庭球部

2017.05.04

関東学生トーナメント 5月2日 東京・有明テニスの森公園

春関開幕!インカレ本直続々決定

 関東学生トーナメント(春関)本戦がスタートした。2回戦を突破すると全日本学生選手権(インカレ)の本戦出場権を獲得できる今大会。この日は男子シングルスで一部2回戦が行われ、熱い戦いが繰り広げられた。

 同士打ちとなった河野優平副将(スポ4=福岡・柳川)と小林紀輝(スポ3=千葉・秀明八千代)の試合は、両者の意地がぶつかり合う激戦となる。フルセットの戦いの末、勝負を制したのは河野。敗れた小林紀は、「また予選からかという気持ちです」と悔しさを口にした。岩崎歩副将(スポ4=神奈川・湘南工大付)の試合もファイナルセットまでもつれ込む接戦となった。相手の正確なフォアハンドに苦しめられるも、「最後まで自分を信じ」(岩崎)、強力なサーブを中心とした攻撃を見せ、流れは渡さず。ナイター照明の灯るなか、最後は勝利をもぎ取った。

河野に食らい付いた小林紀

 その他にも、安上昂志(スポ2=福岡・柳川)がインカレ初出場を決めるなど、この日計5人が順調に3回戦へと駒を進めた。一方、前年度インカレ優勝の小林雅哉(スポ2=千葉・東京学館浦安)が足のケガで棄権。全日本学生室内選手権(インカレインドア)優勝の上杉海斗もリタイアするなど、ランキング上位者の棄権が相次ぎ波乱の幕開けとも言える。優勝本命が消えた中、関東王者の称号を手にするのは誰なのか。学生の春は始まったばかりだ。

(記事 松澤勇人、熊木玲佳、写真 郡司幸耀)

結果

▽男子シングルス2回戦

○岩崎歩6-3、5-7、6-4鈴木保貴(法大)
○河野優平2-6、6-2、6-0小林紀輝
○三好健太6-3、6-2神田留尉(東学大)
古賀大貴6-2、2-2(日没のため中断)望月勇希(中大)
●小林雅哉0-2(棄権)矢部馨(専大)
●佐藤祥次3-6、1-6畠山成冴(慶大)
○髙村佑樹6-2、7-5橋本大貴(亜大)
○安上昂志6-2、6-3田中凛(中大)
●樋口廣太郎2-6、2-6太田悠介(法大)
●藤井颯大3-6、1-6甲斐直登(慶大)

コメント

小林紀輝(スポ3=千葉・秀明八千代)

――河野優平副将(スポ4=福岡・柳川)との同士打ちになりましたが、プランはありましたか

とりあえず僕は元気を出して声を出し、気合を入れてやるだけなので、やれることをやるつもりでいました。

――それぞれのセットを振り返って

ファーストはすごく相手が固くて、こっちが気合を入れてやっていたら相手がチキっていたのでいい感じで取れて。セカンドもこっちはそんなに変えるつもりはなかったのですが、向こうが全部ボレーに出てきてストロークを打ってくれなくて。ストロークだったら勝っていたのですが、相手はワセダでダブルス1を張っているのでボレー系はうまくて、やられてしまいました。

――フルセットでの敗北でしたが、悔しい気持ちの方が大きいですか

インカレ本戦になるか予選になるかの試合で、僕は去年も一昨年もインカレ予選でしたが、結構厳しいのは知っているので、また予選からかという気持ちです。

――インカレ予選に向けて

まずは部活動で、僕は結構ふざけてしまうのでみんなと一緒にしっかりとこなすのが第一で、その次に試合があるので。楽しみながらやっていきたいと思います。