ソフトボール部

2017.04.25

第49回春季リーグ戦 4月22日 埼玉・早大所沢キャンパスグラウンド

白星挙げるも、リーグ戦6位。特別ページシステムで下克上狙う

TEAM
早  大
日女体大
◯伊藤―川崎
◇(二塁打)古川、小野寺
TEAM
早  大
日体大 ×
●宮川、廣瀬―加藤

 白星がつかず、厳しい状況にある早大。この日は春季リーグ戦(リーグ戦)初の日女体大、日体大とのダブルヘッターに臨んだ。日女体大戦ではタイブレークの末、今季初の白星を挙げる。しかし、二試合目の日体大戦では投手陣の課題である「立ち上がり」をまたも攻められ敗北。リーグ戦を6位で終えた。

 日女体大戦のマウンドを任されたのはルーキー伊藤貴世美(スポ1=千葉経大付)だ。投手陣の立ち上がりの悪さが懸念される中、伊藤は5回までを無安打無失点に抑え、安定したピッチングを披露。3、4回に四死球で走者を出すが、動じることなく後続を打ち取り、二塁を踏ませない。伊藤の好投に応えたい打線は3回、先頭打者の古川晴野(スポ2=神奈川・厚木商)が左翼線に二塁打を放ち好機を演出する。1死二、三塁としたところで5番・川崎楽舞(スポ2=千葉・木更津総合)が三遊間を抜ける左前適時打で1点を先制。7回には遠藤真衣(スポ1=東京・日出)が四球を選び出塁すると、途中出場の小野寺詩織(スポ1=千葉経大付)が右翼手の頭上を越える大きな当たりを放ち、スコアを2−0とする。その後3点を加え、勝利を引き寄せたかのように思われた。しかしその裏、日女体大の攻撃で伊藤がついに捕まる。「リズムが崩れてしまった」(伊藤)。四球で走者を出すと、4連打と暴投で、瞬く間に勝負は振り出しに。7回では決着がつかず、試合はタイブレークにまでもつれ込む。延長のタイブレークでは大会規定に基づいて、先頭打者の一人前の打者を二塁に置き、無死二塁の状態で回が始まる。8回、内野ゴロの間に走者を進め、2死三塁とした場面で打席にはこの日、二塁打を打っている古川が入った。「大きい(当たり)はいらない」(古川)。右翼前までボールを運び、勝ち越しに成功。8回裏の守備では伊藤が3人できっちり締め、手に汗握る接戦を制した。

初登板の伊藤

 総当たり戦の締めくくりとなる日体大戦は、苦しい試合となった。先攻の早大は、初回に二死満塁のチャンスを作るも、これを生かせず。するとその裏、先発の宮川眞子(スポ3=福島・帝京安積)は先頭から犠打を挟んで3連打を許すなど、立ち上がりを攻められ3失点。続く2回にも左翼へ2点本塁打を放たれると、直後に無念の降板となった。後を継いだ廣瀬夏季(スポ2=北海道・とわの森三愛)は、交代直後に連打などで1点を失ってしまう。ただ、その後は毎回得点圏に走者を進められながらも、要所を締めた。一方の打線は毎回走者を出しながらも、続く一本が出ずに迫力のない攻撃に終始。リードを奪われて以降は二塁を踏むこともできず、日体大を脅かすことができないまま、試合を終えてしまった。

日体大戦では打線が沈黙した

 立ち上がりの守りに安定感を欠き、追いかける展開となる中で、流れを引き寄せるような打線のつながりがなかなか生まれず。特に後者については、「まだまだバッティング面で全員調子が上がってきていない」(古川)と選手も振り返る、不完全燃焼の総当たり戦となった。ただ、この日は1年生の活躍が光った。1戦目で先発を任された伊藤は、終盤こそ打ち込まれたが、それまではスコアボードに『0』を並べ続けた。そして、2試合ともに途中出場した小野寺も、日女体大戦で適時二塁打を放ち、決定力を欠くチームに追加点をもたらした。新戦力の活躍は、チームに好循環を与えるはずだ。順位は最下位となったため、下克上を狙うこととなる特別ページシステム。失うものはない。「全員が100パーセントの力を発揮できるように挑んでいきたい」(古川)。初戦の相手はこの日敗れた日体大。ここから逆襲といきたいところだ。

(記事 中澤紅里、守屋郁宏、写真 中澤紅里、守屋郁宏)

コメント

伊藤貴世美(スポ1=千葉経大付)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

途中の5回までは良かったのですが、そこからちょっとリズムが崩れてきてしまいました。もうちょっとか全できた部分があったのではないかと思います。できれば0点で抑えたかったんですけど、6回がちょっと悔しいです。

ーー6回の追い付かれてしまった場面で、気持ちの面で心がけたことはありますか

一回冷静になろうと思って、相手のテンポも合ってきたので、一回呼吸を整えて、周りに声をかけて自分のリズムを持って打ち取ろうと心がけてやりました。

ーーきょうが初登板となりましたがいかがでしたか

自分的には楽しかったです。6回で投げ切れる力があれば良かったのですが、まだそこが課題かなと思います。今の自分の実力が知れて良かったです。

ーーワセダの練習はどうですか

自分でやろうと思えばいっぱい練習できるし、手を抜こうと思えばいくらでも抜けるので、そこを調節しながら勉強と両立させて誰よりも練習できるようにやっていくのが大事かなと思います。

――高校とは違いますか

高校の時は基本的にソフト付けの毎日でソフトのことばかり考える毎日だったのですが、大学に入ったらそういうわけにもいかなくて、いろんな面で成長しなければいけないというのがありますね。頑張っていきたいです。

――次の試合に向けての意気込みをお願いします

次は今回のような失敗をそのままにしないで、生かして今度は絶対に0点でリズム良く抑えられるようにしたいです。

古川晴野(スポ2=神奈川・厚木商)

 

――1試合目について振り返ってください

最初に点を取れて安心してしまって、最後に点を取られたんですけど、絶対に勝ちたいという思いはあったので、勝てて良かったと思います。

 

――勝ち越し打の場面はどんな意識で打席に入りましたか

あの場面はランナー3塁だったので、大きいのはいらないと思って、塁に出てランナーを返すことを意識して打ちました。

 

――2試合目を振り返ってください

私自身は日体大とやるのは初めてだったので、挑戦的な気持ちで行きました。もっとしっかり捉えられるように練習していきたいと思いました。

 

――チームとしては

1点も取れなかったというのが悔しい結果になったと思うので、もっとバッティング練習をしなければいけないなと思いました。

 

――総当たり戦を終えました。収穫や課題があれば教えてください

全体的に見て、まだまだバッティング面で全員調子が上がってきていないので、しっかりリーグで出た課題をもってまた練習して、全員で一丸となって頑張っていきたいと思います。

 

――打撃の課題というのは

私も含めてあまりミートできていないので、つなぐバッティングを全員ができれば点も取れるかなと思います。

――特別ページシステムに向けて意気込みをお願いします

このリーグが無駄にならないように、しっかりと全員が100パーセントの力を発揮できるように挑んでいきたいと思います。