庭球部

2017.05.06

関東学生トーナメント 5月5日 東京・有明テニスの森公園

剱持・森川組が第1シードを撃破!シングルスは全選手が敗退

 関東学生トーナメント(春関)では女子シングルスの一部4回戦とダブルス3回戦、単複準々決勝が行われた。早大からは2組がダブルス準決勝へ。シングルスは熱戦が続いたが、勝ち残っていた4名全員の敗退が決まった。

 シングルス準々決勝では、金井綾香(社4=東京・早実)が亜大のルーキーと対戦。相手のフォアを狙ってミスを誘いファーストセットを奪う。セカンドセットでも勝利目前まで追い込むが、深く高い球に苦しめられ、前に出てもパッシングされてしまう。「あと一本が取れなかった」と金井。ファイナルセットでは1-5から積極的に打ってゆきタイブレークに持ち込むも、4-7で力尽きた。慶大の村瀬早香と対戦した大河真由(スポ2=千葉・秀明八千代)は左右に振られても食らい付きファーストセットを先取するが、村瀬の反撃に抗うことはできず敗北。上唯希(スポ3=兵庫・園田学園)は王座で完敗を喫した筑波大の森崎可南子との一戦に臨んだが、攻略することはできずベスト8で敗退した。前日に日没によって中断していた辻紘子(教3=東京・早実)と牛島里咲(筑波大)の4回戦は、「しっかり打ってきた相手に対応し切れなかった」(辻)と相手に軍配が上がっている。

村瀬相手にフルセットを戦った大河

 ダブルスでは3回戦で剱持梓(社2=東京・早実)・森川菜花(社2=山口・野田学園)組が大金星を挙げた。相手はインカレインドア優勝ペアの森崎・米原実令組(筑波大)。ファーストセットでは「何も悪いところがなかった」(剱持)と剱持の強力なサーブや前に出るプレーでテンポよく先取した。しかし、セカンドセットでは実力のある相手のプレーに押されて落としてしまう。突入したタイブレークでは1-6と大きく差をつけられるも、「他の試合で逆転のケースが多くあったので焦らなかった」(森川)と少しずつ差を詰めてついに逆転。応援にも背中を押され、第1シードを撃破した。また、大矢希(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)・清水映里(スポ1=埼玉・山村学園)組が清水のストロークや大矢のカバーリングで着実にポイントを重ね、金井・下地奈緒(社1=沖縄尚学)組との早大対決を制す。2組はこの勢いのまま準々決勝でも勝利し、準決勝へ駒を進めた。

剱持・森川組は第1シードを破る大金星を挙げた

 シングルスではベスト8で全選手が敗退したものの、ダブルスで下級生ペアが躍進を続けているのは明るい材料だ。それぞれ準決勝を勝ち上がり、早大同士の決勝を見せてほしい。

(記事 熊木玲佳、写真 松本一葉)

▽女子シングルス4回戦

●辻紘子3-6、2-6牛島里咲(筑波大)

▽女子シングルス準々決勝

●金井綾香6-4、5-7、6(4)-7松田美咲(亜大)
●上唯希4-6、0-6森崎可南子(筑波大)
●大河真由6-3、0-6、4-6村瀬早香(慶大)

▽女子ダブルス3回戦

○大矢希・清水映里6-3、6-4金井・下地奈緒
○剱持梓・森川菜花6-3、2-6、10-7森崎・米原(筑波大)

▽女子ダブルス準々決勝

○大矢・清水6-3、6-2今田・三角(青学大)
○剱持・森川6-4、6-2西里・緑川(山学大)

コメント

金井綾香(社4=東京・早実)

――今大会で具体的な目標はありましたか

もちろん優勝は目指していたのですが、それよりも目の前の1ポイントずつをやっていこうと思っていました。

――きょうのシングルスのファーストセットを振り返って

相手がどういうプレーをしてくるのかなという様子見で、すごく高いボールを使ってきていて。相手のバックがいいということでずっとフォアに集めて、それがうまく相手のミスを誘えていたのかなと思います。

――セカンドセットは勝利目前までいきましたが

やはり取りたかったのですが、私の課題はそこで。あと一本が取れなかったというのは・・・。ファイナルセットも1-5まで何もできなかったのですが、そこでも自分から攻めることができていたのは成長なのかなと思っています。

――ダブルスを振り返って

同士打ちだったので勝ちたかったし、練習でも何度も対戦している相手だったので。相手の癖とかは分かっていたので、勝つチャンスがあったのでとても悔しいです。

――今大会はどのような大会になりましたか

本当に去年までシングルスは1年ずつ成績が上がっていて、最後の春関(関東学生トーナメント)ではもっと勝ちたかった気持ちはあるのですが、まだここで終わりではなくてインカレももちろんありますし、団体戦も含めてまだまだ試合はあるので。この悔しさを忘れないで成長できる大会にしたいなと思っています。

――直近では来週に早慶戦(早慶対抗試合)が控えています

去年の早慶戦は悔しい思いをしているので、最後ということで4年生の意地を見せていきたいなと思っています。

辻紘子(教3=東京・早実)

――今大会には数字としての目標はありましたか

去年ベスト16でファイナルセットまくられてベスト8に上がれなかったので、ことしは去年を超える意味でベスト8は目指していました。

――シングルスでタフな戦いが続きましたが、フィジカル面はいかがでしたか

2回戦の田中さん(文彩、亜大)の試合が4時間くらいかかって本当に長くて。前の年に姉がすごく長い試合をして勝っていたので(笑)、同じ目に合わせてやろうと思って頑張ったんですけど、その試合で結構体がきて。牛島(里咲、筑波大)との試合で体が動かなくなってしまう場面もあって、アクシデントにも見舞われ。運もなかったし、それも実力のうちかなと。

――田中選手、牛島選手との試合をそれぞれ振り返って

田中さんはファースト落としたのですが悪い落とし方じゃないなと。最後の方は結構いいラリーができていたので、その流れでセカンド取れて、ファイナル5-2から5-4の15-40までまくられてしまったのですが、そこで応援の方やコーチがすごく声をかけてくださって、何とか自分はミスしないという気持ちでやって勝ちました。牛島との試合はきのう1セット終わった時点で中断して、その2ポイント前にケガをしてしまって。でもそこで中断したことで時間ができたので良かったのですが、きょう相手もしっかり打ってきて、それに対応し切れなかったので。何とか戦えているなとは思うのですが、まだ勝てる実力にはたりていないなと。

――ダブルスを振り返っていかがですか

マッチポイントが相当あった中でまくられてしまって。山添さん(絵理副将、人4=千葉・渋谷教育幕張)と組むのが3大会目なのですが、新進の時も第2シードに入りながら2回戦で負けてしまって、今回こそはと2人で気合を入れていたのですが・・・。マッチポイントをにぎって空回りしてしまって、不甲斐ないなと思います。ただ夏まで時間があるので、練習して頑張って勝てるようにしたいと思います。

――今大会通してどんな大会になりましたか

ダブルスは悔しかったのですが、シングルスに関してはリーグ(関東大学リーグ)や新進(関東学生新進選手権)で負けていた田中さんにリベンジすることができたので、そこは大きな1勝だったなと。今回は全体通して結構良かったので、夏に向けて上げていきたいなと思います。

――早慶戦、インカレ予選、本戦と続きます。今後に向けてどう過ごしますか

まず早慶戦に出られるかどうか分からないのですが、チームとして絶対勝つということと、それが終わったら少し時間が空くので、その間に自分でトライして戦略的な部分もバリエーションを増やして、上の選手と戦えるプレーを身につけていきたいです。

大河真由(スポ2=千葉・秀明八千代)

――今大会のシングルス、ダブルスでの目標は何でしたか

インカレの本戦出場でした。ですがダブルスでは悔しい結果になってしまって、でもインカレ予選にはつながったので。そこに向けて頑張ろうと思っています。

――慶大の村瀬早香選手との試合にはどう臨みましたか

何回か対戦したことはあったので、ある程度どういう選手かは把握していました。

――それぞれのセットを振り返っていかがでしたか

ファーストセットはいいかたちで取れてました。セカンドセットファイナルセットとチャンスはあったと思うので、少し悔しいです。

――ダブルスを振り返っていかがでしたか

廣川さん(真由、社1=埼玉・浦和学院)と組ませてもらったのですが、あまりまだペアを組んでから時間が経ってなくて。まあペアリングがうまくいっていないところもあったので、インカレに向けて頑張っていきたいと思います。

――早慶戦に向けて意気込みをお聞かせください

2年目になるので、去年の経験を生かしてチームの勝利に貢献できたらいいなと思います。

――インカレ予選、本戦に向けてお願いします

インカレまでは少し間が空くので、早慶戦が終わったら自分の中で1回ちゃんと整理をして自分のできることを1つ1つ磨きをかけていけたらいいなと思います。

剱持梓(社2=東京・早実)・森川菜花(社2=山口・野田学園)

――ダブルス3回戦は筑波大の森崎可南子・米原実令組との試合でしたが、試合前にお二人で話し合っていたことなどはありましたか

剱持 とにかく相手が格上だったので、楽しく元気よくは絶対忘れないように意識して、と。セカンドセットを取られたのですが、その時も元気よくやるのは忘れないで頑張りました。

森川 ストロークでは相手にならないので(笑)、ボレーは苦手な方ではないので前に上がってボレーで勝負しようという話はきのうからずっとしていたので。それがちゃんとできて良かったかなと思います。

――それぞれのセットを振り返って

剱持 ファーストは結構テンポよく取れて、こちらに悪いところがなく変なミスもなく取れました。全体を通していいイメージのままできたなと。セカンドセットでは相手が第1シードで実力もやはりあるので、ストロークでも押してきてこちらが引いてしまった部分があって。セカンドセットはそこが原因で落としてしまいました。

――それでも最後はタイブレークを取り切りました

森川 1−6までいっちゃったので正直やばいかなとは思ったのですが、他の試合で7とか8取っても逆転するケースが多かったのでそんなに焦らなかったです。

剱持 逆に自分たちが逆転負けするパターンが今まで結構あったので、全然まだあるよという話はしていて。焦った感じもなく進められたよね?

森川 それで逆に気楽に思い切りできたのが良かったかなと。

剱持 あとは応援がすごく力になって、一体感がすごかったね。

――準々決勝はどう振り返りますか

森川 それも新進の優勝ペアだったのでまた気楽に(笑)。

剱持 チャレンジャー精神は忘れずにという感じで、固くなると悪い方悪い方にいってしまう傾向があるので、リターンもミスしてもいいからしっかり前に上がることは意識していました。引かなかったよね。

森川 2試合とも思い切りできたのが一番良かったかな。

剱持 楽しかったです(笑)。

――ペアの強みは

剱持 同学年なので変な気負いもないのがいいのかなと。他は先輩後輩で組んでいるところが多いのですが。2人で盛り上げる感じがあるので。

森川 この学年ならではのダブルスで思い切り。

剱持・森川 楽しいね(笑)。

――それではあす以降も楽しんで、ということで

剱持 それだけです。