バドミントン部

2017.05.05

関東大学春季リーグ戦 5月4日 神奈川・日体大健志台キャンパス米本記念体育館

勢い止まらぬ男子は4連勝! 女子は今日も白星ならず

 関東大学春季リーグ戦(春季リーグ)の4日目が終了した。男子は昨年の全日本学生選手権(インカレ)団体の部の王者中大と戦い激闘を制し4連勝で単独首位をキープ。女子は明大と戦いシングルス3までもつれ込む接戦となったが白星を挙げることはできなかった。

 シングルス1に出場した古賀穂(スポ3=福島・富岡)は序盤から相手を寄せ付けない試合運びをしてストレートで相手を下す。松本康平主将(スポ4=埼玉栄)はシングルス2に出場。第1ゲームを落としたが主将としての底力を発揮し第2ゲームを取る。第3ゲームはシーソーゲームとなり最後までどちらが勝つかわからない試合展開だったが相手のマッチポイントの場面で甘い球を出してしまい強烈なプッシュを打たれゲームセット。接戦をものにすることができなかった。その後のダブルス1を取り、ダブルス2を落としてマッチカウントは2-2。ここで出てきたのは頼れるルーキー小野寺雅之(スポ1=埼玉栄)だ。安定したプレーで相手を圧倒し最後はキレのあるスマッシュで4日連続の勝利を決定づけた。

ストレートで勝利しチームに良い流れを作る古賀

  シングルス1を落としてしまったがシングル2に出場した松岡英美(スポ4=福岡・九州国際大付)が活躍を見せる。ファイナルゲームのジュースの場面で相手の足が動かないほどの鋭いヘアピンを決めて22-20で競り勝ったのだ。その後のダブルス1には中村幸(スポ3=富山国際大付)・桃井伶実(スポ2=石川・金沢向陽)組が出場。第1ゲームでは相手に食らいつき競ったものの第2ゲームでは自分たちの試合をさせてもらえずストレートでこの試合を落とす。第2ダブルスは快勝しチームの運命を託されたのは松本茜(社2=福岡・九州国際大付)。積極的にスマッシュを打つなどして点数を重ねていったが相手の方が一枚上手で惜敗。きょうも黒星を喫した。

懸命にシャトルを打ち返す中村(右)・桃井組

 あすはいよいよ春季リーグ最終日を迎える。男子は明大、女子は昨年のインカレ団体戦の女王であり因縁の相手でもある筑波大と対戦。男女共に勝利し笑顔で最終日を終えたいところだ。

(記事、写真 佐藤菜々)

結果

▽男子団体〇3ー2中大

シングルス1 古賀穂(スポ3=福島・富岡)〇2-0(21-8、21-10)

シングルス2 松本康平主将(スポ4=埼玉栄)●1-2(16-21、21―14、19-21)

ダブルス1 中里裕貴(スポ4=埼玉栄)、小野寺雅之(スポ1=埼玉栄)〇2-0(21-17、21-18)

ダブルス2 渡辺俊和(スポ2=埼玉栄)、鈴木朋弥(商2=宮城・聖ウルスラ学院英智)●0-2(15-21、16-21)

シングルス3 小野寺〇2-0(22-20、21―13)

▽女子団体●2-3明大

シングルス1 中西貴映女子主将(スポ4=埼玉・大宮東)●0-2(15-21、19-21)

シングルス2 松岡英美(スポ4=福岡・九州国際大付)○2-1(21-17、13-21、22-20)

ダブルス1 中村幸(スポ3=富山国際大付)、桃井伶実(スポ2=石川・金沢向陽)●0-2(17-21、10-21)

ダブルス2 中西、吾妻咲弥(スポ1=福島・富岡)○2-0(21-15、21-7)

シングルス3 松本茜(社2=福岡・九州国際大付)●0-2(16-21、14-21)

関連記事

男子は3連勝で単独1位、女子は惜敗し挽回誓う/関東大学春季リーグ戦(5/04)

男子は開幕2連勝!女子は悔しい初黒星/関東大学春季リーグ戦(5/01)

ルーキーが躍動!5年ぶりの男女共に開幕戦白星/関東大学春季リーグ戦(4/30)

コメント

古賀穂(スポ3=福島・富岡)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

きょうの試合はずっと自分がリードしてる試合展開だったので比較的楽に、自分のペースでやることができました。

――リードできた要因はなんだと思いますか

自分が先にリードしていこうという気持ちとそういった戦術だったからです。

――きょうの相手は昨年の全日本学生選手権の団体戦の優勝者の中大でしたがそこに関して何か意識したりしましたか

きょうの相手はインカレで優勝したメンバーの人ではなかったので気負わずにできました。

――今大会全試合でシングルス1に出場してますが毎回どのような気持ちで試合に臨んでますか

団体戦は勢いも大事だと思っています。その重要な役割が自分のシングルス1なので、きょうみたいにしっかり大差をつけて勝ったりして、チームに勢いをつける試合をしていきたいと思っています。

4連勝という結果はいかがですか

すごく嬉しいです。なぜなら入れ替え戦を関東大学秋季リーグ戦で経験したからです。まだ一試合あるのでしっかり気を引き締めて全勝優勝できるように頑張ります。

あすの意気込みをお願いします

チームに勢いをつけれるような試合をしたいと思います。

中村幸(スポ3=富山国際大付)、桃井伶実(スポ2=石川・金沢向陽)

――どのような思いで試合に臨みましたか

中村 きょうに限らず出てくる人は皆強いのでどんなに相手が強くても向かっていく気持ちと引かない気持ちを心がけて臨みました。

桃井 相手は格上だったのでチャレンジャーとして、周りの人にしっかり応援してもらえるようなプレーができるように臨みました。

――きょうの試合を振り返っていかがですか

中村 第1ゲームは相手も結構引いてくれていたのでそこで自分たちの攻撃ができて攻めてポイントを取ることができました。しかし第2ゲームは相手も考えてやってくるので、相手の得意なパターンにしてしまったかなという感じです。相手は結構前衛と後衛がはっきりしてる形なんですが、その形に自分たちから持っていってしまいました。レシーブが課題かなとは思います。

桃井 第1ゲームはしっかり自分たちのプレーができたんですが、第2ゲームでは自分たちが引いてしまって、攻めの形が作れなかったので、しっかりレシーブの練習をしていきたいと思います。

――第2ゲーム目に点数が取れなかった原因はなんだと思いますか

中村 相手に連続で打たれてしまったことです。他には同じところに上げて同じように打たれてしまったのでそこで違う球を打てたら流れが変わったのかなとも思います。

桃井 パターンが全部同じになってしまったことです。相手もやられたらそこに対応してくるので、そこで自分たちも違う攻め方ができたらもっと点数が取れたのではないかと思います。

――今大会からお二人でダブルスに出場されてますが実際に大会に出てみていかがでしたか

中村 実際に出るのはこのリーグ戦が初めてで、自分が先輩なので技術的なことよりも精神的な面でもう少し引っ張っていけたらなと思います。また、自分が思っていたよりは通用しないわけではなくて結構収穫もあります。調子が悪い時期を乗り越えて今は少しずつよくなっているのでこの先も見据えて戦っていけたらいいなと思います。

桃井 戦えないわけではないのでもっと練習して、2人でどう打ってどう攻めるかという自分たちの攻めのパターンを多く作れるようにやっていきたいなと思います。

――あすの意気込みをお願いします

中村 あすの相手も強くて厳しい戦いにはなると思うんですが最後まで自分たちらしくが今回の目標でもあるのでそれをできるように最後まで2人で頑張りたいです。

桃井 楽しく笑顔で。応援してもらえるような試合をして雰囲気が悪くならないような、チームにいい雰囲気をもたらせられるようなゲームをしたいです。