庭球部

2017.05.08

関東学生トーナメント 5月1~7日 東京・有明テニスの森公園

春関プレーバック(嶋崎監督代行と振り返る~男子編~)

 関東学生トーナメント(春関)の全日程が終了した。全体として男女共に波乱も見られた今大会。結果をまとめつつ、早大勢の戦いを振り返りたい。

 男子シングルスでは小林雅哉(スポ2=千葉・東京学館浦安)や上杉海斗(慶大)らランキング上位者の棄権があった中、島袋将(スポ2=三重・四日市工)が1セットも落とさぬ強さで優勝。ベスト16に10人が名を連ねるなど戦力の充実ぶりを見せた早大だったが、特筆すべきはその顔触れだ。4強入りを果たした三好健太副将(スポ4=埼玉・秀明英光)を含め、岩崎歩副将(スポ4=神奈川・湘南工大付)や河野優平副将(スポ4=福岡・柳川)といった4年生がベスト16まで勝ち進んでいる。下級生が戦績を残している男子部にとって、チームをまとめる最上級生の今大会での成績は明るい材料だろう。また、田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)が逸崎凱人(慶大)を、齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)が望月勇希(中大)を下すなど、他大の有力選手に勝利を収めていることも大きい。

納得のいく結果ではなかったものの、インカレインドアに続き4強入りした三好

 一方のダブルスでは優勝候補ペアが初戦で姿を消す事態に。河野・坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)組が、全日本学生選手権(インカレ)本戦出場権を懸けた2回戦で中大の宇佐美皓一・正林知大組にフルセットの末敗北。昨年の関東学生選手権の優勝ペアであり、前回の春関ではそれぞれ別のパートナーと組んで決勝を戦っている二人であるだけに、この大会でも結果を残したかったところだ。また、昨年のインカレでベスト4入りし団体戦でも活躍を見せた齋藤・髙村佑樹(スポ2=千葉・東京学館浦安)組は、優勝した大和田秀俊・望月組(中大)に準決勝で敗れている。決勝に駒を進めたペアがいなかったことは物足りない印象だ。しかし、収穫もある。関東学生新進選手権では2回戦で敗退していた古賀大貴(スポ2=大分舞鶴)・安上昂志(スポ2=福岡・柳川)組が、今大会はベスト8まで勝ち残っている。2回戦では太田悠介・前崎直哉組(法大)を下してインカレ本戦出場を決めており、嶋崎徹夫監督代行(平元商卒=神奈川・桐蔭学園)も「育成に力を入れている中この成績は大きい」と評価。本人らからは「満足していない」(古賀)、「優勝する気持ちでやっていた。インカレでリベンジして優勝したい」(安上)との言葉も飛び出し、向上心をうかがわせた。

古賀(右)・安上組の成績はチームの取り組みが結実した証しとも言える

 特にダブルスにおいて、育成層の強化という面では一定の結果が出ている。しかし一方で、中大が単複共に決勝まで残るなど、他大も着実に力をつけてきているのは確かだ。早大としては、戦力の底上げが進んでいる今、さらにトップ選手を多く生み出すことが当面の課題と言えるだろう。チームの成長には小倉孝介主将(スポ4=神奈川・湘南工大付)の力が欠かせない。成績も含め、キャプテンのリーダーシップに期待したいところだ。

(記事 熊木玲佳、写真 吉田優、郡司幸耀)

結果

▽男子シングルス

優勝

島袋将

ベスト4

三好健太
田中優之介

ベスト8

齋藤聖真
古田伊蕗

ベスト16

岩崎歩
河野優平
坂井勇仁
髙村佑樹
安上昂志

3回戦敗退(インカレ本直決定)

小倉孝介
森山颯太

2回戦敗退

町田亮
小林紀輝
古賀大貴
小林雅哉(途中棄権)
佐藤祥次
樋口廣太郎
藤井颯大

1回戦敗退

萱野靖晃
松本貫太郎
千頭昇平

▽男子ダブルス

ベスト4

齋藤・髙村

ベスト8

古賀・安上

ベスト16(インカレ本直決定)

三好・岩崎
町田・木元風哉
佐藤・本多映好
小林雅・島袋(3回戦で棄権)

2回戦敗退

小倉・森山
河野・坂井

1回戦敗退

梶泰悟・萱野
田中・千頭
丹波谷克志・藤井颯

関連記事

島袋、圧巻のパフォーマンスで優勝!/関東学生トーナメント(5/07)
島袋、残すところあと1勝!ダブルスは敗退/関東学生トーナメント(5/07)
シングルスは3名、ダブルスは齋藤・髙村組が準決勝へ/関東学生トーナメント(5/06)