バスケットボール部

2017.05.06

第51回関東大学女子選手権 5月6日 埼玉・大東大東松山校舎 

玉川大に快勝し、初戦突破!

 早大女子バスケットボール部の戦いが始まった。ことしで51回を迎える関東大学女子選手権(トーナメント)での目標はもちろん『優勝』。昨年は準優勝に終わった悔しさを晴らすべく、まずは玉川大との一戦に臨んだ。試合は早大ペースで進み、92-50で勝利。強さを見せつけ、順当に初戦を突破した。

 第1クオーター(Q)、G高田静(スポ3=山形市立商)がドライブからレイアップシュートを決め先制点を挙げると、C中田珠未(スポ2=東京・明星学園)がゴール下で粘り、バスケットカウントを獲得。勢いのあるプレーでチームをもり立てた。相手ディフェンスの厳しいチェックがゴール付近に集中すると、素早いパス回しからG砂川夏輝(教4=沖縄・西原)がスリーポイントを沈める。内外問わない得点で、攻撃の幅広さを示した。第2Qはディフェンス面でも魅せ、F内山未悠(社2=愛知・桜花学園)を中心に、パスカットからの速攻を成功させる。またルーキー、F石井香帆(スポ1=岐阜女)とG船生晴香(スポ1=新潟・開志国際)も公式戦初出場。それぞれしっかり得点を決め、笑顔を見せた。

ドライブをする高田

 前半のペースを保ちたい後半。第3Q、まずはF細貝野乃花(スポ2=愛媛・聖カタリナ女)のプレーが光る。後半開始1分、高田のアシストからバックシュートを決めると、その後もミドルシュートやスリーポイントを決め、好調ぶりを示した。第4Qに入っても、早大の勢いは止まらない。開始早々に見事なパスワークからG岩田千夏子(社2=岡山・明誠学院)が得点。また、C田中真美子(スポ3=東京聖徳大)のゴール下の強さも健在だ。ゴール下での得点や、リバウンドでチームに貢献した。ここで相手も勝利への執念を見せ、得点を重ねる場面も見られた。しかし試合終了間際、岩田が駄目押しのスリーポイントを決め、92-50とダブルスコアに近い形で快勝した。

今シーズンもチーム一丸となって勝利を目指す

 新体制となって初の公式戦を見事白星で飾り、これでトーナメントベスト16が決定した早大。昨シーズンと変わらないインサイドの強さに加えて、確率の高いスリーポイントで相手を圧倒した。また公式戦初出場のルーキー2人の存在感も抜群だ。「最初は緊張した」と語っていたが、これからのプレーが楽しみで仕方がない。あすは、山梨学院大との一戦だ。早大らしいバスケットを展開し、勝利をつかみ取れるか注目だ。

(記事 下長根沙羅、写真 加藤佑紀乃、秋間勇人)

第51回関東大学女子選手権 5月6日(vs玉川大)
  1Q 2Q 3Q 4Q 合計

早大

19 21 26 26 92
玉川大 11 10 22 50
◇早大スターティングメンバー◇
G#2  砂川夏輝(教4=沖縄・西原)
F#10  萩尾千尋(スポ4=愛知・桜花学園)
G#21 高田静(スポ3=山形市立商)
F#5 細貝野々花(スポ2=愛媛・聖カタリナ女)
C#33 中田珠未(スポ2=東京・明星学園)
コメント

F石井香帆(スポ1=岐阜女)

――初の公式戦でしたがいかがでしたか

最初緊張していたのですが、自分のやる事をしっかりやろうと思ってコートに入りました。

――高校と大学のバスケの違いはありましたか

全体的なレベル、スピードとかあたりとか全然レベルが違うのですごいなと感じました。

――自分の持ち味はありますか

ディフェンスとドライブなのですが、それはコートで表現しようと頑張ってます。

――その2つの能力を磨いた選手になりたいですか

まずは自分の一番のベースはディフェンスだと思っているので、しっかりディフェンスで足使って止めて自分やチームの流れに持ってきて、オフェンスは思いっきりドライブで得点する流れができるように頑張ります。

――早大に進学した理由はありますか

練習に参加させていただいたときに部の雰囲気というか、選手たちが自分の意志をしっかり持って練習しお互いを高め合っているところがすごくいいなと思ったので、一目惚れではないですけど早大で高い意識を持ってやりたいと思って入りました。

――あすの試合への意気込みをお願いします

あすの試合で出させてもらったときにまずは自分の持ち味をしっかり出せるように、ディフェンスからしっかり声出して、オフェンスは積極的にドライブで攻めていきたいなと思います。

G船生晴香(スポ1=新潟・開志国際)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

最初出た時にちょっと緊張してしまって、全然自分のプレーができなかったのと、シュートは決められたけどやっぱりディフェンスのところで全然やることができてなかったので、あした出られたらもっとディフェンスを頑張りたいと思います。

――チームの雰囲気はいかがでしたか

ワセダの良さは、空気が良いっていうか明るいところなので、そこはみんながみんなで盛り上げられたかなって思います。

――初の公式戦出場となりました

やっぱりでもすごく緊張しましたね。でも最初なのでこれからかなって思うけど、どんな試合も出た時に自分のプレーができるようにしたいです。

――チームにはもう慣れましたか

みんな良い人なので慣れました。

――今シーズンの目標はありますか

ワセダとしても自分としても日本一になりたいので、トーナメントとかリーグ戦も大事だけど、インカレに向けていい準備ができたらなって思います。

――あすの意気込みをお願いします

あすは、出た時に、勝つことも大事だけど内容がもっと大事なので、内容で自分が良かったって思えるくらい自分の良さを生かして、あとディフェンスも、一番声出して頑張りたいなって思います。