庭球部

2017.05.05

関東学生トーナメント 5月3日 東京・有明テニスの森公園

女子もインカレ本戦メンバーが決定!しかし波乱も

 関東学生トーナメント(春関)では、本戦3日目にして女子の全日本学生選手権(インカレ)本戦出場者が決まり始めた。

 2回戦が行われたシングルスでは、森川菜花(社2=山口・野田学園)が初のインカレ出場を決めた。青学大の三角ゆりあを相手にファーストセットを奪うも、セカンドセットはミスも重なり試合はファイナルセットに。「切り替えて、最後は応援の力」と、声援を味方にして接戦を制した。また、1年生の下地奈緒(社1=沖縄尚学)は慶大の主将・江代純菜との対戦に挑む。ファーストセットを6―2で取りリードしたが、徐々に勢いを失ってフルセットの末敗北。インカレを決めることはできなかったが、初の学生大会で存在感を示した。早大勢は森川の他に、1年生2人を含む8人が2回戦突破を果たした。

接戦の末インカレ出場をもぎ取った森川

 ダブルス2回戦では、第2シードとして今大会に臨んだ細沼千紗女子主将(スポ4=東京・富士見丘)・上唯希(スポ3=兵庫・園田学園)組が牛島里咲・並木友花組(筑波大)にスーパータイブレークで敗戦するという波乱があった。「本来は2セットで勝たなければいけない相手」(上)としながらも、ファーストセットでは緊張もあってかミスが続き、流れを渡して落としてしまう。セカンドセットは取り返したものの、スーパータイブレークでも「重要なところでファーストサーブを入れられなかった」と出だしでつまずいて敗北。インカレ本戦を決める前に姿を消した。この日出場した7組中、3回戦進出を果たしたのは3組。金井綾香(社4=東京・早実)・下地組と大矢希(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)・清水映里(スポ1=埼玉・山村学園)組は同士打ちとなる。

初戦で姿を消した細沼(右)・上組

 シングルスでは今村南(社2=大阪・城南学園)が押野紗穂を相手に健闘するなど白熱した試合が多く見られた。ダブルスはフルセットの末の敗北が目立ち、やや物足りない印象だ。インカレを決めた後は、この大会で高みを目指すのみ。勝ち残っている選手の奮闘に期待したい。

(記事 熊木玲佳、写真 平松史帆)

結果

▽女子シングルス2回戦

○細沼千紗6-1、6-1前田遥佳(日体大)
○金井綾香6-1、6-3倉持美穂
○上唯希6-0、6-1原口沙絵(山学大)
○大矢希6-1、6-0助川峰理
○辻紘子6-3、6-2中沢夏帆(亜大)
●今村南4-6、1-6押野紗穂(慶大)
○大河真由3-6、6-1、6-2村橋舞(立大)
○森川菜花6-0、3-6、7-5三角ゆりあ(青学大)
○清水映里6-3、6-2坂本はな(専大)
●下地奈緒6-2、4-6、1-6江代純菜(慶大)
○米原さくら6-3、6-4熊谷ひかる(明大)

▽女子ダブルス2回戦

●細沼・上4-6、6-4、4-10牛島・並木(筑波大)
●山添絵理・辻6-4、4-6、9-11西田・城間(慶大)
○金井・下地6-0、6-2原口・吉冨(山学大)
●助川・米原2-6、6(4)-7小松・根本(東学大)
○大矢・清水6-3、4-6、10-6大嶺・福井(山学大)
●廣川真由・大河4-6、2-6朝倉・中沢(亜大)
○剱持梓・森川6-0、6-1長島・林(専大)

コメント

上唯希(スポ3=兵庫・園田学園)

――ダブルスは筑波大の牛島里咲・並木友花組との対戦でした。試合プランは考えていましたか

 あのペアとは対戦したことがないのでどっちがどちらサイドを守るかも決めていない状態でした。ここがひとつダメなところだと思うんですけど。自分たちの得意な前でボレーを決めるかたちとかができなかったので負けてしまったと思います。

――ファーストセットを振り返っていかがですか

 先にブレークされてしまうというかたちで、すぐにブレークバックできたのですが出だしの流れが悪かったというのと、わたしが「前で決めなきゃ、決めなきゃ」と思って得意としているボレーを一発で決められなくて、逆にミスにつながってしまったので。前のポイントが取れない分、後ろで安全にプレーをし過ぎて相手に流れがいってしまいました。ファーストセットは相手に終始押されてしまい、自分たちが守りに入ってしまったと思います。

――セカンドセットはいかがですか

 セカンドセットは細沼さんが先にサーブというのが決まっているパターンなんですけど、「後ろの方が自信があるので前お願いします、後ろは絶対に取るんで」というかたちにしたら細沼さんが前でしっかり決めてくれてセカンドセットは取れたという感じです。

――ファイナルセットはいかがですか

 ファイナルセットは1-0になって私のサービスが2本だったんですけどそこでファーストサーブが入らなくて1-2になってしまって。そこでファーストサーブがしっかり入っていれば3-0になっていた可能性もあったので、重要なところでファーストサーブを入れられませんでした。やはり出だしが悪かったかなと思います。

――具体的な敗因はありますか

 本来は2セットで勝たなければいけない相手だったんですけど、自分たちの緊張で固くなってしまっている分攻めきれなかったというのが敗因です。

――シングルスに関して、今大会に向けて調子はいかがですか

  正直アップダウンというのがあんまりなくて、この時は良かった、この時はダメだったというのがなくて。自分の気持ち次第でちゃんと振り抜ければ自分の力が発揮できると思うので、ダブルスで負けてしまった分シングルスではちゃんと切り替えて攻めていこうと思ったのがいいかたちにつながったかなと思います。

――あす以降に向けて意気込みをお聞かせください

 ダブルスが負けてしまっていい意味でシングルスに集中できると思うので、第1シードというプレッシャーに負けずに、抽選で第1シードになってしまったという気持ちで一戦ずつ楽しみながら自分のプレーをしていきたいなと思います。

森川菜花(社2=山口・野田学園)

――今大会の目標は

 去年が1回戦で負けたのでとりあえず1回戦を勝つことを目標にしていて、きのうはいいかたちで勝てて、きょうは(インカレ)本戦出場という目標で挑みました。

――シングルスはどのような試合プランでしたか

 このコートは(ボールが)跳ねるのが遅いので得意のスピンを混ぜて攻撃していくという感じですね。

――ファーストセットを振り返っていかがですか

 自分が何かしたというよりは相手が焦っていたようだったので、セカンドセットはそれ通りにいかないなと思っていて。ファイナルは切り替えて応援の力もあって良かったです。

――ファイナルセットに向けて意識したことはありますか

 セカンドセットで少しミスが出ていたので、ラリーをしつこくしつこくしていきました。

――勝因は何だと思いますか

 最後は応援の力というか。みんなが応援してくれたおかげで勝てたと思います。

――明日以降に向けて意気込みはいかがですか

  あしたは(シングルスで)同士打ちになると思うので、自分の力を発揮したいと思います。

――ダブルスの方はいかがですか

 ダブルスは第1シードのところなので、挑戦者の気持ちで自分たちの力を信じて頑張りたいと思います。