卓球部

2017.05.04

春季関東学生リーグ戦 5月4日 東京・港区スポーツセンター

ルーキー葉波が大活躍!男女ともに上々のスタート

 団体戦の初陣である春季関東学生リーグ戦(春季リーグ戦)がついに開幕。初日となったきょうは男子部が法政大、女子部が淑徳大をそれぞれ相手に迎えた。男子部は団体戦スコア4-0で完勝、女子部もやや苦戦しながらも4-1で勝利を収め、念願のアベック優勝に向けて早大卓球部が上々のスタートを切った。

リーグ戦初出場で初勝利をつかんだ葉波

 ルーキー葉波啓(スポ1=山形・鶴岡東)が、満面の笑みを浮かべてベンチに戻ってきた。葉波は先輩である上村慶哉主将(スポ4=福岡・希望が丘)、硴塚将人(スポ2=東京・エリートアカデミー/帝京)から連勝の流れを引き継いで、3番手としてリーグ戦に初出場。「緊張感していて、なかなか自分のプレーができなかった」と序盤こそ、リードを許したものの、徐々に本領を発揮することができた。第4ゲーム以降は全てジュースとなるも、持ち味と話すピッチの速い卓球で食らいつく。バック側のボールを強打されると気づいてからは3球目攻撃など、早い展開からフォアハンドで得点することも意識した。ルーキーらしい元気なプレーで大接戦をものにし、チームを勢いづけた。試合はこの後の新生ダブルス上村・緒方遼太郎(スポ1=東京・エリートアカデミー/帝京)組が危なげなく勝負を決め、チームは白星スタート。選手層の厚さを見せつけ、内容のある試合となった。

 昨季6位の淑徳大戦と対戦した女子部のトップを務めたのは徳永美子(スポ3=福岡・希望が丘)。独特な緊張感の中始まった第1ゲーム、徳永の動きに硬さが見られ、接戦の末にゲームを落とす。その後、2ゲームを取り返すものの、執拗にバックを狙う相手の攻めに最後まで苦戦し、フルゲームの末この試合に敗れた。嫌な流れを断ち切ったのは、田中が早大のエースとして名を挙げる阿部愛莉(スポ3=大阪・四天王寺)。変化に富むボールで相手を翻弄(ほんろう)し、ゲームスコア3-1で見事勝利を収めた。勝負のカギを握るダブルスでは、田中千秋女子主将(スポ4=愛知みずほ大瑞穂)と加藤結有子(スポ1=東京・エリートアカデミー/帝京)の主将・ルーキーペアが素晴らしい戦いぶりを見せた。主将の田中が気持ちを前面に出すプレーで引っ張ると、「思い切ったプレーをしてくれた」(田中)と語るように、リーグ戦デビューとなった加藤結も堂々としたプレーで応える。随所に息の合ったコンビネーションも見られ、ゲームスコア3-1で白星を挙げた。続く4番手の鎌田那美(スポ2=北海道・駒大苫小牧)も危なげなく勝利、5番手のダブルスでは、全日本選手権7位の阿部・徳永組が地力の差を見せつけて勝利し、団体戦スコア4-1で大事な初戦を白星で飾った。

主将・ルーキーペアの田中・加藤結(左)組

 あすは両チームにとって、春季リーグ前半戦のヤマ場となるだろう。男子部は関東ナンバーワンのダブルス宮本幸典(4年)・定松祐輔(4年)組を擁する中央大。女子部は昨年度全日本大学総合選手権団体の部2位の日体大と対戦する。決して油断することができない相手だ。この勢いのままに勝ち進むことはできるのか。あすも早大卓球部から目が離せない。

(記事 本田京太郎、吉田寛人 写真 本田京太郎)

関連記事(男子部)

俺が緒方だ!デビュー戦で値千金の白星、チームは開幕3連勝!/春季リーグ戦(05/05)

関連記事(女子部)

エース阿部が大車輪の活躍!開幕3連勝で前半戦を終える/春季リーグ戦(05/05)

関連記事

春季関東学生リーグ戦展望(男子部)(04/30)


春季関東学生リーグ戦展望(女子部)(04/30)


春季リーグ戦・注目選手紹介(男子部)(05/01)


春季リーグ戦・注目選手紹介(女子部)(05/01)

関連特集

【連載】春季関東学生リーグ戦直前特集『Never Stop,Never Settle!』(04/30~05/03)

結果

▽男子 第1戦

VS 法政大 ○4―0

○上村慶哉3―1大槻周瑛

○硴塚将人3―0青山昇太

○葉波啓3―2藤森文人

○上村慶哉・緒方遼太郎組3―1青山昇太・高取侑史組

▽女子 第1戦

VS 淑徳大 ○4―1

●徳永美子2―3竹本朋世

○阿部愛莉3―1松澤帆乃果

○田中千秋・加藤結有子組3―1高橋美帆・島津郁実組

○鎌田那美3―0趙甜甜

○阿部愛莉・徳永美子組3―1竹本朋世・松澤帆乃果組

コメント

▽男子

葉波啓(スポ1=山形・鶴岡東)

――開幕戦を白星で飾りました。今の気持ちをお聞かせください

苦しい中で勝てたことは良かったです。ただ、緊張してしまって、最初に自分のプレーができなかったので、そこをあした以降でしっかりと発揮できるようになりたいですね。自分の持ち味である速い卓球をもっと前面に出していきたいです。

――3番手として出場した試合を振り返っていかがですか

最初は相手におされ気味で、上から打たれてしまいました。これからはもっと前で攻めて、それをもっと防げるようにしていきたいですね。

――相手の藤森文人(4年)はリーグ戦で活躍せれている選手でした。どんな印象を受けましたか

最初は相手が向かってきて、おされ気味でした。でも、これからは試合中に工夫しながら、その中でも勝たないといけないと思います。

――リーグ戦初出場でした。雰囲気などいかがでした

高校の時と違って、一球一球の重みが違いましたね。試合で苦しい思いをしたので、あしたからはもっと自分のプレーを出していけると思います。大学卓球で通用するかどうかは、あす以降で、しっかりと自分の卓球を出せるかどうかで決まると思います。

――あす以降への意気込みを教えてください

駒大にしっかり勝ち切って、ヤマ場の中大に臨めるようにしたいですね。

▽女子

田中千秋女子主将(スポ4=愛知みずほ大瑞穂)

――主将として迎えた初めてのリーグ戦で緊張はありましたか

緊張しかしてなくて、硬くなってしまいました。

――1勝1敗で迎えた大事なダブルスで意識したことはありましたか

加藤結がデビュー戦だったので、二人で思い切っていこうという話はしていて、加藤結がとても思い切ったプレーをしてくれたので、私も流れに乗ることができました。

――コミュニケーション面ではいかがでしたか

加藤結のほうから積極的に作戦を提案してくれるのでやりやすかったですし、私が途中で頭が真っ白になってしまう部分もあったんですけど、加藤結が冷静に作戦を立ててくれたので安心して試合をすることができました。

――きょうの試合を終えて課題は見つかりましたか

焦って打ちにいってしまったり、勝負しなければいけない場面で入れにいってしまったりと、プレーが噛み合わないところがあったので、いく時は思い切っていかなければならないと思います。

――最後にあすの2試合に向けて意気込みを聞かせて下さい

あしたは精神的にも体力的にもすごくハードな試合になってくるので、また思い切ってワセダらしく向かっていきたいと思います。