ソフトボール部

2017.04.09

第49回春季リーグ戦 4月9日 埼玉・東京富士大学日高総合グラウンド

『決定力』に課題。開幕2連敗を喫する

TEAM
早  大
国士館大
●廣瀬―加藤
◇(二塁打)山内

 小雨が降る中、春季リーグ戦の第2戦が行われた。この日は好投手を要し、堅守が持ち味の国士館大と対戦。確実に好機をものにした国士館大に対し、早大はこの日もあと一本が出なかった。『決定力』の無さが際立ち、廣瀬夏季(スポ2=北海道・とわの森三愛)の完投もむなしく惜敗。今季初勝利はまたもお預けとなった。

 勝敗を分けたのは『決定力』の差だった。走者を二塁以上に進めて迎えた好機は両者共に三度ずつ。総安打数も同数の7本。内容だけ見れば差のない試合のはずだった。だが、早大はことごとくチャンスをものにすることができなかった。最大の好機は、3連打で無死満塁とした4回の攻撃。2点を先制され、何としても追いつきたい場面だった。しかし、後続が三振と飛打死に倒れ、得点は押し出しの1点のみ。ベンチの盛り上がりは一気にしぼんでしまった。先発の廣瀬も「あと一本が出ない」と、試合後に嘆いた。

チーム唯一の二塁打を放った山内

 先発した廣瀬の課題は「低めへの制球」だ。初回は安易に投じた真ん中高めの緩い球をレフト線へ。6回には高めに浮いた直球をとらえられ、あわや左中間スタンドに入る二塁打を。得点を許した回はそれぞれ、真ん中から高めに浮いた球を痛打されていた。ピンチを最少失点にとどめ、力投を見せた廣瀬だが、勝利にはこれ以上の投球が必要だ。次回は打線をも感化する廣瀬の完封劇で、今季初勝利をつかみとってほしい。

決定力に欠け、悔しさをにじませる角頼

 『決定力』の無さ。これが、現段階でのチームの課題だろう。ここ2試合で挙げた得点はわずかに3点、残塁は21。この数字から見ても明らかだ。しかし、それを自覚し、立ち向かおうとする意識がこの試合で見えた。それを示しているのが、4回の山内実咲(スポ4=神奈川・向上)からの3連打だ。これまでは見逃しが多く、すぐに追い込まれていた早大打撃陣であったが、この3連打はボール先行の早いカウントから打ちにいったことでつながった。「いい方向に向かっている」と山内も話し、チームは一歩ずつ前に進んでいるという。1週間後の16日こそは、今季初白星をつかんでほしい。

(記事 本田京太郎、写真 中澤紅里)

コメント

山内美咲(スポ4=神奈川・向上)

――きょうの試合はどのような意気込みで臨まれましたか

吉村先生から、自分達からなんとか点を取って勝っていこうという勝負の姿勢が見えないという話をいただいて、結果的に見逃し三振とか、ツーストライクまで見にいってしまうというのが目立ったので、もっと初球から勝負にいって点を取るというのをチームの統一の意識として試合に向かいました。

ーー試合を振り返ってみていかがですか

私の最後の打席以外はチーム全体で前に向かっていけていましたし、バッター同士の繋がりもあって、得点につながっていたと思います。守備に関しても野手の連携は取れていました。いい方向に向かっているとは思います。

ーー打線の状態はいかがですか

個々の打力は冬の遠征で上がっているというのはチーム全体で実感できているので、やはりあとは公式戦でいかに今まで練習でやってきたことを出せるかという勝負強さを課題に取り組んで行かないと勝てないと思います。リーグ戦があって、トーナメント戦(特別ページシステム)に入るのですが、リーグ戦で打てる自信をみんなでつけて結果を出していきたいですね。

ーー個人の状態としては

3月に関西遠征をしましたが、その時からバッティングの状態は良いです。ただ、場面の緊張感とかに対応していけるように来週から頑張っていきたいです。

ーー次戦への意気込みをお願いします

ここから一週間、チームで練習して残されている試合を勝って特別ページシステムに臨みたいです。練習から緊張感を持って結果を出したいと思います。

廣瀬夏季(スポ2=北海道・とわの森三愛)

――本日の試合を振り返ってみて

初回に先頭打者を出塁させてしまって、リズムをつかめないまま、3番打者に真ん中に甘く入った緩い球をレフト線に打たれました。あの一本は自分の中で後悔しています。その打席の勝負は、もっと違うかたちでできたんじゃなかと思っています。そこがきょう一番の課題ですね。

――投球内容をどう評価されていますか

全体的に見ると、課題の残る内容だったなと思います。要所要所はいいところもあったのですが、課題の方が目立ってしまいますね。その課題を春季リーグ戦(リーグ戦)で潰していって、その先のページシステムではもっといい内容の投球ができたらいいなと思っています。

――課題は

ボールの高さですね。打者の膝元にボールを投げる。何球か、浮いた球があると、得点に絡んでしまうことがあるので…。これがリーグ戦のテーマですね。

――冬場はどういったトレーニングをされたのでしょうか

走ることを意識しました。とにかく走って、ウエイトトレーニングにも力を入れました。主に下半身強化ですね。ボールの質やスピードで、その成果を感じられたので良かったです。

――廣瀬選手から見たチームの現状は

秋季リーグ戦の時よりも、安打数やチャンスの数は多くなってきていると思います。ただ、あと一本が出ない。これからはそこに、こだわっていきたいですね。

――明日以降への意気込みを教えてください

きょうの反省やこれまでの反省を含めて、一つでも課題を潰していって、きょうよりも最少失点で抑えていきたいです。