米式蹴球部

2017.01.17

カレッジボウル 1月14日 神奈川・富士通スタジアム川崎

エンジョイフットボールを胸に、カレッジボウルで躍動

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
チームカメリア 14
チームアゼリア 20

 関東1部リーグTOP8・BIG8の選抜選手と全国の7学生連盟推薦選手がカレッジボウルの舞台で火花を散らした。早大からは、昨年リーグMVPを獲得したRB須貝和弘(創理4=東京・早大学院)をはじめ、QB笹木雄太(法4=東京・早大学院)、LB栗田嵩大(教4=神奈川・鎌倉)など7名が選出。早大が属するチームカメリアは、14-20で惜敗するも、今年で30回目を迎えた大会を、大いに盛り上げた。

 チームカメリアのリターンで試合開始。自陣29ヤードから始まったオープニングドライブでRB須貝のランとWR鈴木隆貴(法4=東京・早大学院)へのパスで、着実に前進し敵陣に攻め込む。しかし、QB笹木がエンドゾーンを目掛け投じたロングパスがインターセプトされ得点の好機を逃した。さらに、勢いに乗るチームアゼリアにTDを奪われ先制を許す。その後は一進一退の攻防が続いたが、第2クオーター(Q)終盤にWR西川大地(商4=東京・早大学院)へのミドルレンジのパスなどで敵陣4ヤードまで侵入。最後は、RBとしてオフェンスに参加したLB山岸明生(関学大)が、ワイルドキャット・フォーメーションから力強いボールキャリーでエンドゾーンへ。チームカメリアが同点に追いつき試合を折り返した。

TDを喜び合うLB山岸(左)とQB笹木

 チームアゼリアの後半最初のシリーズをスリーアンドアウトに抑え、試合の流れをつかんだかのように見えたが、TEのポジションについたOL島崎貴弘(スポ4=神奈川・横浜立野)がQB笹木から受けたパスをファンブルしターンオーバー。その直後のシリーズでじりじりとランで攻め込まれTDを献上した。さらに、第3Q終盤にもインターセプトを喫し、嫌な流れを断ち切れず追加点を奪われる。点差を縮めたいチームカメリアは、MIPを獲得したRB佐久間峻(中大)が49ヤード激走しTD。反撃ののろしを上げると、直後のディフェンスでDB高橋星七(帝大)がインターセプトし、逆転勝利へ望みをつなぐ。第4Q終盤にランとショートパスを織り交ぜ敵陣に襲いかかるが、追い上げもここまで。相手の堅い守りに阻まれ、4thダウンギャンブルに失敗。チームアゼリアのイートボールで試合終了を迎え、14-20で惜しくも敗れた。

OL島崎の初キャリーはファンブルに終わった

 「楽しんでプレーができた」(西川)と言うように、エンジョイフットボールを胸に選手が躍動したカレッジボウル。公式戦では見られないような和気あいあいとした雰囲気に、選手のみならず観客もフットボールの楽しさを実感したことだろう。大学のアメリカンフットボール人生でのラストマッチとしてふさわしいものになったに違いない。

(記事 成瀬允、写真 大槻竜平、加藤耀)

コメント

WR鈴木隆貴(法4=東京・早大学院)

――試合をを振り返ってみていかがでしたか

きょうはもう楽しむことが1番で、学生最後だったのでそれができ良かったなと思っています。

――自身のプレーを振り返ってみていかがでしたか

最後の試合だったので、今までやってきたものを出せたらなと思っていたんですけど、まあまだまだ上目指せるなというプレーの感触をつかめたので、次につなげられたらなと思っています。

――今回は選抜チームでの試合でしたが、チームの連携はいかがでしたか

いろんなチームの子たちが集まったんですけど、みんなすごい明るくてフットボールを純粋に好きな子が多かったので、そういった意味ですぐ打ち解けました。チームの雰囲気としては全員で楽しもうということで一丸となって戦えたと思います。

――初めのセレモニーには鈴木選手ではなく、島崎(貴弘、スポ4=神奈川・横浜立野)選手が行きました

そうですね(笑)。チームが立ち上がった時に、島崎にやってもらうということを僕らの中でやってまして、それが叶ったのでよかったです(笑)。

――さらにレシーブする機会もありましたが、あれもデザインされたプレーだったのですか

そうですね(笑)。最後なので島崎が、ということでやりたかったのでそういったプレーを作ってやれてよかったです。ファンブルしましたが、よかったなと思います(笑)。

――高校時代を含めると7年間のアメフト人生でしたが、振り返ってみていかがですか

やり残したことがないと言えばうそになると思っていて、でも本当にこの7年間すごい毎日充実してたなというのが一番で、フットボールを通じて濱部監督(濱部昇監督、昭62教卒=東京・早大学院)の下7年間ずっと取り組んできて、フットボールを通して自分が成長していくのを感じられたことは大きかったなと思います。

――鈴木選手にとって西川(大地、商4=東京・早大学院)選手はどのような存在でしたか

純粋にライバルでした。チームメイトですけど、高校時代僕は大地のセカンドで悔しい思いもしましたし、また大学同じチームでできるという意味で、同期に意識し合える仲間、大地がいて、自分も負けられないなという思いを持ってこの7年間を過ごすことができました。ラスト1年間僕が秋シーズン初め出られなかった時には、大地に助けてもらったなと思っているので、そういった意味で最高の同期だなと思っています。

――その西川選手にどんな言葉をかけたいですか

そうですね(笑)。かけるとすれば、ぜひ社会人でやる機会があったら、同じチームか他のチームになるかわかりませんが、一緒にまたフィールドに立って戦えたらいいなと思っています。

――最後に後輩へのメッセージをお願いします

ここからもうシーズンは始まっていると思うんですけど、僕らが負けた舞台で勝って、またその先に進むのはとても険しい道のりだと思います。この1年間はつらいことが多いと思いますし、でもその中でみんなでチーム一丸となって戦って、絶対本当に日本一になってほしいなと思っているので、そういった意味で365日24時間欠かさず、チームのために日本一のために自分は何をできるのか、何をしなければいけないのかというのを全員が考えて、やれるにチームにして勝ってほしいと思います。僕はそういう風にできると、自慢の後輩たちに思っているので、頑張ってほしいです。

WR西川大地(商4=東京・早大学院)

――試合を振り返ってみていかがでしたか

こういった雰囲気で試合をしたことがなく、リーグ戦や甲子園ボウルとは全く違う雰囲気だったんすけど、楽しんでプレーができたと思っています。

――自身のプレーを振り返ってみていかがでしたか

そうですね(笑)。後半になって集中力が切れて、笹木(雄太、法4=東京・早大学院)とタイミングがなぜか合わなかったんですけど、7年間の集大成としてやれることはやったかなと思います。

――選抜チームということでしたが、チームの雰囲気はどうでしたか

やはり全員がアメフトを楽しみたいという気持ちが強かったので、その中でやはり主将の趙くん(日大)を中心に全員が一致団結して試合に準備できたと思います。

――高校時代からですと7年間のアメフト人生ですが、振り返ってみていかがですか

振り返ってみると、いろいろありましたけど、高校の時はクリスマスボウル3連覇できましたし、大学では勝つことはできませんでしたが甲子園ボウルに2度出場できました。本当に充実した7年間だったなと思います。

――西川選手にとって鈴木(隆貴、法4=東京・早大学院)選手はどのような存在でしたか

僕にとっての鈴木選手は・・・(笑)。僕とタイプが違うレシーバーだと思うんですけど、理解度の面などは僕より断然上にいる選手で、今まで7年間お手本にしてきた選手だったので、7年間一緒にやれて本当に良かったなと思います。

――社会人でもアメフトは続ける予定ですか

仕事や勤務地次第ですけど、続けられる環境があれば続けたいと思っています。

――最後に後輩へのメッセージをお願いします

また一からチームを作り直していくという作業は大変だと思うんですけど、後から振り返ってみると、そういった1つのミーティングだったり1つの練習といったものが自分の糧になっていると思いますし、本当に楽しい思い出になっているので悔いなく今後の1年間や今後の大学生活を送ってほしいと思います。

QB笹木雄太(法4=東京・早大学院)

――試合を振り返っていかがですか

きょうもインターセプトされてしまったんですけど、楽しくできたので良かったと思います。

――チームの雰囲気はいかがでしたか

ワイワイできて今までにないくらい楽しくできました。

――関学大の山岸明生選手とのスペシャルプレーを振り返っていかがですか

とにかく山岸をオフェンスに出したいということで、僕と隆貴で考えて、TDを取ってもらうことが1番いいだろうということで、あのプレーを考えたんですけど、2回同じプレーをやってTDを取れたので、良かったと思います。

――4年間を振り返っていかがですか

本当にアメフトをやっていて良かったと思います。また、すごく楽しかったと思います。

――印象に残っている試合はありますか

甲子園ボウルですね。出場した2回ともあまり良い思い出ではないのですが、自分の中ですごく印象に残っていて、本当に社会人になってもやりたいと思わせるくらいでしたね。

――後輩へのメッセージをお願いします

恐らく甲子園まで行くという土台はこの4年間で作り上げることができたのですが、関西を打ち破るという面では、もうワンランク、ツーランク上の練習をしなければ勝てないと分かったので、そこをどうしていくかを考えて、頑張って欲しいなと思います。

LB栗田嵩大(教4=神奈川・鎌倉)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

プレーでやらかしてしまった場面もあったんですけど、心底フットボールを楽しむことができました。チーム全体として本当に楽しかったです。

――チームの雰囲気はいかがでしたか

楽しんでやろうということで、すごくやりやすかったですね。他のチームメイトとも仲良くなれて楽しかったです。

――4年間を振り返っていかがですか

僕はそんなに上手い選手ではなくて、下積みも長くて結構悔しい思いもしてきましたけど、最後の最後のシーズンで試合の1本目として出れて、本当に嬉しかったですね。自分を支えてくれたスタッフや後輩、同期、先輩、コーチに感謝の言葉しかないです。

――印象に残っている試合はありますか

今年の法大戦ですね。慶大に負けてチームが変わらなきゃってなって、4年生で話し合ってチームが一体となって、監督をチームを盛り上げてくれて、チームがまとまれたと思ったのはあの試合ですね。

――最後に後輩へのメッセージをお願いします

来シーズンも厳しいシーズンになると思うけど、人間ならできないことはないと思うので、諦めずに頑張って下さい。

RB須貝和弘(創理4=東京・早大学院)

――きょうの試合を振り返って

楽しかったです。今までライバルとして戦ってきた人たちが味方であったりして、雰囲気を楽しむことができました。

――印象に残っていることはありますか

いろいろ考えていたスペシャルプレーが出たり出なかったりでそれで一喜一憂する感じがとても楽しかったですね。

――試合終盤にはレシーバーとしてもプレーしていましたが

ちょっとだけですね。みんなおふざけで色んなポジションをやってみようという感じでしたね。

――後輩に向けてメッセージをお願いします

自分たちができなかった日本一の夢を託したいと思います。やることをやって、みんなでまとまって突き進めば必ずその夢はかなうと思うので、一日一日を大切にして頑張ってほしいです。

OL島崎貴弘(スポ4=神奈川・横浜立野)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

みんなで楽しく色んなチームの人とプレーできてよかったです。あと自分の不甲斐ないプレーで試合を崩してしまったのですが、まあいい経験かなと(笑)。楽しかったです。

――3Qのファンブルについては

そもそもスペシャルでやろうということだったのですが、ずっと「来るな、来るな」という風に思っていて(笑)。パスが飛んできて振り向いたときにはもうDBがいてタックルされて、という感じでしたね。今後一生引きづりますね(笑)。

――そのスペシャルプレーを考えたのは

隆貴(鈴木、法4=東京・早大学院)ですね。あれはライスボウルのときに関学大がやっていたプレーでそれをほぼそのままパクってきた感じです。

――ファンブル後、周りはどんな反応をしていましたか

もう戦犯扱いでした(笑)。

――本業のOLとしてはいかがでしたか

回し回しで出て、甲子園ボウル以来、久しぶりに動いたので勘を取り戻しつつでしたけど楽しかったです。

――最後に後輩に向けてメッセージをお願いします

メンバーは変わりますがやることは変わらないので目標である日本一に向けて、チームの売りは総合力なのでみんなで力を合わせて頑張ってほしいと思います。

AT宮良彩美(スポ4=沖縄・昭和薬科大付属)

――カレッジボウルを振り返っていかがでしたか

すごいみんな楽しそうにやっていて、それを見ているのが楽しかったです。

――4年間を振り返って印象に残ったことはありますか

同期がすごく良かったなという印象です。みんな仲良くやっていたし、オンオフの切り替えもしっかりしていました。その中で4年間できたことは嬉しいです。甲子園ボウルに2回出場できたのも貴重な経験でしたし、すごく楽しい4年間になったと思います。

――BIG BEARSから得たことはありますか

1年間、主任としてATユニットを任され組織を回していく今までとは違った立場になり、また一段と人間的に成長できたな、というのが実感です。そういった意味でBIG BEARSにはとても感謝しています。

――後輩へメッセージをお願いします

長いようであっという間の4年間だったので、自分のできることをしっかりやってください。失敗もすると思うんですけど、やり切った後には良い気持ちになれると思うので、失敗しても負けずに頑張ってください。