦 5月14日 神奈川・日本体育大学健志台キャンパス米本記念体育館

中大相手にストレートで快勝!最終戦へ優勝の望みつなげる

 この日対戦したのはここまでまだ1敗の中大。しかし、主将の石川祐希、大竹壱青ら主力2人が抜け、戦力的には厳しい状況であった。一方の早大は黒鷲旗全日本男女選抜を終えてからチームとしての完成度も一層仕上がってきており、中大相手に全く手を緩めることなく苦しめていった。序盤から全く危なげなく試合を進め、3-0(25-18、25-17、25-21)で勝利を決めた。

 1セット目、喜入祥充主将(スポ4=大阪・大塚)のスパイクや山﨑貴矢(スポ4=愛知・星城)のダイレクトスパイク、藤中優斗(スポ3=山口・宇部商)、武藤鉄也(スポ2=東京・東亜学園)のブロックポイントなどで一気に攻め、あっという間に11-5まで差を広げる。その後も中大を引き離し、25-18で1セット目を先取した。続く2セット目も変わらず早大ペース。セッター小林光輝(スポ3=長野・創造学園)のトスワークはとりわけ素晴らしく、相手を翻弄しブロックを寄せ付けなかった。「自分でも本当に冷静にできたと思う」と小林自身もふりかえるように、納得のゲームメイクができたと言えるだろう。このセットも25-17としっかりものにした。

存在感を見せた山﨑

 しかし、3セット目は中大も意地をみせ序盤からなかなか点差のつかない展開。ルーキー中野竜(中大)が圧巻のサーブで早大を崩しにかかる。10-9で中野のブロックポイントにより中大がサーブ権を得ると、今度はサービスエースで得点を奪われる。さらに中野のサーブで崩された早大は連続ポイントを取られ、10-12でタイムアウトを取った。この場面について藤中は「サーブもしっかり打ち込んできたので、僕らが耐えきれなかったところがあった」と悔しさをにじませた。その後も点差はなかなか縮まらなかったが、喜入主将のバックアタックで17-17と追いつくと、次は武藤のブロックポイントでついに逆転に成功。このブレイクに武藤は大きくガッツポーズを見せた。ここで中大がタイムアウト取るも、そのままさらに連続ポイントを重ね一気に21-17に。その差をキープし25-21でゲームセット。ストレート勝ちを収めた。

4年生にとって中大戦初勝利をあげた

 この結果により、早大は春季リーグ戦最後の筑波大戦を残した状態で東海大に次ぐ2位につけ、自力での優勝はなくなったが優勝の可能性はまだ残っている。また、最上級生である4年生も公式戦ではまだ中大に勝利をしたことはなく、中大の主力は抜けているものの圧勝できた点でもこの勝利は意味があったといえるだろう。次戦は春季リーグ最終戦。「最後ストレートでしっかり勝って終わらせたい」(小林)。筑波大戦へ、今リーグの集大成をみせてほしい。

(記事 越智万里子、写真 杉山睦美)

セットカウント
早大 25-18
25-17
25-21

中大
スタメン
レフト 喜入祥充(スポ4=大阪・大塚)
レフト 藤中優斗(スポ3=山口・宇部商)
センター 山﨑貴矢(スポ4=愛知・星城)
センター 武藤鉄也(スポ2=東京・東亜学園)
ライト  加賀優太(商4=東京・早実)
セッター 小林光輝(スポ3=長野・創造学園)
リベロ 堀江友裕(スポ2=和歌山・開智)
コメント

山﨑貴矢(スポ4=愛知・星城)

――きょうのふりかえりをお願いします

向こうの選手が2人いなかったというのもあって勝たなければいけない試合だと思っていたので、勝ててよかったと思います。

――やりにくさは全くなかったですか

あんまりなかったですね。

――きのうよりもトスがあっていたのではないでしょうか

きのうよりセット数出ているのでそう感じた気はしますね

――ブロックについては

個人的にはダメだったんですけど、両サイドが良いブロックをしていたので、よかったと思います。

――1セット目、2セット目、流れも良くセンターからもたくさん打ってらっしゃいました

センター中心にしっかりサイドアウトを切れて、そこからしっかりサーブブレイクを取れたので理想の展開だったと思います。

――3セット目は中大も意地をみせました

相手の25番の中野のビックサーブがあって、1、2セットもそうだったんですけどそれにやられてしまって、そこが改善するポイントだと思いました。

――中野選手に猛攻を受けた原因は何でしょうか

取りに行って弾かれるとかならいいんですけど、誰も取りに行かないというミスが多くて、そこから少し流れが変わってしまうというのが良くない点かなと思いました。

――次の筑波大戦へ意気込みをお願いします

自力の優勝はないかもしれないですけど、3-0で勝つことに意味があると思うので、しっかり次に繋げられるように勝ちにいきたいと思います。

小林光輝(スポ3=長野・創造学園)

――ストレート勝ちとなりました

相手の主力が抜けてるので勝たなきゃいけない試合でした。それでもいまの4年生が、入学してから一回も勝ててなかったのでそこにまず勝てたということは良かったと思います。

――相手にかかわらず自分たちのバレーをしようとする姿勢が見られました

自分たちのバレーをやろうということでサーブを攻めれて相手を崩して攻撃を絞って、自分たちのブロックも出ていいかたちができたと思うのでこっちのリズムで試合を運べたんじゃないかと思います。

――冷静に相手を見て配球できていたと思います

相手を見て、仕掛けてきても裏をかいたりして自分でも本当に冷静にできたと思うので相手より上をいけたなと自分でも実感しています。納得のいくゲームが久々にできました。

――ミドル、サイド、移動攻撃など多彩な攻撃も見られました

自分たちがやってるのは時間差もやっていないのでシンプルな攻撃です。サイドと真ん中という自分たちの型をやっています。喜入さんがライトのポジションに行ったので喜入さんが動いたりはあるんですけど、シンプルだとは思います。真ん中とサイドのバランスを自分の中でしっかり使えてたと思います。

――山﨑選手とのトスについて

徐々に合ってきたと思うんですけど、まだ帰ってきたばかりなのできょうもちょっと合わない場面はありましたね。もう1週間で合わせていきたいと思います。

――ブロックについて

ブロックの形をもう一度基礎に戻ってやってきて、それを個人がしっかりできていたのでチームとしていいブロックができたんじゃないかと思います。

――サーブについて

全体的にサーブが攻めれるようになったということがあります。レセプションアタックがしっかりしてたからサーブも攻めることができていたので。全体的にサーブが攻めれていて自分としてもサービスエースも取れたし攻める姿勢もよかったかなと思います。

――最終の筑波戦に向けて

春リーグ最後で、4年生にとっても春リーグ最終戦となりますので、最後ストレートでしっかり勝って終わらせたいと思います。

藤中優斗(スポ3=山口・宇部商)

――きょうのふりかえりをお願いします

きのうときょうの試合は3-0で勝とうということだったので、結果的にストレートで勝てたのはよかったです。

――対戦してみて、相手はいかがでしたか

2人抜けていたので勝たないといけないということでしたので、3セット目相手のサーブにやられた部分はありますけど、自分たちのバレーができればしっかり勝負できたのでそういうところはよかったかなと思います。

――ご自身のプレーに関して、たくさんスパイクも決まっていましたし、ブロックポイントもありましたが

黒鷲旗終わってからはしっかりスパイクの感覚も戻ってきたので、気持ち的にも余裕ができました。ブロックに関しては位置だけしっかりして後ろ抜けたらレシーバーがあげてくれるので、そこはしっかり思い切って飛ぶことができたのでよかったかなと思います。

――レシーブに関してはいかがでしたか

レシーブは全然ディグとか上がっていないので、そこは少し頑張って行かないといけないと思います。

――相手の中野選手に苦しめられる場面もありましたが

良く飛ぶ選手なので僕らもタイミングが掴みづらかったですし、サーブとかもしっかり打ち込んできたので、僕らが耐え切れなかったところもありますし、相手のミスに助けられた部分が毎セットあったので、あのようなスパイクだったりサーブを打ち込んでくる選手を一本で切っていけるようにしていかないといけないかなと思いました。

――次は最終戦の筑波大戦ですが意気込みをお願いします

まだ優勝の可能性は無くなっていないので、しっかり3-0で勝つために今週1週間、自分たちの持ち味のサーブでしっかり攻めて打ち込んでいくというのを確認して頑張っていきたいと思います。