ア式蹴球部

2017.04.24

第23回関東女子リーグ戦 4月23日 茨城・筑波大第1サッカー場

河野のハットトリックで関東リーグ2勝目!

 さわやかな青空の下、筑波大グラウンドにて関東女子リーグ戦(関東リーグ)第2節が行われた。終始早大ペースで試合を進め、4得点。試合終了間際に相手にPKを献上し失点するも、ホームの筑波大を4-1で下し、関東リーグ2勝目を挙げた。

 引いて守りを固める筑波大に対して、試合序盤はDF渡部那月(社3=兵庫・日ノ本学園)を中心に右サイドから崩し、細かくパスをつないでいく。試合が動いたのは開始11分。DF三浦紗津紀(スポ3=浦和レッズレディースユース)のロングフィードから、FW河野朱里(スポ3=静岡・藤枝順心)が抜け出し、冷静に正面からゴールに押し込んだ。きょねんから意識していたというパスワークが見事に機能した先制点となった。さらにその3分後、FW大井美波(社3=大阪・大商学園)の裏へのボールを、再び河野がGKを落ち着いて交わし、最後は左足。早くもスコアを2-0とした。その後も三浦の裏へのパスからゴール前まで攻め込む場面が続いたが、惜しくも得点には結びつかず、我慢の時間帯が続いた。しかし前半25分、MF中村みづき副将(スポ4=浦和レッズレディース)のサイドからのロングパスを河野がネット左側に突き刺し、3-0。相手のDF陣の連携ミスを上手くついた得点となり、河野は前半だけでハットトリックを達成した。

きょうもエースがチームを引っ張った

 FW平國瑞希(スポ4=宮城・常盤木学園)、MF柳澤紗希(スポ3=浦和レッズレディースユース)を投入して臨んだ後半。前半に比べて相手に攻め込まれる時間帯が増えるが、DF奥川千沙副将(スポ4=静岡・藤枝順心)を中心とした安定感抜群の守備陣が相手の攻撃の芽をつぶしていく。56分には、相手が枠を捉えたシュートを放つも、GK木付優衣(スポ3=ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)のファインセーブで失点を免れた。しばらく止まっていたスコアが再び動いたのは82分。大井とMF松原有紗主将(スポ4=大阪・大商学園)のワンツーで相手を完全に崩し、最後は松原が落ち着いて放ったシュートがネットを揺らし4-0。「少ないタッチ数で上手く崩せたので良かった」(松原)と自身の得点を振り返った。試合はこのまま終わるかと思われたが、92分に、相手にPKを献上して失点し、4-1に。完封勝利とはならず、悔しさの残る結果となった。

松原主将も今リーグ初得点

 スコアを見ると完勝かのように見えるが、「攻守の切り替えが遅かったり、全体的に走る量が足りなかった」(松原)、「3点入れてからの流れが全然良くなかった」(河野)と選手たちは反省を口にしている。4-1という結果に満足せず、あくまでも試合内容にこだわるエンジイレブン。次節は、ホーム・東伏見で東京国際大と対戦する。きょう見出した課題を修正し、いかにア女らしいサッカーを展開できるかが勝負のカギとなるだろう。

(記事 下長根沙羅、写真 守屋郁宏・篠原希沙)

スターティングイレブン

関東女子リーグ戦 第2節
早大 3-0
1-1
筑波大
【早大得点者】11・14・25河野、82松原 
早大メンバー
ポジション 背番号 名前 学部学年 前所属
GK 木付優衣 スポ3 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
DF 15 中田有紀 スポ2 兵庫・日ノ本学園
DF 三浦紗津紀 スポ3 浦和レッズレディースユース
DF 奥川千沙 スポ4 静岡・藤枝順心
MF →87分 高瀬はな スポ2 ジェフ千葉レディースユース
DF 渡部那月 社3 兵庫・日ノ本学園
MF 中井仁美 スポ4 兵庫・日ノ本学園
MF →46分 柳澤 紗希 スポ3 浦和レッズレディースユース
MF ◎5 松原有紗 スポ4 大阪・大商学園
MF →87分 田中 実夏 スポ2 セレッソ大阪堺レディース
MF 17 大井美南 社3 大阪・大商学園
MF 11 熊谷汐華 スポ3 東京・十文字
FW →46分 平國瑞希 スポ4 宮城・常盤木学園
MF 10 中村みづき スポ4 浦和レッズレディース
FW 河野朱里 スポ3 静岡・藤枝順心
FW →87分 山田 仁衣奈 スポ2 大阪・大商学園
◎はゲームキャプテン
監督:福島廣樹(昭45教卒=東京・独協)
コメント

MF松原有紗主将(スポ4=大阪・大商学園)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

前半早い時間に点取れたんですけど、その後なかなか点が取れなくて。切り替えも遅いし、自分たちのミスでボールを奪われるってことも多くて、流れが悪いなという感じでした。

――切り替えがあまりできなかったということでしょうか

相手のペースにのまれてしまったというか、ダラダラとした試合になってしまったという感じですね。もっとスイッチ入れるところで入れて、自分たちのプレーができていたらもっと点数入ってたかなと思います。

――松原選手ご自身の得点シーンを振り返っていただけますか

美南(FW大井、社3=大阪・大商学園)が見えたのでパスを出して抜けたらいいボールをくれたのでもう流し込むだけという感じでした。少ないタッチ数で上手く崩せたのでよかったなと思います。

――相手の筑波大の印象は

個々の部分でがんばったり、守備も引いて守るというのをスカウティングでわかってはいたんですけど、そこをあまり崩せなかったというか、単調なプレーが続いてしまったという感じです。もっと相手によってプレーを変えていけたらなと思います。

――ほかにきょう見つかった課題などは

攻守の切り替えが遅かったり、全体的に走る量が足りなかったりってところを改善していかないとかなと。あとは個々というよりかは合わせるところを合わせていくとかもしていきたいなと思います。

FW河野朱里(スポ3=静岡・藤枝順心)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

前半の早い段階で点を取れたのは良かったんですけど、立ち上がりもあまり良くなかったですし、3点入れてから最後までの流れが全然良くなかったので、反省材料が多い試合だったなと思います。

――反省材料とは具体的にはなんですか

まず、特に後半なんですけど、細かいパスミスが多くて。ワンサイドでつまっちゃってる時に、そこを打開するイメージがみんなで共有できてなくて、そこのアイディアが足りなかったので、引いた相手に対して自分たちがどう崩していくかっていう戦術の共通理解を深めていかなければいけないなと思います。

――きょうのチームの雰囲気はいかがでしたか

あまり良い方ではなくて、最近失点してる試合ばっかりですし、練習もそんなに良い雰囲気ではやれてないので、次節にむけて練習の雰囲気というか一人一人の意識を個人で上げていかなければいけないなと思います。

――筑波大の印象は

いつも苦戦する相手で、引いてきて、でも足元がうまい選手が何人かいて、そこで崩されるイメージがあるので。やりにくい相手だなって印象です。

――先週から修正した点は

あんまり下がらないようにはしたんですけど、結局下がっちゃってて。みっちゃん(MF中村みづき副将、スポ4=浦和レッズレディース)とのコンビネーションを意識しました。

――きょうはハットトリックを達成しましたね

特に嬉しいとかはないですね(笑)。結果も大事ですけど自分は内容を充実させたいなって思ってます。

――1点目は試合開始から早い段階での得点でした

さっつー(DF三浦紗津紀、スポ3=浦和レッズレディースユース)が良いボールを出してくれたので。結構きょねんからあのパスコースを見てくれてるので、久しぶりにああいうゴールを決められたので良かったです。

――2、3点目はいかがでしたか

裏があいていて、相手はGKとDFの連携がうまく取れていなかったので、そこをつけたので良かったです。

――次節への意気込みをお願いします

相手には外国人選手が何人かいるみたいで、そういう身体能力が高い選手をどう抑えるかだと思います。その中でも自分たちがどう自分たちのサッカーをするかを今週の練習からつめて、きょうより良い試合をしたいと思います。

DF中田有紀(スポ2=兵庫・日ノ本学園)

――きょうの試合に向けて準備してきたことを教えてください

先週の試合は立ち上がりが悪くて失点してしまって、そこから立ち直すことはできたんですけど、90分間しっかり集中して自分たちのペースをつかめないと、高いレベルの試合になると負けてしまうと思うので、きょうもちょっと入り方が悪かったなというところもあって、そこは今回の試合も含めて改善しないといけないなと思います。

――きょうの試合について、全体的にはいかがでしたか

ほとんどボールは保持できていたんですけど、どこで攻撃のスイッチを入れるかとか、時間帯とか場所とか状況を考えて、もっと展開であったりビルドアップの部分でもっと賢くできるんじゃないかなと思います。

――ご自身の攻撃参加については

ディフェンダーなんですけど、攻撃参加は自分の取り柄だと思っているので、得点にはもっと関わっていきたいと思います。

――きょうの試合はその回数も多かったように思います。手応えなどいかがでしょうか

きょうの試合とかは自分たちがボールをほとんど持てていたので、高い位置を取れたんですけど、判断を早くしないといけないと思いますし、クロスを上げても点につながらなかったら意味が無いので、その精度にはこだわっていきたいなと思います。

――次戦に向けて

もちろん勝ちにはこだわって、でも前回も今回ももったいない失点をしてしまっているので、無失点で抑えて、内容にもこだわって、勝ちにいきたいと思います。