野球部

2017.05.06

東京六大学春季リーグ戦 5月6日 神宮球場

ミスが響きまたもや悔しい引き分け/法大1回戦

法大1回戦 10 11 12
法 大
慶 大
(慶)関根、菊地、髙橋佑、髙橋亮-郡司
◇(本塁打)清水翔1号ソロ(二塁打)照屋、郡司

 開幕週から連続して勝ち点奪取に成功した慶大。勢いそのままに法大との初戦に挑んだが、初回から4点を先行される苦しい展開に。しかしその裏3点を返し反撃を開始すると3回に同点に追いつく。1点ずつを加えて迎えた5回以降は好機にあと一本が出なかった。最後は本塁憤死で試合終了。延長12回5-5の引き分けに終わった。

 先発を任されたのは関根智輝(1年)。ここまで好投してきたルーキーだが、この日は相手打線に捕まってしまう。失策も絡んで初回から4点を奪われる立ち上がりとなった。しかしその裏に打線が奮起。2本の安打と死球で満塁の好機をつくると、郡司裕也(2年)が粘って押し出し四球を選び1点を返す。続く清水翔太(4年)にも適時打が飛び出すなどこの回一挙3点を返し1点差に迫る。早めの継投で関根に代わって3回からマウンドに上がった菊地恭志郎(3年)が3回この日初めての三者凡退に抑えると、その裏に照屋塁(4年)が右中間への適時二塁打を放ち同点とする。4回に2つの失策で1点を勝ち越され再び追うかたちとなるものの、5回に東京六大学リーグ戦(リーグ戦)の通算3500本塁打となるメモリアルアーチが清水翔のバットから生まれ試合を振り出しに戻した。

5回に同点本塁打を放った清水翔

 序盤は点を取り合う展開となったが、中盤以降は一転してスコアボードに0が並んでいく。菊地からバトンを渡された髙橋佑樹(2年)が7回を、8回以降は髙橋亮吾(2年)が見事な救援を披露。二人の髙橋の好投に答えたかった打線だが8回と11回に犠打を失敗する痛恨のミスで勝ち越し点が奪えない。12回に作った2死二塁の一打サヨナラのチャンスに、この日大活躍の清水翔が左前安打を放ちサヨナラ勝ちかと思われたが本塁クロスプレーの判定はアウト。慶大スタンドからため息がもれた。

髙橋亮は救援で安定した投球を続けている

 相手より多くの安打を放ち、多くの好機をつくった。それだけに勝ち切りたかった試合だが、大事な場面でのミスが響いた。2週続けての引き分けスタート。先週同様勝ち点を奪うためにまずはあしたしっかり白星を挙げたい。

(記事 境智鷹、写真 廣田妃蘭、村田華乃)