準硬式野球部

2017.04.29

東京六大学春季リーグ戦 4月29日 ネッツ多摩昭島スタジアム

投打で圧倒し東大相手に勝利

                  

東大1回戦
東大

早大 X 12
(早)◯黒須―吉田龍
♢(三塁打)倉本(二塁打)笹井、鈴木

 立大戦で勝ち点を落としたものの、明大戦で勝ち点を奪いこれから流れに乗っていきたい早大。きょうは東大と対戦した。応援団も応援にやってくるなどいつもより増してスタンドから力強い声援が響いた試合は早大の一方的な試合展開となった。プレイボールの直後から急に雨が降る厳しい状況での試合となったが先発の黒須裕太(人4=栃木・真岡)は東大相手に格の違いを見せつける。東大を5回途中まで無安打に抑える投球で9回1失点に抑え完投勝利をあげた。打線は4回に一挙7得点を挙げるなど12点を取った。投打で圧倒的な力の差を見せつけ、危なげなく勝利を収めた。

  きょうも明大二回戦につづいてチームとして大事にしている先制点を奪った。初回、2番の倉本芳郎副将(法4=広島・修道)が四球で出塁すると、すかさず盗塁を決めて得点圏に進む。続く3番の笹井健佑(社4=東京・早実)が適時打を打ち先制点を取る。4回には吉田龍平(スポ2=東京・小山台)の安打を皮切りに、3者連続四球で満塁の好機を作ると、笹井の打球を三塁手が失策し追加点を取る。またもや満塁の場面で「ファーストストライクを狙っていた」と語る鈴木夏亥副将(社4=東京・早実)が走者一掃の二塁打を放ち、点差を広げた。7回にも吉田康佑(先理4=東京・早実)の内野安打などで満塁の好機を作ると、失策で失点に絡んでしまった倉本が走者一掃の三塁打を放ち一気に試合を決めた。試合の終盤はこれまであまり出場機会のなかった選手が次々に出場し貴重な経験を積んだ。

笹井は先制点となる一打を放った

 投手も相手打線をねじ伏せた。先発の黒須は初回をわずか9球で抑えるテンポの良い投球で素晴らしい立ち上がり。倉本の三遊間深いところの打球をアウトにする好守備にも助けられ、5回途中まで無安打におさえる文句のつけどころのない投球を見せる。走者を出した場面でも、走者の動きを見逃すことなく牽制球を投げアウトにするなど隙を見せなかった。最大のピンチは8回だった。イニングの途中で雷雨により中断。試合は再開されるものの、2連打を浴びピンチを迎える。しかし、黒須はピンチの場面でも落ち着いて自分の投球を披露。後続の打者を空振り三振、ピッチャーゴロに抑えピンチを脱した。黒須は9回まで投げきり早大に貴重な勝利をもたらした。

完投勝利をあげた黒須

 圧倒的な力を見せつけた早大。雨が降ったり止んだり、雷雨で試合が中断する難しい試合だったが、集中力を切らさず勝利することができた。意識して取り組んでいる足を絡めた攻撃も成果を発揮し始めている。ワセダらしい野球を今後も見せて春季リーグ優勝に向かって突き進んでもらいたい。

(記事、写真 藤本壮汰)

コメント

鈴木夏亥副将(社4=東京・早実)

――今日の試合を振り返って

最初のカードの立大戦を落としてしまって、その後明大戦勝って、いい流れで今回しっかり初戦をものにできてよかった思います。

――4回の満塁の場面ではどのようなことを考えて打席に立ちましたか

このリーグ通して初球のあまいボールを見逃す機会が多かったので、とにかくファーストストライクを狙っていこうと思って、ワンボールからしっかりと自分のスイングができた結果だと思います。

――足を絡めた攻撃ができていたと思いますが、それはチームとして意識して取り組んでいることなのですか

このリーグ通じて立大戦からしっかりと走っていこういう話をしていて、それは明大戦でも実践できましたし、きょうの東大との初戦でも実践できたので、やりたいことはかたちになっているのかなと思います。

――雷雨での中断もありましたが、気持ち的に切り替えはできましたか

正直、びっくりしたんですけどベンチの中で常に集中力を切らさないようにしようという声は出てたので、あまり心配することなく再開後もプレーすることができました

――次の試合への意気込みをお願いします

しっかりときょう勝つことができたので、あしたもまた同じでワセダの野球が出来ればいいと思います。