庭球部

2017.05.05

関東学生トーナメント 5月4日 東京・有明テニスの森

シングルスで金星続くも優勝候補ペアは敗退

 関東学生トーナメント(春関)本戦4日目では男子シングルス4回戦、ダブルス2、3回戦が行われた。シングルスでは5名が準々決勝に進出。ダブルスは6組が全日本学生選手権(インカレ)本戦出場を決め、さらに2組が準々決勝に駒を進めた。

 シングルスでは齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)と田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)が大きな白星を挙げた。齋藤は昨年度インカレ2位の望月勇希と対戦。立ち上がりに隙のある望月に対し、「出だしで一気に攻め、相手が乗ってきてからはキープすることに集中した」と齋藤。相手のバックサイドに打ち込むなどフォアの強打を封じ、ファーストセットを奪う。「対策をして無理せず攻め、ファーストを取ったという余裕を持てた」とセカンドセットも6ー3で取り、ストレート勝利を収めた。田中は前回大会のファイナリスト逸崎凱人(慶大)に挑んだ。バックを得意とする相手に対し、フォアを狙ってオープンコートに打ち込むプレーを徹底した田中。しかし、勝利を前にして「勝ちビビりした」とダブルフォルトが続く。それでも「周りが応援してくれていたので負けるわけにはいかない」と奮起し、ファイナルセットでタイブレークを制して堂々の準々決勝進出を決めた。

シングルスで金星を挙げた齋藤

 一方のダブルスでは2回戦でまさかの敗戦が。第3シードとして登場した河野優平副将(スポ4=福岡・柳川)・坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)組が中大の宇佐美皓一・正林知大組にスーパータイブレークで敗れた。ファーストセットは「ブレークポイントや40−0から取り切れない面が出た」(坂井)と、ペアの課題が露呈してワンブレークダウン。セカンドセットは立て直して奪い返したものの、ファイナルセットでは流れを引き寄せられず敗北。「受け止めてインカレに向けてまた頑張りたい」(坂井)と語った。古賀大貴(スポ2=大分舞鶴)・安上昂志(スポ2=福岡・柳川)の同級生ペアはガッツあふれるプレーで接戦を勝ち上がり準々決勝へ。また、町田亮(スポ3=福岡・柳川)・木元風哉(社1=埼玉・早大本庄)組は相手の棄権で2回戦を突破しインカレ本戦出場権を確保したが、3回戦で敗退。2回戦で亜大ペアを破った佐藤祥次(スポ2=大分舞鶴)・本多映好(社1=岩手)組も慶大のインカレ優勝ペアに敗れた。

河野・坂井組はまさかの初戦敗退となった

波乱も起きたが、多くの選手が着実に勝ち上がっている。他大を圧倒し、表彰台を独占する早大選手の姿に期待したい。

(記事 熊木玲佳、写真 熊木玲佳、郡司幸耀)

結果

▽男子シングルス4回戦

●河野優平6-4、3-6、1-6斎藤和哉(中大)
○三好健太6-3、2-6、6-4川橋勇太(筑波大)
○齋藤聖真6-2、6-3望月勇希(中大)
●坂井勇仁4-6、4-6大和田秀俊(中大)
○古田伊蕗6-3、7-6(6)髙村佑樹
○島袋将7-5、6-4岩崎歩
●安上昂志6-3、4-6、2-6加藤彰馬(亜大)
○田中優之介6-2、5-7、7-6(7)逸崎凱人(慶大)

▽男子ダブルス2回戦

○岩崎・三好6-2、7-6(4)小倉孝介・森山颯太
●河野・坂井3-6、6-3、8-10宇佐美・正林(中大)
○齋藤・髙村2-6、7-6(3)、10-4今村・福田(慶大)
○町田亮・木元風哉1-0(棄権)上杉・韓(慶大)
○古賀大貴・安上昂志6-2、6-4太田・前崎(法大)
○小林雅哉・島袋6-3、7-6(5)木野・児玉(東海大)
○佐藤祥次・本多映好2-6、6-4、10-1加藤・吉田(亜大)

▽男子ダブルス3回戦

●岩崎・三好6(3)-7、3-6伊藤・鈴木(日体大)
○齋藤・髙村6-3、6-2楠原・小見山(法大)
●町田・木元4-6、6-3、8-10田村・日野(駒大)
○古賀・安上2-6、6-2、10-2加藤・川橋(筑波大)
●小林雅・島袋(棄権)大和田・望月(中大)
●佐藤・本多1-6、2-6逸崎・畠山(慶大)

関連記事

10名がベスト16入り!/関東学生トーナメント(5/04)
春関開幕!インカレ本直続々決定/関東学生トーナメント(5/04)

コメント

齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)

――まずシングルスは望月勇希選手(中大)との一戦でしたが、どのような意気込みで臨んでいましたか

お互い強打を武器としていて、最後決め切るポイントはフォアで終わるという特徴があると思っていたので、それを相手にさせないために相手のバックに多く配球したり、逆にフォア側に走らせたり、僕なりに考えて臨んだ試合でした。端から見たらただの打ち合いに見えたかもしれませんが、結構頭を使った試合だったので、勝った上で成長できたかなと感じています。

――自分なりの対策がうまくはまったと

そうですね。でも対策を考えすぎて自分のテニスを見失う時があるのでそれだけは避けたくて、基本攻めるという姿勢だけは変えませんでした。それがすごくいいかたちでポイントにもつながったかなと思います。

――それぞれのセットを振り返って

ファーストセットは序盤相手の動きが悪くて、僕もスロースターターな方なのですが、出だしで差をつけられるとファーストを取るのが難しくなると思ったので、出だしで一気に攻めたところ、相手がさくっとポイントをくれました。相手がノリに乗ってからはしっかりキープすることに集中した分リターンゲームでももう一度ブレークすることができて、6−2というかたちで終われたのかなと思っています。セカンドは相手が調子を上げてきてジュースが長い場面がお互いサービスゲームであったのですが、いまうちの部活でスコアを取っていて。ミスをした数だったり、ポイントを取った確率だったり。それを見て改めて感じたことなのですが、お互いミスの量があまり変わらなかったのですが、ちょっと自慢になっちゃうんですけどエースの数は僕の方が多くて。対策をしてファーストセットから考えて入った結果、無理をせず攻めるというのがウィナーにつながったのかなと。全体を通して言えることですが、ファーストを取ったという余裕を持ちながらできたのですごくいいかたちだったかなと思います。

――ダブルスも2試合ありました

2回戦の福田(真大)・今村(昌倫)組(慶大)の今村の方が清風高校で、坂井(勇仁、スポ3=大阪・清風)の後輩だったのでどういうプレーをするのか話は聞いていたのですが、その上をいくストロークでファーストはさくっと取られてしまって。ただ僕らのダブルスは泥くさく、1試合の中で相手の得意パターンをつぶしつつ自分の持ち味を出すというところで勝っていく戦い方なのですが、それができたいい例だったのかなと。でも対策を始めるのが遅かったです。ファーストセットでもっと変えていかなくてはいけなかったので、切羽詰まってからしかできないのは問題かなと。2試合目は相手のことを結構知っていたので、僕がストロークで負けないことと高村がボレーでミスせずしっかり粘り強く、というのができました。お互いシングルスもあり3試合目で結構つらい中だったのですが、応援の力もあったので。疲れてたまに応援の声が耳に届かないこともあるのですが、その分取った時に声を上げて次のポイントに向けて、と応援に助けられた部分はありました。

――単複残っていて疲れもあるとのことですが、あす以降に向けて意気込みを聞かせてください

あしたシングルスは島袋(将、スポ2=三重・四日市工)なので正直勝てるイメージが湧かないのですが、その分割り切って、僕はもうシードを守っているので(笑)、いいかなという感じで思い切りやるだけですね。ダブルスは去年団体戦にも出させていただいて僕たちがワセダの主力メンバーとしてやっていかなくてはいけないという自覚はあるので、その分しっかり優勝を狙っていきたいと思います。

坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)

――今大会は目標をどこに設定して臨まれましたか

僕は去年シングルス初戦で負けてしまったので、まずは1勝ということを考えてやってきたんですけど、ダブルスは初戦で負けてしまって。シングルスは相手のいいプレーもあったんですけど、もう一つ二つ勝ちたかったです。

――そのはシングルスは全体的にプレーを振り返っていかがでしたか

今までのこの春関の中では一番良かったですけど、まだ少し大事な場面でミスが出て。最後負けた試合ではそれがあだにあって負けたので、そういった自分の悪い部分を見ながら練習して行きたいと思います。

――ダブルスでのそれぞれのセットを振り返ってどう反省されますか

ファーストセットは河野さん(優平副将、スポ4=福岡・柳川)のサービスゲームは1つブレークされてしまったんですけど、相手のサービスゲームを1回もブレークできなかったというのが。いつもそうなんですけど、僕たちのペアはブレークポイントや40-0から取り切れないという場面が多々あるので、ファーストセットはそういう面が出てしまいました。セカンドセットは気持ちも入れ直して流れをつくれたんですけど、ファイナルは少しのポイントが流れを左右するんで、受け止めてまたインカレ(全日本学生選手権)に向けて頑張りたいと思います。

――今大会、あらためてどのような大会になったと感じますか

ワセダ全体としては1、2年生が頑張って活躍していて、その中で3、4年生も負けじと勝ち上がってるイメージがありました。全体的に層が厚くなってるのは感じましたし、その中で自分ももっと頑張っていかないと今後団体戦では下から追い上げてくると思うので、気を抜かずにしっかりやっていきたいと思います。

――来週末に控えた早慶対抗試合(早慶戦)に向けてどう切り替え、どう意気込みますか

早慶戦はワセダのコートで行われるので、ホームを力に変えられるように準備して。まだ誰が出るかも決まってないのですが、出場したら絶対に1勝を持って帰る準備をしていきたいと思います。

田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)

――きょうの試合はどのようなプランで臨みましたか

相手は慶大で名の知れている選手なので、僕がチャレンジャーのつもりで向かっていけばチャンスはあるかなと思ってやっていました。

――逸崎凱人選手(慶大)との試合を振り返っていかがでしたか

最初はチャレンジャーの気持ちでファーストセットもセカンドセットもできたのですが、セカンドの途中から勝ちビビりじゃないですけど勝ちを意識してしまって、そこからサーブが全然入らなくなったのでもっと何かできたのではないかと思いました。

――具体的にファーストセットはいかがでしたか

ファーストセットはもう相手がバックが上手なのは前から分かっていたので、フォアを狙って甘くなったら僕がオープンを取りにいくというのは意識していて、セカンドセットもそれで最初は良かったのですが、途中から相手も分かってきて僕もワンパターンだったので相手も慣れてきた感じですね。

――ファイナルセットはいかがでしたか

セカンドセットは大事なところで全部ダブルフォルトで落として。それを引きずって自分自身心が折れそうだったのですが、周りが応援してくれていたので負けるわけにはいかないと思って頑張りました。

――次戦は先輩である古田伊蕗選手(スポ3=静岡・浜松市立)との対戦になります

何度か練習試合していて僕も分かっているのですが、向こうも僕がどのようなプレーか分かっているので、最初の入り方に気を付けていきたいです。ミスしないんです、伊蕗さんは。だから僕が変なミスをしないようにやっていきたいと思っています。