卓球部

2017.03.02

第69回東京選手権 3月2日 東京体育館

春の熱戦がスタート!男子ダブルス3組はそろって4回戦へ

 今季最後の戦いである東京選手権がことしも開幕。早大勢は、男女ダブルスの1~3回戦が行われる2日目からの登場となった。女子ダブルスでは3組が姿を消す中、板尾佳歩(社3=岐阜・富田)・加藤夏海(社3=秋田商)組が快進撃を見せ3回戦を突破。一方、男子ダブルスの3組は順調に勝ち上がり、そろってあすの4回戦に駒を進めた。

 関東学生新人戦でベスト4入りを果たした伊藤鮎美(スポ1=愛知みずほ大瑞穂)・澁谷京香(文構1=東京・早実)組。期待された今大会は初戦こそ積極的な攻めでストレート勝ちを収めたが、2回戦では一転して流れをつかめず。社会人相手に1ゲームも奪うことができなかった。関東学生リーグ戦(リーグ戦)でダブルスを任されるほどの実力を持つ2組も、強豪ペアを攻略できず早々に敗退。そんな中、抜群のコンビネーションを見せたのは板尾・加藤組だった。1、2回戦共に第1ゲームを落とすが、第2ゲーム以降は立て直す。勝利を呼び寄せたのは板尾のサーブだ。絶妙なサーブで相手レシーブの体勢を崩し、加藤が両ハンド攻撃でチャンスボールを確実に仕留める。フルゲームまでもつれた3回戦でもその攻撃パターンを貫き、価値ある3勝を挙げた。

3回戦進出を決めた板尾(左)・加藤組

 男子ダブルスの3組はいずれも好スタートを切った。中でも、今大会が早大のユニフォームを着て臨む最後の舞台となる高田直騎(スポ4=福岡・希望が丘)が、気迫あふれるプレーを披露。昨季もペアを組んだ坂内拓也(スポ3=東京・実践学園)と共に1回戦から息の合った攻撃を展開し、2、3回戦では圧巻のストレート勝ちを収めた。4回戦敗退となった昨季以上の成績を残し、有終の美を飾りたい。また、2回戦から登場した竹岡純樹(スポ3=青森山田)・硴塚将人(スポ1=東京・エリートアカデミー/帝京)組、リーグ戦でもダブルスを務める上村慶哉主将(スポ3=福岡・希望が丘)・平野晃生(スポ2=山口・野田学園)組も危なげなく勝利を重ねた。あす、それぞれがランク入りを目指し戦う。

高田・坂内(左)組は競ったゲームを次々とものにし、あすへと駒を進めた

 あすの女子ダブルスは4回戦から登場する阿部愛莉(スポ2=大阪・四天王寺)・徳永美子(スポ2=福岡・希望が丘)組はもちろん、板尾・加藤組、そしてこの日庄司有貴(専大)とのカットマンペアを組み奮闘した佐藤風薫(スポ4=岡山・就実)の活躍にも注目だ。また、いよいよ始まるシングルスの戦いからも目が離せない。シーズンを締めくくる熱戦は、まだまだ続く。

(記事 川浪康太郎、写真 橋本望)

結果

▽男子ダブルス

1回戦

◯高田・坂内組3―1池田(鶴岡第二中)・鈴木(鈴木卓球)組

2回戦

◯高田・坂内組3―0K.Townsend・W.Townsend(KabaritaBeachTTC)組

◯上村・平野組3―1後藤・水谷(百五銀行)組

◯竹岡・硴塚組3―0川上・村上(松商学園高)組

3回戦

◯高田・坂内組3―0岩本・宮上(希望が丘高)組

◯上村・平野組3―0米村・葛西(東奥学園高)組

◯竹岡・硴塚組3―2宮本・田原(愛工大名電高)組

▽女子ダブルス

1回戦

◯板尾・加藤組3―1牧野・平井(就実高)組

◯伊藤・澁谷組3―0岩田・古池(明誠高)組

◯金子・鎌田組3―0小山(一関クラブ)・千葉(一関第二高)組

2回戦

◯佐藤・庄司(専大)組3―1笹岡(立命大)・神林(新産大付高)組

◯田中・鳥屋組3―1内山・横山(立命大)組

◯板尾・加藤組3―1松山・増田(百十四銀行)組

●伊藤・澁谷組0―3島田・久松(愛媛銀行)組

●金子・鎌田組0―3石塚・松村(アスモ)組

3回戦

◯佐藤・庄司(専大)組3―0森谷(日南学園高)・多武(金城大)組

◯板尾・加藤組3―2小鉢(長田卓球クラブ)・大田(長崎大)組

●田中・鳥屋組1―3後藤・池上(東京富士大)組

コメント

高田直騎(スポ4=福岡・希望が丘)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

坂内(拓也、スポ3=東京・実践学園)は就職活動中で自分はもう引退したので、二人で練習する時間があまり取れなくて、大会の2、3日前から練習をしました。それでも自分たちができることを全力でやろうということで、きょうの試合を戦いました。

――フォアが特にさえていたように感じました

自分はダブルスでもシングルスでもそんなにバックを振る方ではないので、とりあえずしっかり動いてフォアで得点を決めていくことが自分にできることでした。なので、とにかく足を動かしました。

――3回戦は、競って勝ち取る展開が多かったですが、勝敗を分けたのは何だったと思いますか

相手が自分の母校の選手だったので、最初は少しやりづらいなと思っていました。でもやっている中で相手の弱点が見えたり、自分たちにできることがでてきたりして、最終的にはうまく戦術を取って勝つことができたと思います。

――ダブルスのこの大会での目標を教えてください

とりあえず一つずつ頑張るというのが目標です。どの試合も苦しくなると思うんですけど、二人でできることをまずやっていって、それが勝利につながっていけばいいかなと思います。

――エンジのユニフォームを着て出場する最後の大会ですが、特別な思いはありますか

エンジのユニフォームを着ている最後の機会だからこそ、楽しんでやれたらいいなと思います。

――次戦に向けて意気込みをお願いします

多分次は実業団の選手が相手で、自分は来年からも当たることになるかもしれません。相手の方が強いかもしれないですが、二人で力を合わせて戦っていきたいと思います。

板尾佳歩(社3=岐阜・富田)・加藤夏海(社3=秋田商)組

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

板尾 最初の1試合は緊張して力が入ってしまってなかなか自分たちの展開に持っていけなかったのですが、1ゲーム取ってからは冷静になって自分たちの力を出すことができました。

加藤 1回戦は板尾と同じような感想でした。3回戦は韓国人選手と当たるはずだったのですが、棄権して違う選手と当たることになって、チャンスだと思った部分があって力が入ってしまいました。最後は組み立て直して勝てたので、そこはすごく大きかったです。

――ダブルスを二人で組むことはよくあるのですか

加藤 1年生の時に一度組んで、2年生の時はそれぞれ違う人と組んで、また3年生から組み始めました。この1年はよく試合に出ていました。

――戦術としてはどのような部分を意識していましたか

加藤 役割としては自分が決めにいって、板尾がブロックとかでつないで、というパターンです。

――特に板尾選手のサーブが効いていたように見えましたが、手応えはありましたか

板尾 きょうはすごくサーブが効いて、そこから自分たちの心に余裕が生まれたことが良かったですね。こんなに効くとは思っていなかったです。

――フルゲームとなった3回戦の第5ゲームはどんな心境でしたか

加藤 ミスしてもいいから思い切り打って、中途半端なボールはやめようと思って臨みました。

板尾 取られていたゲームが同じ取られ方だったので、出だしが勝負だなと思って、こっちが先に5点取れればあとは思い切って戦うだけだと思っていました。

――最後に、あすに向けた意気込みをお聞かせください

加藤 あしたの相手はどんどん振ってきてパワーもある選手なので、それに萎縮せずに自分たちのペースで試合ができたらいいなと思います。

板尾 これまで自分たちが練習して取り組んできたことをしっかり出し切って、いつもの自分たちの力が出せたらいいなと思います。頑張ります。

伊藤鮎美(スポ1=愛知みずほ大瑞穂)・澁谷京香(文構1=東京・早実)組

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

渋谷 1回戦勝ったことで気持ちに余裕ができてしまいました。2回戦はそういったスキを見せてしまったと思います。

伊藤 相手にリードされたり、自分たちがリードしていて追い付かれそうになったりしたときに、焦ってしまいました。

――1回戦はファイナルゲームで逆転していましたが、どのように修正していったのでしょうか

渋谷 第3ゲームの序盤はお互いに凡ミスがあったんですけど、後半は一球一球つなげることに集中して、相手よりも一本でも多くとれるように意識しました。

伊藤 出だしはレシーブとか早い段階での凡ミスだったので、とにかく入れて自分たちが得意なパターンにもっていこうと思いました。

――2回戦は日本リーグ1部に属するチームの実業団選手が相手でした。学生相手との違いは感じましたか

渋谷 第1ゲームリードしていたんですけど、そういう場面でもあまり焦ったプレーがなくて、常に冷静に試合を進めていると感じました。精神的な面で違いを感じました。

伊藤 相手は本当に凡ミスが少なくて、どの場面でも自分たちのプレーに徹していた印象です。そこに自分たちとの差を感じました。

――伊藤選手のカットから、澁谷選手のドライブで得点を決める場面が多く見られた印象でしたが、自分たちのプレーはあまり発揮できなかったということでしょうか

渋谷 序盤は結構ドライブも入って伊藤のカットも入っていい感じだったんですけど、後半になると相手にリードされた焦りもあってドライブもあまり入らなくなってしまいました。

――どのような収穫を得ましたか

伊藤 私たちはまだ練習の段階でも凡ミスが多いので、それをまずは減らすことだと思います。

渋谷 得点できるパターンをもう少し増やさなければならないなと思いました。