ハンドボール部

2017.05.14

関東学生春季リーグ 5月14日 東京・国士舘大学多摩キャンパス体育館

あと1本が遠かったワセダ、接戦落とし3連敗

 関東学生春季リーグ(春季リーグ)も残すところあと2試合。この日の対戦相手は、現在リーグ8位の日体大だった。上位で春季リーグを終えるためにも、これ以上負けられないところであったが、結果は25-27。2日連続で接戦を落とすこととなった。

 ワセダのスローオフで始まった試合、先制点は小畠夕輝(スポ3=岡山・総社)だった。その後2失点をしてしまうが、西山尚希主将(社4=香川中央)、小畠がすぐに取り返す。前日の試合では立ち上がりに苦しんだが、この日はなんとか食らい付き、序盤は一進一退のシーソーゲームとなった。しかし、ここから主導権を握ったのは日体大だった。前半15分、7-7の同点の状況から、相手が7メートルスローを決めたところから4連続失点。この時間帯、ワセダはシュートの早打ち、そしてシュートミスが目立っていた。これ以上突き放されたくないワセダは、ここでタイムアウトを要求。なんとか追い付いて前半を終えたいところであったが、なかなか得点できず、5点を追いかける形で後半を迎えることとなった。

サイドから得点を量産した三輪

 前日の試合で、前半ビハインドから後半に怒涛(どとう)の追い上げを見せたワセダ。この日も同じような展開となった。後半は、山﨑純平(社3=岩手・不来方)、三輪颯馬(スポ3=愛知)の連続得点で始まった。しかしその後、ワセダが1人退場していた隙をついて相手も得点を重ねる。反撃の機会をうかがうワセダは、伊舎堂博武(社3=沖縄・興南)、宗海皓己(スポ3=高知・土佐)ら3年生が奮起し、点差を広げさせない。そして後半20分、ようやく反撃の時間がやってきた。この日もその流れを作ったのはGK永田奈音(スポ3=宮崎・小林秀峰)だ。途中交代で入った永田がナイスセーブを連発し、その間に速攻などで4連続得点、とうとう1点差まで追い詰めた。相手の逆速攻も永田がファインセーブ、完全にワセダが流れをつかんだと思われた。しかし、この大事な局面でシュートが決まらない。また、ここでさらに三輪が2分間退場をしてしまい、再びリードを広げられてしまう。なんとか意地を見せて残り1分で2点を返したが、万事休す。目の前まで来ていた勝利を、あと一歩のところで逃してしまった早大は、春季リーグ終盤で3連敗を喫した。

2試合連続で永田のキーピングは試合の流れを変えた

 またしても大事なところでのミスが目立ってしまい、勝ち星を取れなかった。この3試合は、1点差、1点差、2点差と、接戦をものにできずに勝利を逃した。だがそれは、もう1本、2本ミスが少なければ、シュートを決めていれば、勝てていたのかもしれないということでもある。勝負の世界にたらればは通用しないが、その課題を克服することで勝利に近づくことは間違いない。春季リーグもいよいよ次週最終戦を迎える。これからの戦いにつなげるためにも、勝利で締めくくりたい。

(記事、写真 佐藤慎太郎)


関連記事

勝ちたかった一戦。ここが踏ん張りどころだ/関東学生春季リーグ(5/13)

鉄壁DFで筑波大封じるもあと一歩及ばず、悔しすぎる3敗目/関東学生春季リーグ(5/5)

3年生が躍動!勢いそのままに今季3勝目/関東学生春季リーグ(5/4)


関東学生春季リーグ
早大 25 9−14
16−13
27 日体大
GK 羽諸大雅(スポ2=千葉・市川)
LW 三輪颯馬(スポ3=愛知)
LB 小畠夕輝(スポ3=岡山・総社)
CB 西山尚希(社4=香川中央)
PV 松本光也(社4=神奈川・法政二)
RB 伊舎堂博武(社3=沖縄・興南)
RW 長谷川大耀(政経4=東京・早実)
コメント

CB西山尚希主将(社4=香川中央)

――きょうの試合振り返っていかがですか

前半ビハインドで折り返して、後半始まって追い付こうって言ってたんですけど、なかなか追い付ききれなくて、結局最後まで追い付かずにリードされた状態で試合が終わってしまいました。やっぱり追いかける展開の時にオフェンスミスであったり、ディフェンスでアタックしきれなくてシュートを押し込まれるっていうシーンが目立ったので、際の大事な部分ができてなかったゲームでした。

――前半9得点と、攻めきれてない印象がありましたが

真ん中に密集して、インにインにっていう意識が強くなりすぎて、確率の低いディスタンスであったり、さっきも言ったミスが重なって、得点が全然重ねられなかったなという印象です。

――後半流れに乗っている時に逆転しきれませんでした

そこでやっぱり、流れが傾いた時に勢いに乗って全員で攻めきれない、守りきれないっていうのは、この春季リーグを通して出た課題だと思います。

――チーム全体として、シュートミスが多かったように思います

カットインしたフリーシュートとかも、倒れ込んで簡単に近め打っちゃったりとか、大事な部分でのシュートっていうのは決めれなかったですね。

――春季リーグをいい形で締めくくるために、最終戦はどういう風にしていきたいですか

国士はいい選手が揃っているんですけど、それに負けずにワセダの強みである守って速攻、堅守速攻をしっかりとして、最後応援に来てくださっている方々のためにもワンプレーワンプレーを必死にして、最後いい形で締めくくれたらなと思います。

LW三輪颯馬(スポ3=愛知)

――きょうの試合振り返っていかがですか

日体大ということで、速攻が早いチームで、自分たちのミスから相手の長所を生かさせてしまったというところがあって、後半は粘れたんですけど前半の差が痛かったかなって感じです。

――9得点を挙げたご自身のプレーを振り返っていかがですか

上があんまり決めれてなかったので、サイドから点を取らないといけないっていうのもあったし、やっぱり時間がない中で自分の速攻で少しでも追い付きたかったので、そういう面では良かったのかなと思います。

――前半から追いかける展開でしたが、後半どういう気持ちで入りましたか

きのうも同じ流れで結局負けちゃったんですけど、きょうは同じシチュエーションで、とにかく楽しもう、全力でやっていこうって話して臨みました。

――後半の流れがいい時に逆転しきれなかった部分はいかがですか

際でのシュートだったり、僕も痛いところで退場してしまったのが最後の流れを潰してしまったのかなと思います。

――あの退場は疑問が残るものでしたね

あれは退場じゃないんですけど(笑)。なんで退場なのかわかんなかったんですけど、ジャッジを覆すことはできないので、しょうがないかなと思います。

――春季リーグをいい形で締めくくるためにどの部分を直していきたいですか

とにかく最終戦を勝って、いい形で締めたいので、ここから急激にうまくなるっていうのは無理なので、パスワークであったり、細かいところをしっかり合わせて、最後はみんなで勝てたらいいなと思います。