スキー部

2017.02.22

第90回全日本学生選手権 2月21日 青森・大鰐温泉スキー場

入賞者が出るも、総合優勝に黄色信号

 全日本学生選手権(インカレ)2日目のきょうは、3競技が行われた。アルペン男子大回転で廣島聖也(スポ4=北海道・双葉)が最後のインカレで意地を見せ、5位に入賞。ここ3年、早大の選手が優勝していたクロスカントリー女子10キロフリーでは、2人が入賞したものの表彰台には立てず。ライバルの日大にポイントで大きく差をつけられた。ジャンプ競技は悪天候の行われ、女子では小林諭果(スポ4=岩手・盛岡中央)が2位、男子は山元豪主将(スポ4=富山・雄山)が6位と4年生が実力を発揮した。しかし、男女ともにライバル校に大きく点差を離され、アベック総合優勝に向けては厳しい状況となった。

★廣島、自らの役割を果たし5位入賞

ベストを尽くした廣島

 アルペン競技の大回転では、廣島が4年生らしい堅実な滑りをみせた。就活の影響による練習不足を懸念していた廣島だったが、1本目の滑走で2位と好位置に付ける。続く2本目では順位を落としたものの5位入賞を果たし、「いまの僕の状態ではベストだった」と振り返った。残るは2日後の回転種目。「一番得意な種目なので、優勝目指して頑張ります」と力強く語った廣島の、大学生活最後の滑りに注目だ。

(記事 吉田優、写真 松富リサ)

★インカレデビューは悔しい結果に

悪天候の中、懸命に走る渡邊

 クロスカントリ−女子10キロフリーに、早大から4選手が出場した。精神的支柱である滝沢こずえ(スポ3=長野・飯山)が不在の中、期待が集まったのは、渡邉祐佳(スポ2=長野・飯山)だ。自身初のインカレに、「すごく緊張した」と語った渡邉ではあるが、1週目は上位に食い込み、理想的なレース展開に。しかし、2周目にまさかの失速。序盤に見せた好走が体力を奪い、最後まで粘り切ることができなかった。初めてのインカレは、10位という悔しい結果に。この種目で早大最高位をマークしたのは、ルーキー佐藤葵(スポ1=秋田・北鷹)。9位と健闘したものの、「ちょっとまわりが速かった」とふりかえる佐藤。インカレのレベルの高さを痛感した。表彰台を狙っていただけに、不本意な結果で幕を閉じた10キロフリー。この悔しさをバネに、さらなる飛躍を遂げてほしい。

(記事 中澤紅里、写真 杉野利恵)

★4年生が実力を発揮

最後のインカレにのぞんだ小林

 天候に左右されたジャンプ競技。女子スペシャルジャンプでは小林が昨年に続いてことしも2位となった。直前に行われたユニバーシアードで銀メダルを獲得し、勢いにのっていた小林。条件が悪い中で安定したジャンプを2本そろえ、結果について本人も「順当」と振りかえった。男子スペシャルジャンプは、雪の影響で2本目が中止となり、1本目の記録のみで順位が付けられることに。早大からは6名が出場し、山元豪が6位、ルーキーの山本涼太(スポ1=長野・飯山)が9位に入賞。翌日のノルディック複合に流れを呼び寄せる結果となった。

(記事、写真 松富リサ)

結果

▽男子暫定順位

1位 東海大 68点

2位 日大  33点

3位 早大  32点

4位 明大  24.5点

▽男子スペシャルジャンプ

6位 山元豪 100点

9位 山本涼太(スポ1=長野・飯山)  91.5点

11位 傳田英郁(スポ1=長野・飯山) 87.0点

16位 山元一馬(スポ2=富山・雄山) 83.5点

19位 神島実孟(スポ4=青森・五所川原農林) 74.5点

23位 近田隼人(スポ3=山形・下川商) 69.0点

▽アルペン男子大回転

5位  廣島聖也(スポ4=北海道・双葉)2分0秒27

19位 吉田圭汰(スポ2=北海道・北海学園札幌) 2分3秒67

22位 中平賢郷(スポ1=青森・東奥義塾) 2分4秒27

30位 成田伊織(スポ4=北海道・札幌第一)2分5秒15

55位 押切凌(スポ1=北海道・札幌第一) 2分9秒81

▽女子暫定順位

1位 日大 45点

2位 東海大 20点

3位 同志社大 17点

4位 早大 14点

▽クロスカントリー女子10キロフリー

9位 佐藤 36分42秒3

10位 渡邊 36分56秒1

11位 酒井結衣(スポ1=北海道・富良野)36分59秒6

▽女子スペシャルジャンプ

2位 小林 200点

廣島聖也(スポ4=北海道・双葉)

――きょうのレースをふりかえっていかがですか

きょうは1本目が2番で行けるかなとは思ったんですけど、就活で練習不足だったのもあって自信はなくて、最終的に5番に入れたので自分の仕事はできたかなという感じです。

――結果については満足しているということでしょうか

そうですね。いまの僕の状態ではベストだったんじゃないかなと。

――雪の状態はいかがでしたか

雪は柔らかい雪であんまり良くはなかったんですけど、1本目僕が1番(滑走)だったのでそんなに影響はなかったかなという感じです。

――きのうのスーパー大回転は途中棄権でしたが、そこからどう切り替えましたか

切り替えたという感覚はないんですけど、スーパー大回転自体練習もできてなかったので自分のやってきたことがそのまま返ってきたなという感じで落ち着いていました。それとは別にきょう頑張ろうという感じですね。

――アルペンチーム全体の結果をみていかがですか

去年とか一昨年まではスーパー大回転とか大回転の方が成績が良かったので、まだエンジンが掛かってないなという感じで。男子は残り1本だけですけどまだまだこれからだなと。

――先程就活で練習不足だったとおっしゃっていましたが、競技とはどのように両立されていたのですか

僕の中では毎日当たり前のように練習しているメニューはちゃんとやっていて、追加で練習するというのが去年まではあったんですけど、それができませんでした。特に意識して両立させていたというのはなくて、競技は競技、就活は就活でやっていたという感じです。

――最後に回転へ向けての意気込みをお願いします

回転が僕の中では一番得意な種目なので、最低でも表彰台には上れるかなと思っています。優勝目指して頑張ります。

渡邉祐佳(スポ2=長野・飯山)

――今日の試合を振り返ってみていかがですか

天候も悪くて、辛かったんですけど、条件はみんな同じなので、結果は純粋に自分の力が足りなかったかなって感じです。

――天候の影響は

(天候の影響からくる)精神的なものですけどね。でもそんなに大きくはなかったかな。

――始まる前はどのようなレース展開を予想していましたか

1週目はリラックスして行って、2週目でどんどんスピードを上げていくイメージではいたんですけどね。ちょっときつかったです。

――実際はいかがでしたか

1週目は良かったんですけど、2週目で一気に疲れちゃって、それが響いて後半の粘りもできなかったです。

――初めてのインカレの雰囲気は

OBの人がたくさんいて、すごく緊張しました。

―—クロカンチームを引っ張る滝沢さんが不在ですが、その点はいかがですか

そうですね、こずえさんがいないのは大きいですが、いなくてもちゃんと走れないと、こずえさんがいなくなった後がやばいので。

――次のレースに向けての意気込みをお願いします

今日は10番で、全然ダメだったので、明日はしっかり走って、負けないように頑張りたいと思います。

佐藤葵(スポ1=秋田・北鷹)

――きょうのレースを振り返っていかがですか

入賞したのは嬉しいんですけど、もう少し上に行けたかなっていう感じで、試合内容には全く納得していなくて、ちょっと悔しい気持ちが残っています。

――レース前の目標は

表彰台に入ることを目標にしていたんですけど、ほど遠い順位になって申し訳ないです。

――どのようなレース展開を考えていましたか

自分は前半抑えようと思っても、気持ちだけで身体が自然と前にいってしまうので、そこだけ注意して、前半抑え目にして2周目からあげていこうと思っていたんですけど、ちょっとまわりが速くて、もっと頑張れたかなと思います。

――はじめてのインカレはいかがですか

ワセダで臨むっていうのが全然雰囲気が違くて、他の大会と同じようにって思っていたんですけど、応援団のみなさんも来てくれているし、OBの人も応援してくれて、独特な雰囲気で臨めている感じがします。

――チームの雰囲気はいかがですか

他の大学と比べて、食事とかでも学年の壁とか種目の壁とか関係なく、みんなでわいわいして過ごせているので、それはすごくいいかなと思います。

――明日に向けて意気込みをお願いします

明日もう一つ個人レースがあって、それは自分としても成績が出るような種目なので、優勝目指して頑張りたいと思います。

小林諭果(スポ4=岩手・盛岡中央)

――試合の感想をお願いします

きょうはほんとに天候が悪くて、条件がころころ変わる中で、女子は2本無事に成立したので、運営の方々に感謝しなければいけないなという試合でした。結果は妥当というか順当だと思っていたので、2位という結果はこんなもんかなと思います。

――コンディションはいかがでしたか

悪くはなかったと思います。良くはなかったんですけど、悪くもない状態でのぞめていました。2位ということで、チームには貢献することはできなかったので、迷惑をかけてしまったなという部分はあるんですけど、自分なりに精一杯できたかなとは思います。

――天候の影響はありましたか

結構待たされてしまったので、身体が動かないなって感じることは2本ともありましたけど、そこに合わせていけなかった自分が悪いので、条件のせいにはしないようにしたいなと思います。

――ユニバーシアードの感想も教えてください

3試合参加させていただいて、全試合でメダルを獲得することができました。前日までインフルエンザにかかってしまって、ほんとにチーム全体に迷惑をかけてしまったので、出場させてもらえることに感謝したいと思います。結果を出せたのも支えてくださった人や、ドクターの方、ごはん運んでくれた人とかの日本チーム全体のおかげだなっていうのは感じているので、感謝したいなと思います。

――今のワセダチーム全体の結果についてはどう思われますか

なかなか厳しい状態ではあると思うんですけど、私は最後のインカレですし、このメンバーで戦えるのは最後なので、総合優勝は難しい状態にはありますけど、最後までみんなで楽しんでやれたらなと思います。