庭球部

2017.05.04

関東学生トーナメント 5月3日 東京・有明テニスの森公園

10名がベスト16入り!

 関東学生トーナメント(春関)は本戦3日目を迎え、男子シングルスで全日本学生選手権(インカレ)の全本戦出場メンバーが決定。3回戦も行われ、関東王座へ向けての戦いは着実に進行している。

 2回戦では下級生の奮闘が目立った。古賀大貴(スポ2=大分舞鶴)はインカレ、全日本学生室内選手権(インカレインドア)2位の望月勇希(中大)と対戦。前日にファーストセットを奪っていたものの、日没によりセカンドセット2ー2で翌日順延となっていた。この日は望月の立ち上がりに畳み掛けて勝負をつけたいところだったが、徐々にギアを上げてきた相手に押され始め4-6でこのセットを落とす。そのまま流れを引き戻せず、悔しい敗北となった。ルーキーの田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)の試合もフルセットにもつれる激闘に。しかし「負けそうな時にチームのみんなが応援してくれて本当に励みになった」と、周囲の力も借りて2回戦を突破。インカレ本戦を決めた。

田中はルーキーながら順調に勝ち進んでいる

 続いて行われた3回戦では岩崎歩副将(スポ4=神奈川・湘南工大付)が法大のエース太田悠介と激突。「しっかり自分のテニスをやれば勝てると思い、1ポイントずつファイトできた」と岩崎。武器であるサーブを生かし、終始優位な試合運びでストレート勝利を収めた。また、2回戦で接戦を勝ち切った田中は慶大の畠山成冴との一戦に臨む。ダブルスの得意な相手にボレーで苦しめられるが、「パスで抜いたりロブを上げてスマッシュでミスさせたりすることができた」と徐々に攻略。相手の得意パターンを封じ、16強入りを果たした。

武器であるサーブを放つ岩崎副将

 2回戦が全て終了したことにより、早大男子からは12名がインカレ本戦出場決定。3回戦で同士打ちに敗れ姿を消した選手はいるものの、他大と対戦した選手らは順当に勝ち進みベスト16に10名食い込む結果となった。4日目以降はダブルスでもインカレ本戦メンバーが決まっていくはずだ。まずは夏の戦いへの切符を手にし、そして春の関東王者の座へ。戦いはまだまだ続く。

(記事 熊木玲佳、写真 平松史帆、松澤勇人)

結果

▽男子シングルス2回戦

●町田亮3-6、3-6斎藤和哉(中大)
○森山颯太6-3、6-1宮本航輔(日体大)
○坂井勇仁6-1、6-3宇佐美皓一(中大)
○小倉孝介6-3、6-1玉城翔平(中大)
○古田伊蕗6-0、6-0佐藤一輝(青学大)
○田中優之介4-6、6-0、7-5徳本翔(青学大)
○島袋将6-1、6-2寒川雄太(法大)
○齋藤聖真6-1、6-1岡垣光祐(法大)
●古賀大貴6-2、4-6、1-6望月勇希(中大)

▽男子シングルス3回戦

○岩崎歩6-2、6-0太田悠介(法大)
○河野優平6-2、6-4本城和貴(明大)
○三好健太6-1、6-1森山
○齋藤6-3、6-1田村迅(駒大)
○坂井6-3、6-4小倉
○古田7-5、6-1堀切啓貴(日大)
○島袋6-1、6-2池添克哉(明大)
○髙村佑樹6-3、7-5日野勇人(駒大)
○安上昂志6-2、6-0矢部馨(専大)
○田中6-1、2-6、6-1畠山成冴(慶大)

関連記事

春関開幕!インカレ本直続々決定/関東学生トーナメント(5/04)

コメント

岩崎歩副将(スポ4=神奈川・湘南工大付)

――シングルスは2、3回戦とも1部校の団体戦レギュラー選手でしたが、どのように臨みましたか

きのうは本当に初戦ということですごく緊張していて。去年もその緊張感で自分のテニスができなくて、不甲斐ない結果で終わってしまって悔しい思いをしました。その悔しさがずっと残っていて、ことしはそれで終われないと思って、最後まで自分を信じた結果勝つことができたのがきのうでした。うれしかったですね。きょうは同じ法大の(シングルス)1で同い年なのですが、しっかり自分のテニスをやれば勝てると思っていたので、出だしからしっかり声を出して1ポイント1ポイントファイトできていい結果になったかなと思います。

――それぞれの試合内容を振り返っていかがですか

きのうの相手は僕の苦手なところに打ってきて、バックを突いて前に出てくるパターンが多くて。ボレーもうまいしオールラウンダーなので試合前はやりづらいと思っていたのですが、自分のサーブを信じていい展開に持っていけたのは良かったです。きょうもそのサーブを生かして最初から最後までうまくいったんじゃないかなと思います。

――次戦は単複共に同士打ちになりました

あ、そうですね、たしかに。シングルスは後輩なので、4年生の意地を見せられたらいいなと。出だしからファイトして絶対勝ちたいと思います。ダブルスも同士打ちで全員4年生ですが、ダブルスに関してはまだインカレ本戦が決まっていないので、二人で話し合いながら出だしから集中して自分たちのテニスができたらいいなと思います。

田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)

――今大会では単複共に具体的な目標はありましたか

まずはインカレの本戦にいければいいなと思っていたのですが、きのうのダブルスで負けてしまったので、まだコンソレでチャンスはあるのですが、シングルスで絶対勝ってやるという気持ちはありました。

――きょうシングルスで本戦を決めましたね

1試合目からすごくタフで(笑)、ファイナルセットで負けそうな時にチームのみんなが応援してくれて本当にそれが励みになりました。2試合目もファーストセットはボコボコにやられて、内容は良くなったのですが、きょうは本当に応援ってありがたいなと感じました。

――3回戦では慶大の畠山成冴選手との対決でしたがプランはありましたか

やはりダブルスの方が勝っているイメージがあって、スライスやボレーがうまいのかなと思っていて、やはりファーストセットはボレーにでてきました。セカンドの途中から僕がパスで抜いたりロブ上げてスマッシュでミスさせたりした点が良かったかなと。セカンドの途中から前にこなくなりました。あとは相手も左利きでぐりっとくるのは知っていたので、はまらないようにしなきゃと思っていました。

――徐々に攻略できたところが良かったと

はい。

――次戦に向けて

次は慶大の逸崎さん(凱人)で強いので、1年生らしく勢いのあるプレーで頑張っていきたいと思います。