卓球部

2017.01.18

全日本選手権 1月18日 東京体育館

田中千・田中佑組がランク入り!男子・女子シングルスは5名が2回戦突破

 全日本選手権(全日本)3日目のこの日。男子・女子シングルスは1、2回戦が行われ、早大から出場した9名のうち男子1名、女子4名が3回戦へと勝ち上がった。混合ダブルスには、2回戦で昨年この大会でベスト16入りした軽部隆介(シチズン)・天野優(サンリツ)組を破り勢いに乗る、田中千秋女子主将(スポ3=愛知みずほ大瑞穂)・田中佑汰(愛工大名電高)組が登場。準々決勝で前回王者相手に敗れたものの、ランク入りを果たす大活躍を見せた。

 女子シングルス2回戦に登場した鎌田那美(スポ1=北海道・駒大苫小牧)は、幸先よく第1ゲームを手にする。「第2ゲームからは慣れてきた」と振り返ったように続くゲームは相手を圧倒し、11-3の大差でつかみ取った。第3ゲームでもその勢いは衰えず、テンポ良く得点を重ねて序盤から突き放す。ところが、相手もこのまま終わらせてはくれなかった。流れを奪われると徐々に差を詰められ、10-9まで追いつかれてしまう。何とか逃げ切りストレート勝ちを収めた鎌田だったが、「一本取る力が足りない」と今後の課題を述べた。佐藤風薫(スポ4=岡山・就実)、田中千、阿部愛莉(スポ2=大阪・四天王寺)もゲームスコア3-0で試合を締め、鎌田と同様に3回戦へと駒を進める。

ストレート勝ちで3回戦へと駒を進めた鎌田

 男子シングルス1回戦から勝ち上がってきた高田直騎(スポ4=福岡・希望が丘)は第1ゲーム、6-6から一気に差を広げてこのゲームをつかむ。ところが一転、第2ゲームは相手に7連続得点を許して奪われ、続く第3ゲームも取りこぼしてしまった。互いに2ゲームずつ手にして迎えたファイナルゲームでも、開始早々に3点差をつけられてしまう。そこでタイムアウトを取ると、流れを自身の方へ引き寄せた。「ラリーなど、展開的に悪くなかった」と振り返ったように、激しいラリーに食らいつき、鋭いバックハンドも決めるなどしてシーソーゲームに持ち込む。あと一歩でジュースになるところまで迫ったが、ここで左右に大きく揺さぶられ、高田が放った球は台の外へ。エンジのユニフォームを着て臨む最後の全日本は、ここで幕を閉じた。

高田にとって、エンジのユニフォームで臨む最後の全日本となった

 前日、昨年ベスト16のペアを撃破した田中千・田中佑組は4回戦で定松祐輔・中澤紬組(中大)と対戦。終始互いに譲らない展開になる。まず初めのゲームは、田中千・田中佑組がゲームポイントを先取するが並ばれ、ジュースに突入。田中千がサーブレシーブから鋭いコースに攻め、田中佑は変化をつけた返球で得点につなげ、16-14にまでもつれ込む激闘を制した。その後もシーソーゲームは続き、ついにファイナルゲームを迎える。3点を先制し流れに乗ると11-5で快勝し、ランク入りを決めた。準々決勝の相手は過去にこの種目で2度優勝している田添健汰(専大)・前田美優(日本生命)組。やはり王者のカベは高く、ゲームスコア1-3で敗れてしまった。しかし、自分たちの攻めのかたちに持ち込む場面も見られるなど健闘し、田中千・田中佑組は全日本の舞台でその実力を大いに示した。

 大会4日目は、男子・女子シングルス、男子・女子ダブルスともに3、4回戦が行われる。いよいよスーパーシードの選手たちも登場し、さらに熱い戦いが繰り広げられると予想される。日本一を決する戦いで、早大勢はどこまで上に上り詰められるか。選手たちの戦いはまだ始まったばかりだ。

(記事 橋本望、写真 本田京太郎)

結果

▽男子シングルス

1回戦

●平野晃生(スポ2=山口・野田学園)1―3関谷(国学院大)

●中窪康喜(教1=静岡学園)2―3佐藤(新潟大)

◯高田3―1藤本(尽誠学園高)

2回戦

◯硴塚将人(スポ1=東京・エリートアカデミー/帝京)3―1福田(日大)

●高田2―3濵川(日鉄住金物流)

▽女子シングルス

1回戦

●加藤夏海(社3=秋田商)1―3森廣(フェニックス卓球クラブ)

2回戦
◯鎌田3―0滑川(東京富士大)

◯阿部愛莉(スポ2=大阪・四天王寺)3―0仲真(沖縄国際大)

◯佐藤風薫(スポ4=岡山・就実)3―0上野(龍谷大)

◯田中3―0信田(札幌ノースJr.)

●鳥屋真帆(社3=高知・明徳義塾)0―3乙井(同大)

▽混合ダブルス

4回戦

○田中千・田中佑(愛工大名電高)組3―2中澤・定松組(中大)

準々決勝
●田中千・田中佑(愛工大名電高)組1―3前田(日本生命)・田添健汰(専大)組

関連記事

全日本選手権展望(1/15)

田中千・田中佑組が大躍進!強豪社会人ペアを撃破
/全日本選手権(1/17)

コメント

▽男子

高田直騎(スポ4=福岡・希望が丘)

――きょうの試合を振り返って

1回戦は相手が高校生だったので、思い切り向かってくるだろうなと思っていました。それでも、自分が得意としているサーブからの展開で試合をつくることができたので良かったです。そして、2回戦は実業団の選手との対戦でした。自分早大生としての、最後の全日本選手権だったので、思い切って、楽しもうという気持ちで試合をしていました。試合内容としてはラリーなど、展開的に悪くなかったです。でも、最終ゲームのサーブレシーブひとつ、とても細かいところで負けてしまいました。それが次回以降の僕の課題になってくると思います。

――2試合目は接戦でしたよね

自分が先に攻める展開に持っていきたかったんですけど、第2ゲーム以降、細かいところで崩されてしまいました。

――エンジのユニホームで臨む最後の全日本選手権でした

そうですね。この4年間、エンジのユニフォームを着てプレーしていたということは自分の人生の中でも忘れられない経験になったと思います。最後もこのユニフォームで試合ができたことをうれしく思います。

――東京選手権への意気込みを教えてください

ダブルスに出場する予定です。昨年は振るわなかったので、それを超えられるように頑張りたいです。

▽女子

鎌田那美(スポ1=北海道・駒大苫小牧)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

試合自体には集中できて良かったんですけど、後半追い上げられてしまって。最後に一本決め切る集中力というか、一本取る力が足りないと感じました。あしたも同じようになってはいけないので、しっかり考える必要があるなと思いました。

――第2ゲーム、特に勢いに乗っているように見えました

第1ゲームは相手のサーブがよく分からなくて苦しかったんですけど、第2ゲームからは慣れてきたので、そこが大きく違ったと思います。

――全日本ならではの緊張感はありましたか

いつもより静かだったんですけど、その分集中できて冷静に試合ができそうなので、この環境を逆に力にしていきたいです。

――この大会に向けて強化した点は何ですか

レシーブがずっと課題だったので、レシーブで困らないようにしっかり準備してきたつもりです。

――きょうはどの程度発揮できましたか

結構できたかなと思います。

――この大会の目標を教えてください

ランクに入ったら次のステージにいけるというか、様々な選考会などにも出られるので、それに向けて頑張りたいです。

――あすに向けて意気込みをお願いします

あしたの2試合しっかり勝って、あさってのランク決定戦につなげられるような試合をしたいです。