卓球部

2017.05.22

春季関東学生リーグ戦 5月21日 埼玉・所沢市民体育館

難敵・専大を破り、2位を勝ち取る!

 春季関東学生リーグ戦(春季リーグ戦)最終日。目標としてきた優勝には惜しくも届かなかったが、今後の成長のためにも最終戦を勝利で締めくくりたい早大は、2位の座をかけて専大と対戦した。専大は毎年激戦を繰り広げている因縁の相手。1番手のルーキーが競り勝ち、勢いに乗りたいところであったが、専大も簡単には流れを渡してくれない。しかし、最後は選手層の厚さを見せつけて団体戦スコア4-2で勝利を収め、春季リーグ戦2位を勝ち取った。

加藤結はなんとかリーグ戦初勝利をつかんだ

 粘りに粘ってつかんだ念願のシングルス初勝利だった。1番手で登場したルーキーの加藤結有子(スポ1=東京・エリートアカデミー/帝京)は序盤から積極的な攻撃を見せるが、ミスが目立ち、なかなか流れに乗れない。しかし、粘りの卓球で相手に流れを渡さなかった。すると、ゲームカウント1-2で迎えた第4ゲーム、ラリーの中でのフォアの強打が決まり始め、このゲームを奪うと、最終ゲームにもルーキーらしからぬ落ち着きと集中力を見せ、フルゲームの末、見事リーグ戦シングルス初勝利を飾った。加藤結は3番手のダブルスにも登場し、田中千秋女子主将(スポ4=愛知みずほ大瑞穂)と共にはつらつとしたプレーを見せた。加藤結が厳しいコースへボールを振り、甘くなった返球を田中が強烈なフォアスマッシュで仕留める。相手を寄せ付けない強さを見せた田中・加藤結組はストレートで勝利し、団体戦カウントを3-1とした。

 4番手の阿部愛莉(スポ3=大阪・四天王寺)は専大の安藤みなみ(3年)とのエース対決に臨んだ。阿部は回り込みの3球目攻撃を見せるなど積極的な卓球を見せたが、要所で安藤に強烈なフォアカウンターを決められてしまい惜しくもこの試合に敗れた。続くダブルスが勝利し、団体戦カウント3-2で迎えた第6試合を任されたのは鎌田那美(スポ2=北海道・駒大苫小牧)。鎌田にとってこの春季リーグ戦は、苦しい苦しいリーグ戦であった。「ずっと思うようにいかなくて、大事な試合でも全然勝てなくて迷惑をかけてしまった」と語る鎌田は、接戦で勝ち切ることができない試合が続いていた。昨年度、1年生ながらレギュラーとして早大の勝ちに何度も貢献してきた鎌田の悩める姿を支えたのは頼もしいチームメイトであった。「試合で負けた後や、苦しい時にすごく声をかけてもらったり、LINEをもらったりして『思い切ってやればいいんだよ』みたいなことをたくさん言ってもらえた」と語る鎌田の目には光るものが。チームメイトの期待になんとか応えたい鎌田はこの日の試合、吹っ切れたように持ち前の思い切りのいいプレーを存分に見せた。得点するたびにベンチに向かってガッツポーズ、ベンチも精一杯の応援で試合を盛り上げる。最後まで鎌田らしいプレーを貫き見事ストレート勝ちを収め、難敵専大を退けた早大は春季リーグ戦を2位で終えた。

勝利の瞬間、鎌田はベンチに向かって渾身(こんしん)のガッツポーズ

 春季リーグ戦を終えて6勝1敗の2位。惜しくも優勝を逃し、悔しさが残る結果となったが多くの収穫も手にすることができた。団体戦で大きなカギを握るダブルスは2組とも抜群の安定感を見せた。卓球のシーズンはまだまだ始まったばかりである。チームはこれからますます成熟することができるだろう。7月には前年覇者として全日本大学総合選手権団体の部(インカレ)が待っている。さらに成長した選手たちが連覇の偉業を成し遂げてくれることに期待したい。

(記事 吉田寛人、写真 本田京太郎)

女子部の集合写真

関連記事(女子部)

ルーキー葉波が大活躍!男女ともに上々のスタート/春季リーグ戦(05/04)


エース阿部が大車輪の活躍!開幕3連勝で前半戦を終える/春季リーグ戦(05/05)


大一番を前に、開幕4連勝を飾る!/春季リーグ戦(05/19)


中大に完敗…グランドスラムへの道、ここで途絶える/春季リーグ戦(05/20)


男女ともに2位で閉幕!4人が個人賞を獲得!/春季リーグ戦(05/21)

関連記事(男子部)

俺が緒方だ!デビュー戦で値千金の白星、チームは開幕3連勝!/春季リーグ戦(05/05)


冴えてる主将!上村が勝利を呼び込み、開幕4連勝!/春季リーグ戦(05/19)


魔の第5戦。リーグ制覇の夢ついえる/春季リーグ戦(05/20)


12年秋ぶりの雪辱!ついに、明大を撃破!/春季リーグ戦(05/21)

関連記事

春季関東学生リーグ戦展望(男子部)(04/30)


春季関東学生リーグ戦展望(女子部)(04/30)


春季リーグ戦・注目選手紹介(男子部)(05/01)


春季リーグ戦・注目選手紹介(女子部)(05/01)

関連特集

【連載】春季関東学生リーグ戦直前特集『Never Stop,Never Settle!』(04/30~05/03)

結果

▽女子 最終戦

VS 専大 ◯4―2

◯加藤結有子3―2中島三桜

●徳永美子1―3堀優美

◯田中千秋・加藤結有子組3―0安藤みなみ・枝松亜実組

●阿部愛莉1―3安藤みなみ

◯阿部愛莉・徳永美子組3―0内田有美・椎崎楓花組

◯鎌田那美3―0牧之内菜央

コメント

鎌田那美(スポ2=北海道・駒大苫小牧)

――春季リーグ戦を振り返ってみていかがですか

ずっと思うようにいかなくて、大事な試合でも全然勝てなくて迷惑をかけてしまって、試合に出させてもらってるのにいい試合ができなくて申し訳なかったです。

――きょうの試合は思い切りの良さが出ていたように感じました

試合で負けた後や、苦しい時にすごく声をかけてもらったり、LINEをもらったりして「思い切ってやればいいんだよ」みたいなことをたくさん言ってもらえたので、自分の力というよりはワセダのみんなの力があってこそ思い切って試合ができたと思います。

――最後にインカレや今後の試合についての意気込みを聞かせて下さい

インカレまでは2か月もないぐらい時間がないので、リーグ戦が終わって反省点とか課題とかがすごくたくさんあるので、大事なところで自分の思い切ったプレーができるようにもっと練習してチームに貢献できるように頑張りたいと思います。