ソフトボール部

2017.04.16

第49回春季リーグ戦 4月16日 埼玉・東京富士大学日高総合グラウンド

春季リーグ戦3連敗…。念願の初勝利はホームグラウンドで

TEAM
早  大
東女体大
●宮川、廣瀬―加藤
◇(三塁打)山内

 一勝が遠い。春季リーグ戦(リーグ戦)開幕から2連敗を喫した早大。リーグ戦の折り返し地点となる三試合目の相手は東女体大だ。この試合で白星をつけ、リーグ戦を3勝2敗と勝ち越してトーナメント制である特別ページシステムに入りたかったが、その願いは悔しくも夢へと消えた。

 立ち上がりを攻められ1、2回に1点ずつ失った先発・宮川眞子(スポ4=福島・帝京安積)。これ以上の失点は抑えたい3回、ボール先行の投球で四球を与えてしまう。無死満塁のピンチを迎えた時、早大ベンチからは宮川に向けて「自分のリズムで」という声援が。この声援に後押しされるように、宮川は投球を立て直す。「バックを信じて強気で投げることができた」と宮川が振り返るように、ストライクが先行して決まり始める。後続を凡打で打ち取り、無失点でピンチを切り抜けた。4回には東女体大打線を三者凡退に抑え、守備から攻撃へのリズムを作り出す。続く5回、内野ゴロで二人を打ち取り、この回も危なげなく守備を終えるように思われた。しかし、その後痛恨の3連打を許し、相手に2点の追加点を与えてしまう。宮川が試合の中盤で好投を見せていただけに、この2点は早大に重くのしかかった。宮川は5回で無念の降板。悔しさをにじませた。6回は廣瀬夏季(スポ2=北海道・とわの森三愛)がマウンドへ。廣瀬も宮川同様、立ち上がりを攻め込まれる。先頭打者に二塁打を許すと、2死三塁としたところで中前にボールを運ばれ1失点。投手陣の課題である「立ち上がり」は浮き彫りとなった。

3回、ピンチを切り抜け雄叫びをあげる宮川

 この日も早大打線は沈黙。5回までスコアボードには0の文字が並んだ。前回の試合のように、得点圏に走者を進めても返すことができない。好機をものにできたのは試合終盤の6回のみ。代打で出場した川崎楽舞(スポ2=千葉・木更津総合)が内野安打で出塁すると、続く4番・山内実咲(スポ4=神奈川・向上)が右翼手の頭を大きく超える適時三塁打を放つ。川崎も好走を見せ、この試合初得点をつかみ取る。5番・大庭由乃(スポ4=千葉・木更津総合)は四球を選び一、三塁にしたところで続く坂かれん(スポ4=愛知・星城)が中犠飛を放ち、山内が生還。その際、本塁への送球の間に大庭が二進を狙うと、相手捕手は一塁に悪送球。相手の守備が乱れているところで大庭もホームに帰り、スコアを3−4とした。その後も内野安打と相手の失策で同点の走者を三塁にまで進めるが、後続が続かず反撃はここまで。あと1点が遠かった。

好走を見せた川崎

 今季、まだ勝利を手にしていない。チームの課題について、宮川は「投手陣は立ち上がり、バッター陣はチャンスをいかにものにできるか」と指摘する。確かにこれまでの3試合、すべて初回に点を許している。打撃陣が不調の今、試合をロースコアの展開に持ち込まなければ勝利を挙げることは難しいだろう。守備から攻撃へ良いテンポを作り出せば、おのずと打線も応えてくれるはずだ。次戦は早大所沢グラウンドで行われる。ホームグラウンドである早大の地で、リーグ戦初勝利をつかみたい。

(記事、写真 中澤紅里)

コメント

宮川眞子(スポ4=福島・帝京安積)

――前回の試合から、きょうまで1週間ありましたが、主にどのようなことを練習してきましたか

チームとしてはより実戦に近い練習をやってきました。バッターだったり、走塁だったり、ピッチャーだったりとか、個人の能力をもっと上げていこうということで試合をイメージしながらやってきました。

ーー個人としては

前回の東京富士戦は、バッターに対する攻めの姿勢が自分の中で弱いものがあったので、イメージトレーニングから始めて、一球一級ボールの精度を上げていく練習をしてきました。

ーーきょうの試合を振り返ってみていかがですか

初回の点数を与えたくないという思いが強かったです。チームとしても初回の点数だけは与えないという目標で臨んで、私が点を取られてしまったので本当に悔しい思いでいっぱいですね。

ーー3回では無死満塁から無失点で切り抜けていましたが、その場面を振り返ってみていかがですか

バックが私たちバッテリーがどうやって打たせて取りたいかということを分かった上で守ってくれました。また、キャッチャーの加藤の配給が相手バッターの嫌なところを誘うような配給をしてくれたのでそこに感謝ですね。私はバックを信じて投げれたので、強気で攻めれたということが良かったと思います。

ーーチームの課題と投手陣の課題は

投手陣は絶対に点を与えないことです。今回のリーグ戦では無失点の試合がないので、無失点で試合を作るということ、初回に点をとらせないということですね。バッター陣はチャンスをものにできるように、ということがこれからの課題になっていくと思います。

ーー次の試合に向けて意気込みをお願いします

次の試合は、リーグ戦において早稲田でやる試合は最後なので勝って次の特別ページシステムに臨めるように2試合とも勝てるように頑張りたいです。