準硬式野球部

2017.05.15

東京六大学春季リーグ戦 5月14日 早大東伏見グラウンド

シーソーゲーム制す決勝打!高橋「本当に嬉しかった」

                  

法大1回戦
早大
法大
(早)◯黒須、古賀―吉田龍
◇(本塁打)鈴木1号ソロ、高橋1号ソロ(二塁打)高橋

 第5週を終えた時点で3チームが勝ち点2で並ぶという混戦模様の東京六大学春季リーグ戦。今カードの相手は早大と同じく逆転Vを狙う法大。六大学随一の強力打線との点の取り合いに終止符を打ったのはラッキーボーイの一打だった。4—4の同点で迎えた8回、前の打席で本塁打を放っている高橋峻介(人4秋田・横手)の左中間を破る勝ち越し2点適時二塁打で勝負をつけた。投げては先発・黒須裕太(人4=栃木・真岡)が8回途中4失点とゲームメーク。投打がかみ合った早大が先勝。後半戦の初戦、いいかたちで白星スタートを切った。

 前回登板で完投勝利をおさめた黒須が先発マウンドに。黒須は、味方が2点を先制した直後の5回裏、2本の適時打を許し、3点を献上。早大らしくないまずい守備もあり、逆転を許してしまう。流れをつかみきれない早大は6回、一発攻勢で反撃に出る。まずは鈴木夏亥副将(社4=東京・早実)の一発で同点に追いつく。さらに高橋にも左中間フェンスを飛び越える完璧な当たりの本塁打が飛び出し、逆転に成功した。

 ここまで左打者の並ぶ法大打線を相手に外中心の配球でのらりくらりと立ち回ってきた早大バッテリーだったが、7回につかまってしまう。8番打者から3連打を浴び、またしても同点に。さらにその後、四球で2死満塁と絶体絶命のピンチを背負うと打席には4番・栗田和憲(4年)。栗田は2球目を逆らわずに逆方向へ。この場面でファウルゾーンへ切れていく打球を左翼線際で高橋がダイビングキャッチ。超ファインプレーがチームを救った。

「辛抱強く投げられた」と振り返る黒須。8回途中4失点だった

 「流れを変えるプレー」をした男はその直後の打撃でも存在感を発揮した。安打と敵失で二人の走者をためると、打席には高橋。「張っていた」という外のカーブをフルスイングするとあっという間に右中間を破り、これが走者一掃の勝ち越し2点適時二塁打となった。「本当に嬉しかった」。その言葉の通り、二塁塁上で感情を爆発させた。この2点のリードを古賀湧也(スポ3=佐賀西)が好救援で守り切り、先勝。

決勝打を放った高橋。先発出場は昨年5月8日以来、372日ぶり

 まさに高橋デーだった。第2打席は厳しいコースに来た球をしっかりと選び四球で出塁。後の先制劇につなげた。6回には一時勝ち越しとなる特大弾。7回の守備ではチームを窮地から救うダイビングキャッチ。そして、最終打席では決勝打を放つなど、攻守に輝きを放った。試合を振り返ると、「みんなのためにも絶対に打ちたいと思っていたのでそれが結果につながって本当によかった」と終始笑顔だった。

(記事 加藤耀、写真 高橋団)

関連記事

20得点と打線が爆発。コールド勝ちで勝ち点を積み重ねる/東京六大学春季リーグ戦(4/30)

投打で圧倒し東大相手に勝利/東京六大学春季リーグ戦(4/29)

コメント

黒須裕太(人4=栃木・真岡)

――法大に勝ちました。感想を聞かせてください

素直に嬉しいの一言です。ゴールデンウィークからこの法大戦に向けて、みんなで一丸となって練習をやってきたのでその成果が表れたことは個人的にも嬉しいですし、チームにとっても大きいと思います。きょうは本当にチームのみんなが頑張ったおかげで勝てたので、本当に素直に嬉しいです。

――きょうのピッチングの軸は

左バッターが多いというのはわかっていたので、外(角のボール)の出し入れで抑えようと。ただ相手は法大打線なので中盤から後半にかけては外をうまく合わせられて、後手後手のピッチングになってしまったんですけど、粘り強く投げられたのでよかったと思います。

――味方が2点を先制した直後に相手に逆転を許すという投球になりましたが

そうですね(笑)。普段はやらないようなプレーが出てしまったので、みんな2点を取ったことで逆に固くなってしまったのかな、と。でもここで自分が気持ちを切らせてしまったら、この試合負けてたと思うので、辛抱強く投げようと思っていました。苦しかったですけど辛抱強く投げられてよかったです。

――4—4となった7回裏、2死満塁で左翼手・高橋崚介選手(人4=秋田・横手)のダイビングキャッチがありました

いやあきょうの試合で勝てた要因だと思います。高橋以外の選手もみんな活躍したと思うんですけど、特に高橋には感謝しないといけないですね。

――あのプレーでやはりチームも盛り上がりましたか

そうですね、はい。あのプレーで流れが一気に。どっちに流れが転ぶかなという場面だったんですけど、一気にワセダの方に来てくれました。流れを変えるプレーだったと思います。

――8回は走者を2人出したところで古賀湧也投手(スポ3=佐賀西)にスイッチでしたが、どのような気持ちでベンチから見ていましたか

いつも通りに投げてくれれば抑えてくれると思っていました。古賀もここに合わせて調整してきてくれたので、見てるこっちの方は多少ヒヤっとはしましたけど安心して「任せたぞ!」という感じでしたね。

――8回途中4失点で勝ち投手になったという結果でした。抑えたのか打たれたのかどちらの気持ちが強いですか

どっちかといったら『打たれた』という感じですかね。序盤4回まではすいすい抑えられていたので自分の心にも隙が生じてしまったのかなと思います。中盤から終盤にかけて打たれた、という印象が強いですね。

――打たれた要因はどのあたりだと考えていますか

そうですね。配球が外一辺倒になってしまって、相手バッターに張られているな、という感じはありました。そこでインコースに投げてホームランなど長打を浴びるのも怖かったので、そこで外しか投げなかったというのがああやって単打でしたが連打をくらった要因なのかなと思います。

高橋崚介(人4=秋田・横手)

――久々の先発出場になりました。どのような意気込みでこの試合に臨まれましたか

やっぱり今まで苦しんできたんですけど、もう4年生で最後の春季リーグ戦なので結果は気にせずに思いっきり振って、自分の持ち味を出していこうと思って試合に臨みました。

――6回に一時は勝ち越しとなる本塁打を打ちました。完璧なあたりでしたね

偵察で(相手投手を)見た菅谷(尚弘、社4=東京・成蹊)たちに「ストレート、スライダーを半々くらいで張っていけばお前なら打てる」って言ってもらっていて、それをしっかり意識した結果だと思います。体が開かずに残ったおかげでホームランになりました。

――打ったのは

ストレートです。

――今までリーグ戦で本塁打はありましたか

初めてです。初ホームランですね。

――7回に同点に追いつかれて、なお二死満塁のピンチでダイビングキャッチありましたが、振り返っていかがですか

ぼくは本来ああいう選手じゃないので(笑)。ベンチの横の応援でずっと啓太(福田、人4=佐賀・鳥栖)とか4年生が緊張していたぼくに声援を送ってくれて。そのおかげで力も抜けて、飛び込んだら入った!みたいな(笑)。本当に運がよかったプレーでした、あれは。

――その直後の攻撃、一、二塁で打席が回ってくると今度は勝ち越しの2点二塁打を放ちました

打ったのは外のカーブです。ずっと投球練習で見ていて、「打つんだったらカーブだろうな」と思っていたところにちょうど張っていた球が来てくれたのでしっかり捉えることがよかったと思います。

――二塁塁上では大きなガッツポーズもありましたね

いやあもう感情が爆発してしまって(笑)。本当に嬉しかったです。

――きょうは攻守に大活躍でした

今まで練習してきて、補助だったりしてきてくれたみんなのためにも絶対に打ちたいと思っていたのでそれが結果につながって本当によかったです。

――あしたも気を抜けない試合があります。意気込みを聞かせてください

あしたは本当にミスなく、危なげない試合運びになるのが一番なんですけど絶対に苦しい場面やチャンスでぼくに打順が回ってくると思うので、そこでしっかりチームの勝利に貢献できるようなプレーをしたいと思います。