ソフトボール部

2017.05.04

第49回春季リーグ戦特別ページシステム 5月3日 東京・福生野球場

1点遠く…まさかの最下位で春を終える

TEAM
日女体大
早  大
●宮川―加藤
◇(三塁打)落合

 特別ページシステムの初戦で日体大に敗戦し、5位・6位決定戦に回ることとなった女子部。これ以上は負けられない。悲壮な思いを抱いて臨んだ対戦相手は、今季唯一白星を挙げている日女体大。試合は初回、先発の宮川眞子(スポ4=福島・帝京安積)が連打を浴びて1点を失うが、それ以降は両チーム共に打線が攻めあぐね、試合はこう着状態に。早大打線はほぼ毎回走者を出しながらも最後まで決め手を欠き、1点を返すことができなかった。試合は1-0のまま終了し、早大は今季を最下位で終えることとなった。

 もどかしい攻撃が続いた。1点を追う2回、手塚麻菜美(スポ3=北海道・とわの森三愛)の右前安打から走者をため、1死満塁の得点機をつくる。しかし後続が連続で凡打に倒れ、0得点。最大の好機を逃してしまった早大打線は、その後も走者を出しながらも後につなげることができない。試合がこう着状態に陥った5回、落合未稀(人3=栃木・大田原女)が右中間へ三塁打を放ち、1死三塁の好機を演出する。続く打者の内野ゴロの間にホームを狙うが、判定はタッチアウト。またも得点機を逃し、最終回までホームを踏むことはできなかった。

この日も決定力に欠けた

 先発投手は、今季いまだ勝ち星をつかめていない宮川。初回、2死から粘る相手打者に投じた8球目を詰まりながらも外野に運ばれ、走者を許す。続く4番打者に捉えられた初球は、左翼手のグラブがわずかに届かず適時二塁打とされてしまう。「一球が命取りになると痛感した」と宮川が振り返るように、この初回の1点が決勝点となった。2回以降は、得点圏に走者を背負いながらも粘り強さを見せ相手打線を無得点に抑える。直球に時折緩い球を織り交ぜながら打者を打ち取り、テンポのいい投球を披露した。打線の援護を待ったが、結局1-0のまま試合は終了。好投むなしく悔しい敗戦となった。

好投した宮川

 新チーム結成から変わらず課題として挙げられている『得点力』。安打数で考えれば早大は6、日女体大は5とそう変わらない。打線のつながり、好機での一本が今回の試合の勝敗を分けた。特に後半は、得点を焦るあまりボール球に手を出してしまう場面も見られ、攻撃が単調になってしまった。確実に好機をものにする得点力がなければ、今後も厳しい試合が続くだろう。きょうの敗戦によってチームは最下位となり、2部との入れ替え戦も決定。4位までにしか与えられない全日本大学選手権(インカレ)の切符も、これから行われる二次予選でつかまなければならない。「どん底を見たからこそ後は上がるだけ」(宮川)。最下位の屈辱を味わった早大女子部の、これからの奮起を期待したい。

(記事 三浦遥、写真 中澤紅里)

コメント

宮川眞子(スポ4=福島・帝京安積)

ーー今の素直な感想は

入れ替え戦だけは本当に避けたかったです。ですが現実を受け止め、今は6日のインカレ2次予選で勝ってインカレに行くことしか考えてません。そしてその後の入れ替え戦、絶対勝ちます。また応援してくださる方が早稲田には沢山いるので、その方たちのためにも勝ちたいです。

ーー今日の試合を振り返って

個人的には今リーグで一番思うようにプレーできたと思います。調子自体は良いわけではありませんでしたが、点を与えないことだけ考えて投げました。しかし、今日は一球が命取りになると痛感した試合になりました。初回の4番への初球が今日の試合の敗因ですね。私が0点で抑えればチームは負けない訳ですし。流れを相手に渡してしまったことが反省点です。

ーー春季リーグ、特別ページシステムを通して感じたことは

今リーグは投手である私がシャキッとしてなかったことがこの結果に繋がったんだと思います。どん底を見たからこそ後は上がるだけだと思います。今日の試合は今までのリーグの試合で一番雰囲気がよく、チームが1つになった感じがしました。確実に一歩ずつ進んでいると信じて次の試合に臨みたいと思います。

ーーインカレ2次予選に向けて

勝つだけです。こんなところで負けたくないので。