アーチェリー部

2017.03.29

関東学生リーグ戦 男子第1戦 3月26日 神奈川・明治学院大Bレンジ

王座獲得への第一歩。リーグ開幕戦を白星で飾る

 気温9度。3月下旬とは思えない冷たい雨が降りしきる中、関東学生リーグ戦(リーグ)が開幕した。全日本学生王座決定戦(王座)の出場権が懸かる今大会。厳しいコンディションの中、東京電機大を3788-3522で下し、大事な初戦を勝利で飾った。

 この日の明学大レンジは朝から雨が降り、冷え込んでいた。あいにくの天候での一戦となったが、早大勢は着実に点数を積み重ねていく。50メートルで輝きを放ったのは鬼塚聡(スポ3=千葉黎明)。「(50メートルは)最近の練習でも調子が良かった」という言葉通りの実力をみせ、全選手トップとなる317点をたたき出した。1773-1506とリードして迎えた後半の30メートル。野村翼(スポ3=愛知・岡崎北)が本領を発揮する。50メートルでは点数が伸びなかった野村だったが、30メートルでは30金を連発。30メートル、総合得点ともに出場選手のうち最も高い得点を記録し、チームに大きく貢献した。

大車輪の活躍をみせた鬼塚

 鬼塚、野村を中心に、2年生から4年生まで幅広い選手層で戦ったこの試合。昨年からリーグ戦に出ていたメンバーも多く、その経験を生かして、状況が悪い中でも大きく点数を落とさずまとめ上げる。終わってみれば266点という大差をつけての勝利となった。しかし、「もう少し点数は欲しかった」(池田亮主将、人4=東京・国際)、「まだまだ伸びる余地はある」(鬼塚)と、満足はしていない。約1カ月半に及ぶ過酷なリーグ戦を戦い抜く決意を感じられた一戦となった。

全選手で力を合わせ、リーグ戦を戦い抜く

 次週は4月に入るため、新1年生を迎えての一戦となる。池田は「4年生が中心になって、新入生やあまり試合経験のない2年生の点数を上げていけるようなチームになれたら」と語った。選手、応援が一体となって盛り上がる持ち前の雰囲気の良さで、勝利を積み重ねていきたい。

(記事、写真 吉田優)

結果

▽男子

○早大3788-3522東京電機大

コメント

池田亮主将(人4=東京・国際)

――きょうからリーグ戦が始まりましたが、第1戦を振り返ってみていかがですか

コンディションがかなり悪かったので試合としてはやれて良かったなという感じなのですが、かなり体力を消耗してしまったので第5戦までちゃんと持つか不安な試合になってしまいました。

――雨や寒さに関しては何か対策はしていたのでしょうか

きのうは雨の対策は部員にも言っていてみんなやってくれていました。ただ寒さに関してはきのうから4度しか落ちてなかったんですけど、雨も風もあって体感としては10度くらい落ちていたのでそこの対策が甘かったかなと思います。

――ご自身の成績は振り返ってみていかがですか

珍しく調子が悪かったのがすごい印象的でした。感覚としては良かったんですが、雨で矢飛びが見えなかったりとかでちょっとずつ点数を落としてしまったのがこういった結果につながってしまったのかなと思います。

――チーム全体としてはいかがですか

雨試合っていうのもありますけど、もう少し点数は欲しかったです。いまの実力はこんなものなのかなという気がします。

――メンバーには後輩が多かったですが、どのように引っ張っていくかなど考えているところはありますか

下の代は多いですがみんな協力的で頼もしいですし、自立していて自分で考えて打ってくれているので、引っ張っていくという意識はあまりないです。僕はラクに打てているかなと思います。

――来週以降の意気込みをお願いします

来週から新1年生が入ってくるんですけど、そうなるとワセダの雰囲気が分からなかったりですとか、試合で緊張してしまうところがあると思います。その中で自分がしっかりサポートしてあげたりですとか、4年生が中心になって新入生やあまり試合経験のない2年生の点数を上げていけるようなチームになれたらいいと思います。

鬼塚聡(スポ3=千葉黎明)

――リーグ戦が始まりましたが、初戦を振り返ってみていかがですか

試合に勝てたことはよかったのですが、天候もありチームとして点数があまり出ませんでしたし、僕も30メートルで点数が落ち込んでしまいました。これからまだまだ改善する点があると思うので、順位決定戦まで頑張っていきたいと思います。

――雨に関しては何か対策はしていましたか

濡れても大丈夫なように準備はしていました。雨に関してはそんなに気にならなかったです。

――寒さはどうでしたか

手がかじかんでしまうので、最低限手だけは守ってやることを気をつけていました。

――50メートルは点数も良かったと思いますがいかがでしたか

50メートルは最近練習でも調子が良くてそれを試合でも発揮できたのは良かったんですけど、最終エンドで少し点数を落としてしまったのでまだまだ伸びる余地はあると思います。

――来週以降への意気込みをお願いします

まず30メートルはあまり当たっていないのでそこの点数を伸ばしていきたいです。東日本(全日本学生東日本)獲得に向けてチームの目標点数を達成できるように頑張りたいです。また第5戦が一番重要になってくると思うので、そこに向けて調整していきたいと思います。

王座への第一歩。リーグ開幕戦を白星で飾る