準硬式野球部

2017.05.16

東京六大学春季リーグ戦 5月15日 早大東伏見グラウンド

法大に力負け 決着は第3戦に

                  

法大2回戦
法大

早大 1
(早)●山口、久郷、杉山―吉田龍
♢(二塁打)今駒、中村

 優勝を目指す上では、勝率の関係でこれ以上負けの許されない早大。法大相手に勝利を目指したが敗戦を喫してしまった。大事な先発を任されたのは山口将宏(スポ4=愛知・横須賀)。初回に先制を許すとその後も追加点をとられる悔しい投球となってしまう。打撃陣も相手投手を打ち崩すことができず反撃は8回に奪った1点のみと機能せず勝ち星を落としてしまう。第3戦で法大と決着をつけることになる。

 先発のマウンドに上がったのは昨年、秋のリーグ戦でベストナインに輝いたものの、ここまで本来の投球ができていない山口。初回先頭打者にいきなり二塁打を打たれ得点圏に走者を背負う。しかしこの場面で捕手の吉田龍平(スポ2=東京・小山台)が相手走者の隙を逃さず二塁に好送球をみせピンチを脱したかに思えたが、2アウトから四球を出すと2連打を浴び先制点を許す。4回も2アウトから追加点を奪われてしまう。6回は自身の暴投、適時二塁打で3点を失い、この回の途中でマウンドを降りる。もうこれ以上追加点を与えられない難しい場面での登板となったのは久郷太雅(創理2=静岡・沼津東)。池田監督から将来は軸になってほしいと期待されている2年生だ。久郷はこのピンチを抑えると次の回も無失点に抑え期待に応える投球を見せる。8回からマウンドを引き継いだ同じく2年生の杉山周平(教2=神奈川・山手学院)も力強い直球を武器に2イニングを無失点に抑えた。 2年生投手の2人が結果を残したことは今後に活きてくるだろう。

満足いく内容ではなかった山口

 法大の先発は1年生で情報の無い尾崎海晴。力のあるストレートとキレのあるスライダーを武器とする変則右腕に早大打線は苦しんだ。なかなか走者をためることができず好機をつくれないまま試合は進んで行く。しかし6回、先頭打者の森田達貴(スポ3=埼玉・県浦和)が四球で出塁すると先発で起用された今駒顕二郎(教3=東京・早大学院)が三塁手の前へ絶妙なバントヒットを決めてこの日最大の好機を迎える。ここで迎えるのはワセダ自慢のクリーンアップという最高の場面。しかし3番の笹井健佑(社4=東京・早実)はレフトフライ。4番の鈴木夏亥副将(社4=東京・早実)は併殺打と好機を活かしきれない。7回も先頭打者を出すがきのうのヒーロー高橋竣介(人4=秋田・横手)が併殺打と打線が機能しない。相手投手が変わった8回に今駒が好機を作り、笹井の犠飛で一点を返す。あとがない最終回。代打攻勢に出るワセダは中村大輔(商3=東京・早大学院)が二塁打を放つも、続く打者に一本が出なかった。

昨日のヒーロー高橋も結果を残せなかった

 リーグ戦も終盤になり、優勝を目指す上で非常に大きな敗戦になった。先頭打者を出しても得点につなげることができないなど攻撃面で課題が見つかった。攻め方の改善が求められるだろう。「あしたはもう総力戦」と池田訓久監督が語るようにもう絶対に負けられない。法大との第3戦ではワセダの野球をして勝ち点を掴んでもらいたい。

(記事、写真 藤本壮汰)

コメント

池田訓久監督(昭40教卒=静岡・浜松商)

――今日の試合を振り返って

とにかくきょう勝たないと東大戦しか残していない立大に勝率で上回ることというか、同率でいくことができないということが想定できる中で、何が何でも勝ちたかったんです。ただ投手が今までは2,3点といういわゆる責任範疇で抑えていてくれたんですけど、一生懸命投げたんですけど打たれることはあるということですね。きのうのような打撃ができれば、その分を取り返すことはできたんでしょうけど、知らず知らずのうちに相手に点が入って終わっていたという感じですかね。きょうはちょっと難しい試合でしたね。

――相手投手をなかなか打ち崩すことができませんでしたがどのような印象をお持ちでしたか

今年入ったばかりの一年生ということで情報らしい情報がほとんどなかったですけど、非常にストレートもよく、変化球もスライダー、ツーシーム系のボールもあるようでイニングの早いところではそういうボールを、対戦がなかったということで幻惑されたのかなという感じはあります。

――先発の山口(将宏、スポ4=愛知・横須賀)選手については

去年の秋、あれだけ中心となって活躍してくれて、しかもベストナインまで取っているので、そういう意味では正直調子が良くないというのは事実で、何回か彼とも話し合いをしながらいろんな機会を設けながら自分の調子に持っていくようにとやっているのですが、彼なりにきょうは良く投げてくれたと思います。

――救援した久郷(太雅、創理2=静岡・沼津東)選手と杉山(周平、教2=神奈川・山手学院)は好投しましたね

久郷は今までリーグ戦で何回か使っていますけど、彼(久郷)の場合は2年生ということもあって若干経験が不足しているというところもあるので、そういう意味では経験を積んでいけば将来は柱になる投手になる期待はすごく持っています。杉山は明大戦で好投したんですけどひどくはないものの少し調子が悪いので将来もあるので無理はさせたくないというのが正直なところです。きょうは2イニングですけどどんな投球をするのか少し心配しながら見ていたのは事実です。

――これ以上負けられないですがあしたの試合への意気込みをお願いします

あしたはもう総力戦、何としても勝たなくてはいけない試合です。先ほどミーティングでも話したんですけど、何としても法大をいろんな角度から、二試合やってわかったことを抑えて自分たちの野球をして勝ちたいです。