卓球部

2017.05.19

春季関東学生リーグ戦 5月19日 埼玉・所沢市民体育館

大一番を前に、開幕4連勝を飾る!

 春季関東学生リーグ戦も、後半に突入した。前半戦を3連勝で終えた女子部は、この日、日大と対戦。相手校のエースに白星を一つ献上したが、その他は数々の接戦をものにし、開幕4連勝を飾った。

鎌田は関東学生新人の王者を相手に惜敗

 1番手の阿部愛莉(スポ3=大阪・四天王寺)がストレートで相手を下すと、続く鎌田那美(スポ2=北海道・駒大苫小牧)は昨年の関東学生新人選手権(関東学生新人)で頂点に立った奥下茜里(2年)と激突。ゲームカウント1−2で迎えた第4ゲーム、フォアバックの素早い切り替えや精度の高い高速ラリーで4連続得点する。ところがその後はサーブミスなどで、徐々に差を詰められてしまった。それでも、ミスが許されない場面ではしっかりと3球目攻撃を決め、ゲームカウントをイーブンに戻した。ファイナルゲームの前半は、サーブレシーブからフォアドライブを決めるなど積極的な攻めを披露。互いに譲らない展開になり、3−5とわずかに劣勢で折り返した。後半、ラリーで強みを発揮した鎌田だったが、回転がかかったレシーブやフォア側に大きく揺さぶるプレーにミスを誘われる。フルゲームの末に惜敗し、団体戦スコアは1−1となった。

 3番手も激闘を制し、団体戦カウント2−1で4番手を任された徳永美子(スポ3=福岡・希望が丘)。あと1ゲームで白星をつかむ第4ゲーム、開始早々から相手を引き離し、8−3とする。ところがここから巻き返しを許し、9−8と一点差まで迫られてしまった。回り込んでドライブ攻撃を狙う場面も見られたが、徳永が放った球は無情にも台の外へと落ちる。あと一歩のところで勝ち切ることができず、勝負の行方はファイナルゲームへと持ち越された。序盤から勢いに乗り強気のプレーを展開したものの、相手もこのまま勝たせてはくれない。10−8としたところで、次の一本は左サイドを突かれて失点してしまう。最後は相手のミスを誘い、なんとかこのゲームをもぎ取った徳永だったが、「反省の残る試合だった」と振り返った。徳永は続く5番手のダブルスにも阿部と共に登場し、この戦いをストレートで制する。団体戦スコア4−1で、ワセダに軍配が上がった。

フルゲームで試合をものにしたが、徳永は納得のいくプレーはできなかった

 大会4日目は、ワセダ同様ここまで全勝の中大、そして前回の秋季関東学生リーグ戦優勝校である東京富士大という強豪が相手である。選手たちも警戒するこの2校から、勢いに乗るワセダが白星を勝ち取る瞬間に期待したい。

(記事 橋本望、写真 本田京太郎)

関連記事(女子部)

ルーキー葉波が大活躍!男女ともに上々のスタート/春季リーグ戦(05/04)


エース阿部が大車輪の活躍!開幕3連勝で前半戦を終える/春季リーグ戦(05/05)

関連記事(男子部)

俺が緒方だ!デビュー戦で値千金の白星、チームは開幕3連勝!/春季リーグ戦(05/05)


冴えてる主将!上村が勝利を呼び込み、開幕4連勝!/春季リーグ戦(05/19)

関連記事

春季関東学生リーグ戦展望(男子部)(04/30)


春季関東学生リーグ戦展望(女子部)(04/30)


春季リーグ戦・注目選手紹介(男子部)(05/01)


春季リーグ戦・注目選手紹介(女子部)(05/01)

関連特集

【連載】春季関東学生リーグ戦直前特集『Never Stop,Never Settle!』(04/30~05/03)

結果

▽女子 第4戦

VS 日大 ◯4―1

◯阿部愛莉3―0三浦萌香

●鎌田那美2―3奥下茜里

◯田中千秋・加藤結有子組3―2工藤燈・加瀬涼華組

◯徳永美子3―2小室聖

◯阿部愛莉・徳永美子組3―0上村碧・高原小麦組

コメント

徳永美子(スポ3=福岡・希望が丘)

――まずシングルスを振り返っていかがでしたか

同じ年の子で、高校まではたくさん対戦していたのですが、大学に入ってからはあまりやったことがありませんでした。いろんなサーブを持っているので、最初は少しどんな感じかなと思いながらやっていました。リードすることが多かったのですがその時に勝ちきれずにもつれたので、反省の残る試合でした。

――第4ゲームでタイムアウトを取った際には、どのような話をしたのですか

私は連続で相手に得点されると、弱気になってブロックしてしまうことが多いです。なので、思い切って自分ができることを考えてしっかり打っていけと言われました。

――第5ゲームは序盤から勢いに乗ったいたように見えました

第4ゲームの終盤から、相手のサーブ3球目に手こずっていました。でも第5ゲームからは思い切って払っていけたので、そこは良かったと思います。

――最後競り勝てた要因は何だと思いますか

第4ゲームみたいにまた追い上げられて力んでしまって、攻めのボールのスピードが出ず、コースもはまっていませんでした。結果相手の得意なラリーに持ち込んでしまったので、自分の攻めが甘かったかなと思います。最後も相手のミスだったので、展開的にはあまり良くなかったかなと思います。

――ダブルスは振り返っていかがですか

上村選手と私は何度も対戦したことがあったので、思い切って打っていけたかなと思います。

――あすのヤマ場に向けて、意気込みをお願いします

中大もここまで全勝できていて、前から一番警戒している相手です。みんなで1点ずつ取って勝てるよう、元気出していきたいです。