庭球部

2017.05.08

関東学生トーナメント 5月1~7日 東京・有明テニスの森公園

春関プレーバック(嶋崎監督代行と振り返る~女子編~)

 関東学生トーナメント(春関)の全日程が終了した。全体として男女共に波乱も見られた今大会。結果をまとめつつ、早大勢の戦いを振り返りたい。

 シングルスでは下級生が奮闘した。大河真由(スポ2=千葉・秀明八千代)が準々決勝まで勝ち残り、慶大の村瀬早香を相手にフルセットの激闘を見せている。また、米原さくら(スポ1=埼玉・秀明英光)が1回戦で大石真珠美(文2=東京・早実)を破って3回戦まで駒を進め、全日本学生選手権(インカレ)本戦を決めた。一方、第1シードとして臨んだ上唯希(スポ3=兵庫・園田学園)は昨年の全日本大学対抗王座決定試合(王座)に続いて森崎可南子(筑波大)にストレート負け。しかし、試合内容としては王座決勝での対戦よりも食らい付いている印象だ。今後、相性の悪い相手をいかに攻略していけるかがカギとなる。全日本学生選手権(インカレ)2位の細沼千紗女子主将(スポ4=東京・富士見丘)は4回戦で東学大の小松莉奈にフルセットで敗北。力を付けている選手を相手に踏ん張り切れなかった。最後の春関に臨んだ金井綾香(社4=東京・早実)は、優勝した亜大のルーキー松田美咲に準々決勝で敗北。セカンドセットで勝利目前まで相手を追い詰めただけに、悔しい試合となった。大矢希(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)が森崎を相手に粘り強く戦い、シングルスでも成績を残し始めているが、ベスト4に勝ち残った選手はおらず、女王・早大としては物足りない結果に終わった。

細沼の奮起に期待したい

 ダブルスでは二次予選から勝ち上がってきた大矢・清水映里(スポ1=埼玉・秀明英光)組が優勝。大矢は細沼と組んだ前回大会に続いての連覇だ。清水はシングルス型の選手ではあるが、持ち前のパワフルなストロークを生かし、ボレーの得意な大矢と噛み合えばいいかたちでポイントを重ねられている。大矢が後輩と組むのは今大会が初めてだが、「やりづらさは全くない。むしろ今までに比べてパートナーも自分もよく見ることができ、いいバランスでプレーできている」(大矢)と頼もしい。嶋崎徹夫監督代行(平元商卒=神奈川・桐蔭学園)も「大矢は練習を頑張っている。後輩をうまくリードできているところは素晴らしい」と信頼を寄せた。また、育成層の剱持梓(社2=東京・早実)・森川菜花(社2=山口・野田学園)が3回戦でインカレファイナリストの森崎・米原実令組(筑波大)を破る大金星。「『高校トップ級の後輩がまた入学してくると思うな。自分たちが頑張りレギュラーの座を射止めろ』と日頃から言ってきていた。その結果として今回の大会がある」(嶋﨑監督代行)とベスト4まで駒を進めた。しかしこの2組の他には、ベスト16に1組、ベスト32に4組と後ろが続かない。山添絵理副将(人4=千葉・渋谷教育幕張)・辻紘子(教3=東京・早実)組は第2シードとして臨んだ関東学生新進選手権でも初戦で姿を消しており、辻は「不甲斐ない」と肩を落とした。「夏まで時間があるので、勝てるように練習していく」(辻)。この上級生ペアを始め、後進の躍動に期待したいところだ。

第1シードを破った直後の剱持(左)・森川組

 優勝者は出たものの、全体として上位層の薄さが目立った女子部。全体の向上には、調子が上がり切らない様子の細沼の奮起が不可欠だろう。ひとまずは来週の早慶対抗試合、そしてさらには夏のインカレへ向けて、戦力を充実させたい。

(記事 熊木玲佳、写真 郡司幸耀、熊木玲佳)

結果

▽女子シングルス

ベスト8

金井綾香
上唯希
大河真由

ベスト16

細沼千紗
大矢希
辻紘子

3回戦敗退(インカレ本直決定)

森川菜花
清水映里
米原さくら

2回戦敗退

助川峰理
今村南
倉持美穂
下地奈緒

1回戦敗退

木村優子
山添絵理
廣川真由
大石真珠美

▽女子ダブルス

優勝

大矢・清水

ベスト4

剱持・森川

ベスト16(インカレ本直決定)

金井・下地

2回戦敗退

細沼・上
山添・辻
助川・米原
廣川・大河

1回戦敗退

今村・倉持

関連記事

大矢・清水組、笑顔で春関女王に輝く!/関東学生トーナメント(5/07)
大矢・清水組が決勝へ!/関東学生トーナメント(5/07)
剱持・森川組が第1シードを撃破!シングルスは全選手が敗退/関東学生トーナメント(5/06)