野球部

2017.04.24

東京六大学春季リーグ戦 4月23日 神宮球場

逆転許し、今季初黒星/立大2回戦

立大2回戦
慶 大
立 大 ×
(慶)髙橋佑、●土井、佐藤-郡司

 前日は再三好機を作りながらも悔しい引き分けとなった慶大。気持ちを切り替え、先勝を狙って2回戦に臨んだ。1点を先制された慶大は5回、打線がつながり逆転に成功するも、その後は立大投手陣を攻略できず。6回には土井涼(2年)が逆転2点本塁打を浴びるなど救援陣も踏ん張れず、2―4で今季初黒星を喫した。

 慶大の先発は東大2回戦でリーグ戦初勝利を挙げた髙橋佑樹(2年)。走者を出しながらも要所を締め、4回1失点と粘りの投球を見せた。一方、慶大打線は4回まで立大先発・手塚周(2年)に散発3安打に抑え込まれたが、5回、ついに反撃を開始する。この試合初めて得点圏に走者を進めると、代打・小原和樹(2年)の右前打で同点とした。なおも相手の失策で2死一、三塁となり、迎える打者は3番・柳町達(2年)。今季慶大打線の主軸を担う男は、相手投手の隙を逃さなかった。真ん中に入った甘い直球をたたき、一、二塁間を破る右前適時打。慶大が1点を勝ち越した。

リーグ戦初黒星を喫した2番手・土井

 逃げ切りを図り継投策に出た慶大であったが、2番手・土井が立大打線に捕まった。6回、先頭打者にこの試合初の長打を許し、1死三塁のピンチを迎える。ここで打席に立った立大の6番・山根佑太(4年)が放った打球は右翼ポール際へ。スタンドに届かないかと思われた打球は風に乗って予想以上に伸び、逆転の2点本塁打となった。再び反撃したい慶大打線だったが、7回以降は立大救援投手陣に無安打と完全に沈黙。8回にもダメ押しの1点を追加され、試合を決定づけられた。

ここ2日間は打線が本来の力を発揮できていない

 あと1点が遠かった1回戦に続き、2回戦でも7安打2得点と決定力を欠いた慶大。連打が生まれず機能しなかった打線、ここぞという場面で抑えることができなかった投手陣。ともに課題の残る結果となった。特に打線は3番・柳町、5番・郡司裕也(2年)がともに当たっているだけに、4番・岩見雅紀(4年)の奮起が求められる。6季ぶりの優勝を目指す上で、簡単に勝ち点を落とすわけにはいかないだろう。あすこそ慶大自慢の攻撃力で、立大から白星をもぎ取りたい。

(記事 松澤勇人、写真 久野映、境智鷹)

関連記事

決定力を欠き引き分けに終わる/立大1回戦(04/23)