スキー部

2017.02.23

第90回全日本学生選手権 2月22日 青森・大鰐温泉スキー場

逆転優勝に向けて前進

 男子が快進撃を見せたこの日は、女子の活躍も目立った。快晴の中行われたアルペン大回転で、小川彩也香(社3=北海道・札幌第一)がスピード勝負を制し優勝。10キロフリーでは悔しい結果となったクロスカントリー女子。5キロクラシカルでは、表彰台は逃したものの、出場した4人中3人が入賞した。この結果、早大は2位に浮上した。

★好調の小川が優勝!中澤、片桐も入賞を果たす

3種目のどれかで優勝するという目標を達成した小川

 早大から5選手が出場したアルペン女子大回転では小川が見事優勝を果たし、総合優勝を目指すチームに大きく貢献した。前日までとは打って変わって晴天に恵まれた3日目。1本目を終えて出場した5選手全員が入賞圏内に食い込み、2本目へ向けて良い流れをつくる。その中で輝きをみせたのが、2日前のスーパー大回転で3位になった小川だ。最も得意であるという大回転種目でも好調ぶりを発揮。2本とも好タイムでまとめ、「ずっと勝ちたいと思っていたレースで勝てて良かった」と笑顔をみせた。また中澤真緒(商3=長野・佐久長聖)が5位、片桐成海(スポ1=北海道・北照)が7位と揃って入賞し、多くのポイントを獲得した。アルペン競技で残すは最終日の回転種目。さらなる活躍に期待したい。 

(記事 吉田優、写真 松富リサ)

★表彰台を逃すが、意地を見せたレースに

表彰台まであと一歩の結果となったルーキー佐藤

 前日のクロスカントリー女子10キロフリーは上位に食い込めず、不完全燃焼に終わった早大。この日行われる女子5キロクラシカルで、悔しさをぶつけ全力の走りを見せた。佐藤葵(スポ1=秋田・北鷹)は4位でフィニッシュ。渡邉祐佳(スポ2=長野・飯山)も5位と、前日から順位を大幅にアップさせた。佐藤は3位と2秒差と惜しくも表彰台には届かず。「登りを終えてからの平地で全然進んでいく感じがしなかった」とレースを振り返り悔しさを見せた。クロスカントリー女子の最終種目は女子3×5キロリレー。昨年から大きくメンバーを変えて挑むレースとなるが「ワセダという名をとどろかせたい」(佐藤)と気合は十分。女子の総合順位は現在2位。女子総合6連覇のためには、リレーでの活躍が不可欠だ。

(記事 加藤佑紀乃、写真 松富リサ)

入賞し、笑顔を見せる若手の3人

結果

▽女子暫定順位

1位 日大 68点

2位 早大 49点

3位 東海大 43点

4位 日体大 30点

▽クロスカントリー女子5キロクラシカル

4位 佐藤 16分9秒4

5位 渡邊 16分11秒4

10位 酒井結衣(スポ1=北海道・富良野)16分30秒1

23位 境美月(社2=富山・南砺平)18分47秒1

▽アルペン女子大回転

優勝 小川 1分58秒94

5位 中澤 1分59秒82

7位 片桐 2分0秒44

26位 西村紗英(社1=長野・白馬)59秒18

DNF 大森芽萌(スポ3=北海道・藻岩)
DNF 石島瑶子(スポ1=北海道・北照)

小川彩也香(社3=北海道・札幌第一)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

ずっと勝ちたいと思っていたレースで勝ててよかったです。

――1本目の感触はいかがでしたか

スタート順が10番と遅かったのですが、早い方が有利な中で10番という良くはないスタート順からは良いタイムが出せたと思います。

――2本目で何か変えたところはありますか

特にはなくて、自分の滑りをしようと思って滑りました。

――天候や雪の状態はいかがでしたか

きのうの男子よりも雪の状態は落ち着いていて、コースは荒れてはいたけどそこまで気にすることなく滑れました。

――先日のインタビューで大回転は得意種目だとおっしゃっていましたが、やはり優勝を狙っていたのでしょうか

そうですね。この種目が一番勝ちたいという気持ちが強かったです。

――2本目の滑走前にコースアウトの選手が何人か出てしまっていましたが、そこでの動揺はなかったですか

同期の大森芽萌(教3=北海道・藻岩)がケガしてしまったという情報は入っていたんですが、そこは何も考えずにいつも通り滑ろうという気持ちだけを持って滑りました。

――3日間を終えてチームの雰囲気はいかがですか

きょうは1本目を終えてアルペン5人とも入賞圏内に全員いて、アルペンは2本揃えなきゃいけない種目なのでケガや転倒とかもある中で、難しいけどチームの雰囲気としてはみんなで入賞しようという良い雰囲気です。

――最終日へ向けて意気込みをお願いします

最終日もいまの調子を保って優勝目指して頑張ります。

佐藤葵(スポ1=秋田・北鷹)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

昨日悔しかったので、きょうは表彰台を目指して頑張ってやっていこうと思っていましたが、3位に2秒差という結果になってしまって悔しいなと思っています。

――3位とは2秒差でした

3位の選手が自分の後ろからのスタートだったので、タイムもわからない状況でした。でも、もう少しあそこ頑張れたかなって思うところはあったので、そこが悔やまれる部分ですね。

――具体的にどの部分でそのように思ったのでしょうか

そうですね、登り終わってからの平地が、全然進んでる感じがしなくて。みんなそうだと思うんですけど、そこがもっと頑張れたらいけたかなって感じはします。

――きのうのレースと比べてきょうの出来栄えはいかがですか

そうですね、きのうは全然いいところがなかったという感じだったのですが、得意不得意ではないんですけど、きょうの種目の方が(良い)成績が出るって自分では思っていたので、自信を持っていけたと思います。

――最後に、リレーに向けての意気込みをお願いします

そうですね、どこの大学も強い選手が揃ってますが、ワセダという名を轟かせることができるように、優勝目指して頑張りたいと思います。