庭球部

2017.02.11

早東対抗試合 2月11日 早大東伏見三神記念コート

年に一度の特別な試合が開催、チームの底上げ図る

 寒空の下、東伏見にて早東対抗試合が行われた。この試合はレギュラーがサポートに回り、普段選手をサポートする部員が試合に出場する年に一度の団体戦だ。小倉孝介主将(スポ3=神奈川・湘南工大付)も「お互いの気持ちが分かる大事な試合」と言葉に力を込める。6-3で東大に勝利し、有意義な試合となった。

 ダブルスでは東大に意地を見せた。ダブルス2の大山弘太(社2=東京・早実)・和田隼友(社2=栃木・足利工大付)組快勝すると、ほぼ同時に3の春山亮太(法3=宮崎西)・早野遼平(社1=東京・早実)もストレート勝利。しかし、ダブルス1の國定慶太郎(社3=筑陽学園)・増田啓孝(政経3=Nido de Aguilas International School)組の試合は接戦となった。第1セットはボレーでのミスが目立ったが、「指摘を受けて修正していくことができた」(増田)とベンチコーチに入った河野優平(スポ3=福岡・柳川)のアドバイスも力にしてこのセットを奪う。第2セットでは相手に崩されることもあったものの、サーブで押し切り前に出てプレッシャーをかけた早大ペアが7-5で連取。「力を入れていたダブルスで3-0にできたのはチームとしても良かった」(小倉)とシングルスに折り返した。

接戦を制した國定(右)・増田組

 シングルスではストレート勝ちを収めたのは5の國定と3の和田のみで、フルセットにもつれる試合が目立った。4の春山は第2セットを落としたものの、テンポよく最終セットを奪い返して勝利。6の村岡賢(商3=東京・早実)はフォアで攻めていくも相手に食らい付かれ、最終セット5-7で敗北する。シングルス2には1年生の早野が登場。第1セットではコースを突いて相手を翻弄するなど順調にポイントを重ねたが、第2セットを落とすと流れを引き戻せず、最終セットは1-6で落としてしまった。シングルス1を務めたのは大山だ。「ここ最近調子を上げてきて、部としても力を入れている選手」(小倉)という大山だが、第1セットを7-5で取った後もミスが続き、1-6で第2セットを献上してしまった。最終セットでは相手の深い球に苦しめられ、前でプレッシャーをかけられる。タイブレークまで持ち込むも序盤に突き放され、チームに勝利を持ち帰ることはならなかった。

大山はシングルス1での起用となった

 主将の小倉は「今後関東学生トーナメント(春関)の本戦にいって勝ってほしいなという選手が負けてしまったので、そこは課題かなと思う」と語るが、同時に「チーム全体で上げて、戦力として成長させられるように頑張っていきたい」と育成層の底上げを誓う。まずは全日本学生選手権につながる春関で、今回の実戦を経験した選手らの躍進に期待したい。

(記事 熊木玲佳、写真 郡司幸耀、熊木玲佳)

男子集合写真

結果

○早大6-3東大

関連記事

圧『東』!経験シェアし高め合う/早東対抗試合(2/11)

コメント

小倉孝介主将(スポ3=神奈川・湘南工大付)

――まず、早大庭球部としては早東対抗戦をどのような試合として位置付けていますか

ことしのチームの最初の一戦ということで、チーム力が問われる団体戦は勝敗にこだわって。今回はいつもリーグや王座に出ている選手ではなくて、それをサポートしている人たちが選手として出場して、それを支えるのがいつも出ている選手という逆の立場でやっているのですが、そういう関係で感謝の気持ちを伝えたり、今回選手で出た人はいつも出ている人の気持ちを理解したり、結構お互いの気持ちが分かる大事な試合かなと思います。

――チームとしてはどのような戦いにしようという目標はありましたか

スコア的には9-0を目指していたのですが、結果的には6-3で、ダブルスに力を入れていて、最初3-0にできたのはチームとしても良かったのですが、シングルスで上2本が落としてしまって、今後関東学生トーナメント(春関)の本戦にいって勝ってほしいなという選手が負けてしまったので、そこは課題かなと思います。それ以外はしっかり勝つことができたので良かったと思います。

――ダブルス、シングルスをそれぞれどうご覧になっていましたか

僕は1試合ダブルスのベンチコーチに入っていたのですが、レギュラーのボールに匹敵するノンレギュラーの選手もいて、しっかり相手を圧倒できているのではないかなと。この調子でいけば春関の本戦に上がれていい結果を残せるのではないかと思う選手がいっぱいいたので良かったです。シングルスは1の大山がここ最近調子を上げてきて、部としても力を入れている選手なのですが、きょうは負けてしまって本人も少し落ち込んでしまっている部分もあると思いますが、そこはまたチーム全体で上げて、戦力として成長させられるように頑張っていきたいと思います。

――新しい年になりましたが、個人としてのことしの目標を教えてください

フューチャーズがあるのですが、出場した本戦で1ポイントでも多く取って学生大会は春関、インカレとあるのですが、そこはしっかりタイトルを狙って、この冬から春で練習を積んで勝負かなと思います。

――主将としての抱負は

自分はリーグ、王座の試合に今まで出られていないのですが、その分コート上で誰よりも走って頑張る姿を見せて、それにしっかりと付いてくれ、というかたちにことしのチームはしたいなと思います。もちろんことしのリーグ、王座、早慶戦は出て勝利を挙げて、そういう意味でもチームを引っ張っていきたいです。みんながついていきたいと思えるような主将、また4年生がいて、後輩がついていくというかたちのチームにしたいなと。

増田啓孝(政経3=Nido de Aguilas International School)

――早東対抗戦にはどのような意気込みで臨まれましたか

ダブルス1で出させていただいたので、勝ちにこだわるというよりもいいプレーをしてチームに勢いをつけるようなプレーができたらいいかなと思って臨みました。

――ダブルスを振り返って

特に調子が良いとかそういうわけではなかったので難しかったのと、國定(慶太郎、社3=福岡・築陽学園)とペアを組むのも1年生以来なので急きょという感じは出てしまったのですが、一応(白星を)取れたというのは一番大きいと思うので良かったです。

――河野優平さん(スポ3=福岡・柳川)がベンチコーチに入っていましたが、何を言われましたか

彼はボレーのスペシャリストだと思っているので(笑)、常にアドバイスをしてくれました。途中フィーリングがあまり良くないという場面があったので、指摘を受けて修正していくことができました。

――ラストイヤーとなることしの目標や抱負を教えてください

新進(関東学生新進選手権)でベスト16に入ったので、春関(関東学生トーナメント)でもさくっと勝って、しっかり岐阜(全日本学生選手権)に行けるようにしたいと思います。