庭球部

2017.05.07

関東学生トーナメント 5月7日 東京・有明テニスの森

大矢・清水組が決勝へ!

 関東学生トーナメント(春関)は準決勝を迎えた。女子からはダブルスに2組が登場。前日に大金星を挙げた剱持梓(社2=東京・早実)・森川菜花(社2=山口・野田学園)は東学大ペアを前に敗れ、大矢希(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)・清水映里(スポ1=埼玉・野田学園)は亜大ペアを下して決勝に駒を進めた。

 剱持・森川組の相手は東学大の小松莉奈・根本咲菜組。ファーストセットの序盤はシーソーゲームとなったが、「大事なところで取り切れなかったので相手もそこを突いてきた」(剱持)と徐々に離されていく。小松のコースを突くストロークなど相手の好プレーに崩された一方、「自分たちがやりたいことと相手がして欲しくないことが噛み合っていなかった」(森川)と2-6でこのセットを落とした。セカンドセットでは2-4から4-4まで追い上げ流れを引き寄せたかと思われたが、「もう1ゲームという時にやりたいことが突き通せなかった」(剱持)と踏ん張り切れず。ベスト4で大会を去った。

ボレーに出る剱持(右)・森川組

 大矢・清水組のファーストセットは自分たちのミスが響き、序盤から離される展開となる。長いジュースも取り切れず、相手のペースでセットを奪われてしまった。しかし、トイレットブレークの間に「悪いところやこれからどうしていうかということを話した」(大矢)と切り替えた大矢・清水組。出だしの清水サーブをいいかたちでキープすると、シーソーゲームの末の第8ゲームにはリターンエースも飛び出してブレークに成功する。その流れに乗ってこのセットを奪い返した。ファイナルセットの10ポイントタイブレークでは楽しくプレーすることを心がけたという早大ペア。試合を終えた男子部員も駆けつける中、「応援の力がすごくてより一層頑張れた」と清水が奮起しゲームセット。決勝進出を決めた。

清水(左)のサーブ、大矢のボレーから流れをつくる

 大矢・清水組の決勝戦の相手は剱持・森川組を下した東学大ペアだ。上級生となった大矢からは「楽しむことを一番に、後輩の敵を取れるよう頑張る」と頼もしい言葉も飛び出した。既にシングルスで全選手が敗退してしまっている中、ダブルスで存在感を示したい。

(記事 熊木玲佳、写真 平松史帆、熊木玲佳)

剱持(左)・森川組はベスト4の成績で大会を終えた

▽女子ダブルス準決勝

○大矢・清水3-6、6-3、10-6田中・松田(亜大)
●剱持・森川2-6、4-6小松・根本(東学大)

コメント

大矢希(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)・清水映里(スポ1=埼玉・山村学園)

――きょうの試合にはどのような意気込みで臨んでいましたか

大矢 あまり相手がどうこうというよりは自分たちのプレーがしたいなと思っていて。やれることは限られているので、やれることをしっかりやろうと話していました。

清水 自分の役割は決まっていたので、希さんを信じてできるのとをやろうと。あとは楽しんでいこうと思って臨んでいました。

――具体的に、その役割とは

清水 希さんはボレーが得意なので、希さんのボレーを生かせるようなストロークを打っていくっていう。

――ファーストセットは最初から離されてしまいました

大矢 ファーストはお互いにリターンミスが多かったんですよね。簡単なミスで相手に楽にポイントを取らせてしまって、流れがあまりよくない原因になってしまって。ジュースがすごく長いゲームが2ゲームあって、それを取り切れず相手を勢い付けてしまったかなと。

清水 わたしは相手が同じ1年生だったこともあって、勝ちたいという気持ちがすごく強くなってしまって。そこで体も固くなってしまって簡単なミスが多くなってしまったので、そこは変えていかなくてはいけないなと。リターンミスが本当にもったいないミスが多かったので・・・。あとはわたしのサービスゲームでキープできなかったことが流れを持っていかれた原因だったので、切り替えてセカンドセットはわたしのサービスゲームからしっかりいけたので良かったなと。

――そのセカンドセットはいかがでしたか

大矢 セカンドはトイレットブレークの最中に「もっとストレートとかぶつけていこうね」と話したり、リターンミス減らそうねと話したり。ファーストセットの悪いところとかここからどうしていくかということを話してやることを決めて入れたので、出だしが良かったです。それが取れた原因かなと。

清水 希さんとかぶるのですが、トイレットブレーク取って時間を置いてしっかり作戦を練られて、自分のサービスゲームから始められたので。ニューボールということもあったし流れもいいかたちでつかめて、1ポイント1ポイント希さんが私の緊張をほぐしてくれたので、いい流れでいけたと思います。

――最後のタイブレークは取り切りました

大矢 出だし集中とは言っていたのですが、もうどちらに転ぶか分からないので。途中は清水の顔がこわばってきたので「楽しく思い切り」と声をかけて。私も自分に言い聞かせるようにしてできたのが良かったです。

清水 終始希さんがリードしてくださって、私は好き勝手にストロークを打って希さんが決めてくださった感じです。本当に感謝しています。あとは最後応援がすごくて、男子の皆さんも来てくださって。応援の力がすごくて、より一層頑張れました。

――最後はポイントを間違えていたのでしょうか

大矢・清水 (笑)

大矢 「今いくつでしたっけ?」って聞かれた時に、私が9-6と言ったつもりが8-6って言ったんですよ。「8-6か、じゃあもう一本!」みたいな感じで入ってくれて。

清水 やり切るしかない、とすぱーんと打って、よしもう一本!と思って振り返ったらあれ?みたいな(笑)。喜びが一気にうわーって。

――大矢選手は後輩と組むのは初めてですが、いかがでしょう

大矢 今まで引っ張ってもらっていたのでその姿は見てきましたし、今度は自分がやるだけだと思っているのでやりづらさは全然ないです。むしろ前までは「自分が、自分が」と思ってしまっていたのですが、今はパートナーのこともよく見られますし自分のこともよく見られるのでいいバランスでプレーできています。

――あすの決勝に向けて意気込みを聞かせてください

清水 私はここまできたらもうやり切るのと、希さんについていくのみだと思っているので。自分の役割をしっかりこなして最後まで楽しんでプレーしたいと思います。

大矢 楽しむことを一番にプレーして、後輩の敵を取れるように頑張ります。

剱持梓(社2=東京・早実)・森川菜花(社2=山口・野田学園)

――今日の試合へどのような対策、意気込みで臨みましたか

剣持  きのうまでは元気よく楽しくというふうにしていて、いい方向に行ってたので負けててもそれを忘れないように声出して、応援もしてくれていたのでそっち向いて。雰囲気は忘れずにやっていました。

森川  剣持と同じで、2ペアしか無かったので応援も凄いあったので応援を力にしてやっていました。

――具体的な話に移りますが、ファーストセットを振り返っていかがですか

剣持  出たしが0-1だったんですけど、そこから2-1にできたので。最初はいつも良かったし、今日も結構良かったんですけど大事なところで取りきれないからどんどん相手も(自分たちの)スキをついてきて。やりやすいような、例えばストローク打ってとかではなくて、アングルでいなしてきたりと取りにくい所を狙ってきて。上手かったのでファーストセットはそこについていけなくて落としてしまいました。

森川  相手の得意なパターンを潰せなくて。自分たちがやりたいことと相手がして欲しくないことが噛み合ってなくて、相手はやりやすかったと思います。もう少し相手の嫌がるプレーをするべきだったかなという感じです。

――セカンドセットはいかがですか

剣持  2-4までは同じ感じでやりたいことをやってもかわされてしまったんですけど、2-4から4-4にできた時は流れがよかったのでもう1ゲームというときにやりたいことを貫き通せなかったです。

――次に向けてお願いします

剣持  ここまで来れたのでインカレでも結果を残さないと意味がないので無駄にせず頑張ります。

森川  夏はインカレがあるので、ベスト4ということを気負いせず挑戦者の気持ちで頑張りたいと思います。