ラグビー部

2017.02.24

早大から3名がジュニア・ジャパンに選出!

 日本ラグビーフットボール協会は22日、ワールドラグビーパシフィック・チャレンジ2017の遠征メンバーを発表。早大からは、SH齋藤直人(スポ1=神奈川・桐蔭学園)、SO岸岡智樹(教1=大阪・東海大仰星)、CTB中野将伍(スポ1=福岡・東筑)が選出された。

 昨季の関東大学対抗戦、全国大学選手権では1年生ながら主力として活躍した3人。素早い仕掛けに加え、キックにも優れる齋藤直は、昨年の代表選出に続き日の丸を背負うことになった。岸岡は視野が広く、鋭い判断が持ち味。時機を見てのランプレーも光り、司令塔として世界を相手にどのように戦うのか楽しみな選手だ。中野将は高校2年時にジュニア・ジャパン入りを果たすなど、常に世代のトップとして戦ってきた。世界にも引けを取らないフィジカルと突破力を持ち合わせており、本大会での活躍に期待がかかる。

着実に国際試合の経験を積んでいる齋藤直。日本を勝利へ導けるか

 3月10日から3月18日までフィジーで行われる本大会。サモア、フィジー、トンガと、屈強なフィジカルを持つ強豪国との対戦が決まっている。昨年度のジュニア・ジャパンは、初戦のトンガA戦で勝利を収めたものの、その後の試合は全敗。レベルの高い大会だけに今回も厳しい戦いが予想されるが、強豪国との戦いを経て、さらなる成長を遂げてほしい。

(記事 本田理奈、写真 稲満美也氏)