ア式蹴球部

2017.04.15

関東女子リーグ戦前期 4月15日~6月4日 早大・東伏見グラウンドほか

ア女の新シーズンがスタート 〜関東女子リーグ戦前期 展望〜

 ついに関東女子リーグ戦(関東リーグ)が開幕する。この大会、ア式蹴球部女子(ア女)は現在なんと8連覇中だ。昨シーズンはインカレ連覇を達成した一方で、関東大学女子リーグ戦のタイトルを逃すなど悔しさも味わった一年間となった。新体制となって初めて臨むリーグ戦。どのような戦いが繰り広げられるのだろうか。

 「すべての大会において優勝する」と今季の目標を語るのは、新主将に就任したDF松原有沙(スポ4=大阪・大商学園)。圧倒的なフィジカルの強さと、高い技術力でチームを率いる。そして、松原とともにチームの司令塔として期待されるのは昨季、ゲームキャプテンを1年間通して務めたMF中村みづき(スポ4=浦和レッズレディース)だ。この2人はともにU-23日本代表に選出され、スペインでの国際大会に出場を果たしている。また、インカレ決勝で逆転弾のきっかけを演出するなど、安定した活躍を見せるDF奥川千沙(スポ4=静岡・藤枝順心)や、チームのエースストライカー・FW河野朱里(スポ3=静岡・藤枝順心)をはじめとして、多くの選手が公式戦の出場経験が豊富であり、チームとしての成熟度はかなり高い。そしてこれに加えて「現時点で即戦力となりうる」というように福島廣樹監督(昭45教卒)もその高いレベルを認める新入生が8名加入。チーム内でのレギュラー争いはし烈を極めていると予想される。これまで作り上げてきたア女のサッカーと新戦力との融合で起こる化学反応が今から楽しみだ。

主将となった松原のプレーに今シーズンも注目

 タイトルをかけて争うのは関東リーグに所属する7チーム。浦和レッズレディースユースや、ジェフ市原・千葉レディースU-18、日テレ・メニーナ、関東学園大学、東京国際大学、筑波大学、そして昇格組ではあるもののインカレでは準決勝進出を果たしている神奈川大学、といったように強豪ぞろいだ。特に注目のカードは2年連続ア女に次いで2位に終わっている浦和レッズレディースユースとの初戦。9連覇を達成するにはなんとしても勝ち点3をとり、波に乗りたいところだ。

 今シーズン、チームが掲げたスローガンは『勇志頂戦』。すべての大会で優勝するという『勇ましい志』を持ち、頂を目指して必死に戦うその姿を、その笑顔を――。1秒たりとも見逃すな。

(記事 篠原希沙、写真 篠原希沙・新庄佳恵氏)

ア女の弾ける笑顔をことしも多くの人が心待ちにしている

早大の対戦日程は以下の通り。


関東女子リーグ戦前期日程

第1節 神奈川大戦

4月16日(日) 11:00 K.O.

@早大・東伏見サッカー場


第2節 筑波大戦

4月23日(日) 11:00 K.O.

@茨城・筑波大学第一サッカー場


第3節 東京国際大戦

4月29日(祝) 11:00 K.O.

@早大・東伏見サッカー場


第4節 関東学園大戦

5月13日(土) 11:00 K.O.

@群馬・関東学園大学グラウンド


第5節 日テレ・メニーナ戦

5月21日(日) 11:00 K.O.

@早大・東伏見サッカー場


第6節 ジェフ市原・千葉レディースU-18戦

5月27日(土) 14:00 K.O.

@早大・東伏見サッカー場


第7節 浦和レッズレディースユース戦

6月3日(土) 16:05 K.O.

@埼玉・浦和駒場スタジアム