庭球部

2017.05.07

関東学生トーナメント 5月6日 東京・有明テニスの森公園

島袋、残すところあと1勝!ダブルスは敗退

 関東学生トーナメント(春関)もいよいよ大詰めを迎える。準決勝が行われたこの日、早大からはシングルスに3名、ダブルスに1組が出場。決勝戦への切符を手にしたのは、同士打ちを制した島袋将(スポ2=三重・四日市工)ただ一人となった。

 三好健太副将(スポ4=埼玉・秀明英光)は大和田秀俊(中大)との一戦に臨んだ。ジュニア時代からのライバルであるだけに、負けるわけにはいかない。第1セットは安定した力を発揮し、6-0で圧倒した。第2セットは両者一歩も譲らぬ状態が続き、タイブレークに突入。「もう1つギアを上げるということができていなかった」(三好)。逆に勝負どころでギアを上げてきたのは大和田だった。ペースを上げてきた相手にミスを誘われ、攻略の糸口を見つけられないまま突き放されてしまう。最終セットに入ってもその勢いを止めることができなかった三好は、悔しさをあらわにした。一方同士打ちとなった島袋将(スポ2=三重・四日市工)と田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)の試合。島袋の鋭いサーブと強烈なフォアハンドに必死に食らい付いた田中だったが、ここは先輩である島袋に軍配が上がった。それでも数々の強敵を倒し、ベスト4という成績を残した田中。試合後には、「周りからしっかり応援されるような選手になりたい」と謙虚に語った。

三好はインカレインドアに続きベスト4で大会を終えた

 齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)・髙村佑樹(スポ2=千葉・東京学館浦安)組は、中大の大和田・望月勇希組と対戦した。第1セットでは4ゲーム目にブレークされ、なかなか調子が上がらない。その後のサービスゲームもなんとかキープするが、苦し紛れな展開を前に、二人の表情は徐々に曇っていった。「不安要素を持ったまま第1セットを終えてしまった」(齋藤)。本来ならここで気持ちを切りかえるのだが、きょうはその不安を払拭することができなかった。「自分たちのサーブを先にツーブレークされてしまったのは甘かったところ」と髙村が言うように、第2セットも序盤から厳しい戦いを強いられる。流れを変えようと必死に声を出す二人に加勢するように、応援にも熱が入り、4-5まで追い付いた。しかし、最後はサービスを得意とする相手を崩すことができず。ダブルスはここで敗退となった。

決勝進出はならなかった齋藤(左)・髙村組

 早大男子からは島袋がシングルス決勝に挑む。相手は今大会、三好や坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)を破った選手だ。しかし島袋はここまで全試合ストレート勝ちを収めており、その勢いはもう誰にも止められない。目指すのはただ一つ、優勝のみだ。

(記事 田中佑茉、写真 熊木玲佳、田中佑茉)

ベスト4入りした三好(中央左)、田中(左)、齋藤(中央右)・髙村組

結果

▽男子シングルス準決勝

●三好健太6-0、6(4)-7、3-6大和田秀俊(中大)
○島袋将6-1、6-3田中優之介

▽男子ダブルス準決勝

●齋藤・髙村3-6、4-6大和田・望月(中大)

関連記事

シングルスは3名、ダブルスは齋藤・髙村組が準決勝へ/関東学生トーナメント(5/06)
シングルスで金星続くも優勝候補ペアは敗退/関東学生トーナメント(5/05)
10名がベスト16入り!/関東学生トーナメント(5/04)

コメント

三好健太副将(スポ4=埼玉・秀明英光)

――相手はジュニアの頃からのライバルということでしたが、どのような気持ちで試合に臨みましたか

ジュニアの頃からけっこう上位のほうで当たっていて、勝ったり負けたりだったので、絶対に負けたくないという気持ちがありました。

――きょうの試合を振り返って

ファーストセットはうまくいったなと自分でも思っていて、セカンドから相手もくるだろうと分かっていたのですが、序盤にブレークしてから自分ももっと波に乗ってくことが必要だったなと感じています。タイブレークまでもつれて、もう1つギアを上げるということができていなかったので、そこが一番の敗因だと思います。やはり勝負どころで相手の方が思い切りやってきたというのがあって、僕はその勝負どころで攻めることができていなくて、相手のミスを待って相手に期待していたところが良くなかったです。

――相手のどういった点にやりにくさを感じましたか

大和田選手(秀俊、中大)はすごく打ってきて、コースが分からないところが嫌なところなのですが、そこを僕が引いてただ返すだけになっていたので、もっと力強いボールで打ち返したり中に入って展開していかなくてはいけないと感じました。

――途中で疲れなどは出てきましたか

そうですね。疲れは多少ありましたけど、相手も(体力的に)きているなというのは分かってたので、体力勝負で負けたというのは自分の中ですごく悔しいです。

――周りの選手の声援もたくさん聞こえました

やはり団体戦だったりとか、応援がいる方が僕自身も気持ちを強く持てますし、みんなが応援してくれているからチームのために勝たなくちゃと感じました。

――最後に早慶対抗試合に向けて意気込みをお願いします

あと1週間しかないので、きょうはすごく悔しい気持ちですけど、明日から切り替えて、この1週間自分にできること、チームに必要なことは何かを考えながら過ごしていきたいです。

齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)・髙村佑樹(スポ2=千葉・東京学館浦安)

――きょうの相手ペアにはどのような印象がありますか

齋藤 ストロークが良くて、望月(勇希、中大)の方がダブルスできるなというイメージで、望月サーブで大和田さんが前の時に僕らがどれだけプレッシャーをかけてブレークできるかがカギになるかなと思い試合に入りました。僕が予想していたよりも、大和田さんの方がダブルスとしてボレーなどのミスが少なくて、向こうも個人戦というか、団体戦で出るような練習はしてきているのかなと感じました。

髙村 聖真さんが言ったこととほとんどかぶるのですが、大和田さんはシングルでも勝っていて、疲れが残っているんじゃないかと試合前に話していたんですけど、それがあまり見られなくて。逆にショットのキレだったりが良くて、相手のミスの少なさとか球の勢いに僕らが押されてしまったという感じですね。

――ファーストセットを振り返っていかがですか

齋藤 サービスキープしていけばまず負けることはないんですけど、なかなかサーブが入らずにセカンドサーブからの展開になると結構きつくて、それが特にファーストセットでは向こうとの差だったのかなという。僕がキープしたゲームとかも、すごくジュースが長かったりとか、最初リードされる場面だったりがすごく多かったので、キープしていても次もう1回同じようなゲームになった時にキープできるかと言われたら分からないという不安要素を持ったままファーストセットを終えてしまいました。やはりさっき言ったように、イメージと少し違った部分を自分の中で修正することができなかったところかなと思います。

髙村 僕のサービスゲームを結構早い段階でブレークされてしまって、ワンブレークダウンの状態で進んで相手に余裕が出てきてしまったのかなと感じています。僕のサーブの確率だったりとか、その後のボレーに出ていった時にポイントを取れる確率だったりが高くなくて、そこで相手にあまりプレッシャーをかけられなかったのかなというのがファーストセットを落とした理由かなと思います。

――セカンドセットはいかがでしょう

齋藤 最初のゲームをブレークされてしまったのが、挽回する勢いを自ら消してしまったのかなと。特に僕のサービスゲームは、ファーストサーブが入ったにもかかわらずその時のポイントの獲得率が低いんじゃないかなというのは試合中から感じていて、サーブが入ったのにどうすればいいんだろうみたいなことがあったので、不安を持ったままセカンドセットに入ってサービスゲームを迎えたところがブレークされてしまった原因かなと思っています。ファーストを取った分相手の方が余裕が出ていて、サービスゲームでも思い切りやってきましたし、常に追いかける側になってしまったので、ツーブレークダウンした時は、声をあげて元気を出すしか流れを変える方法がないんじゃないかと。セカンドセットも何かしらの不安があって、それをどうしたら解消できるのかが分からないまま進んでしまったのかなと思います。

髙村 セカンドセット2-5になってから4-5にして4-6っていうかたちだったのですが、聖真さんもさっき言ったように、第1ゲームでブレークされたりとか2-5のツーブレークダウンまでいって1個ブレーク返したけど、次の大和田さんサーブの時にブレークはかなり厳しかったかなと思っています。望月サーブの時はブレークできるイメージがかなり湧いていたんですけど。自分たちのサーブをツーブレーク先にされてしまったのはかなり自分たちの甘かったところかなと思います。

――来週には早慶戦が控えています

齋藤 この1週間、僕たちは少しプレーを変えてみたり、試していることがあるので、今回実践で得たものをしっかりかたちにして早慶戦に臨みたいと思っています。早慶戦は5セットで、ファーストセット取って、セカンドセット取っても何が起こるか分からない勝負ですが、僕たちがダブルスでしっかり3-0つけて1本取れるように万全の準備をしたいと思います。

髙村 早慶戦まであと1週間しかないのですが、今回できなかったところや悪かったところをしっかり修正して臨めるようにしたいと思います。

田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)

――きのう対戦した古田伊蕗選手(スポ3=静岡・浜松市立)には初めて勝利したとのことですが

練習でもずっと負けていたので、率直にうれしかったです。2回やって2回負けていたので、どうやったらもっといけるなということが分かっていたので、それをしっかり試合でできたんじゃないかなと思います。

――きょうの島袋将選手(スポ2=三重・四日市工)との試合に向けては、何か作戦はありましたか

やはり球が速いしサーブもいいので、ずっと同じテンポだったらやられちゃうと思って、緩急を使っていこうと思ったのですが、変に緊張して同じテンポでいってしまって、最初にどんどんエースを取られちゃって。そこで僕が固くなって、もっといいところを狙わなきゃと意識しすぎてミスが増えてやられました。島袋さんはサーブが良くて、僕のサービスゲームがキーになってくると思ったんですけど、やっぱりすぐブレークされちゃいました。

――試合内容全体を振り返っていかがですか

緊張しましたし、やっぱりサーブですね。僕のサービスゲームでどうできるかというのが課題です。きょう簡単にブレークされてしまって、次のサービスゲームも簡単にキープされてしまったので、そこで何とか、もしブレークされたとしてもその次のリターンゲームで何とかできたらよかったです。

――強敵を破ってのベスト4という成績はどのように捉えていますか

最初の目標としてはインカレ本戦を決められればいいなと思ってたのでベスト4は率直にうれしいのですが、ここまできたらやはり優勝したかったですね。1年生だからとかじゃなくて、優勝したかったなと。

――来週には早慶戦が控えています

まだ出るか分からないんですけど、もし出られたら選手として恥ずかしくないようにプレーして、周りからしっかり応援されるような選手になりたいなと思います。