庭球部

2017.01.15

関東学生新進選手権 1月15日 明大体育会硬式庭球部コートほか

男子シングルスは髙村がベスト8へ

 関東学生ランキング上位20人に出場制限がかかる関東学生新進選手権が開幕した。本戦4日目を迎えたこの日、早大からは男子シングルス3回戦に4名が出場。髙村佑樹(スポ1=千葉・東京学館浦安)がベスト8入りし、4回戦に駒を進めた。

★ベスト16で大会を終える

振られても食らい付く森山

 青学大会場では小林紀輝(スポ2=千葉・秀明八千代)が慶大の本玉圭と対戦した。第1セット序盤はどちらもブレークを許さずに一進一退の攻防を繰り広げる。持ち前の大きくスピンをかけたフォアストロークとスライスを効果的に使って相手を翻弄(ほんろう)し、先にブレーク。そのまま勢いに乗るかと思われたが、相手も本領を発揮する。積極的な攻めの姿勢にミスを誘われてしまい、3-6で失セット。続く第2セットもダブルフォルトを皮切りにミスが続く。一度明け渡してしまった流れを取り戻せずに0-6で敗れた。敗退こそしたものの、不調の中で自己ベストを更新した経験はこれからの小林紀の糧となっていくだろう。同じく男子シングルス3回戦に登場した森山颯太(商3=埼玉・川越東)。第2シードとしての出場だったが、今大会には「自分のテニスがどこまで通用するのか楽しみ」との思いで臨んでいた。相手は慶大の甲斐直登。第1セット序盤、甲斐のサーブに苦しめられる一方で自らのミスも続き、サービスキープができない。1-5まで追い込まれてからしぶとく球を拾い徐々に巻き返したものの、第1セットを4-6で落としてしまう。第2セットでも「徐々に良くなってきている感じはしたが、サーブの確率が悪くてなかなか流れがつかめなかった」とつかみきれず、ベスト16で大会を終えた。

(記事 熊木玲佳、吉澤奈生、写真 熊木玲佳)

★髙村がベスト8へ

インカレ予選の再戦に臨んだ佐藤

 明大会場では、佐藤祥次(スポ1=大分舞鶴)が田中凛(中大)と対戦した。序盤から攻めの姿勢を見せる佐藤だったが、ミスを連発してしまいリズムに乗ることができない。第1セットを1-6で落とすと、続く第2セットも相手に翻弄(ほんろう)され2-6で落としてしまい、0-2でストレート負け。前回のインカレ予選での雪辱を果たすことは叶わず、ここで姿を消した。「我慢強くできずに攻め急いでしまったことでミスが出て相手にポンポンいかれた」と本人が振り返るように課題が残る一戦となった。一方髙村が迎え撃つはインカレインドア(全日本学生室内選手権)予選のリベンジを狙う正林知大(中大)。前回の課題を修正してきた相手に対して序盤からブレークを許すなど、苦戦を強いられる。しかし粘り強くラリー戦に持ち込み、徐々にペースをつかみ始める。緩急をつけながら相手を揺さぶり、甘く入ったボールを確実に仕留めた。「(シングルスは)今回の試合を通してだいぶ良くなってきている」と手応えも感じている髙村。目標の優勝に向け、気合いは十分だ。

(記事 佐々木一款、田中佑茉、写真 佐々木一款)

 大会4日目までにダブルスは全滅してしまった男子だが、シングルスでは髙村がベスト8に駒を進めた。また、敗れはしたものの他大のレギュラー選手を相手にノンレギュラーが善戦するなど、層の厚さを示した早大。今大会の経験を生かし、部全体の底上げを図ってほしい。

結果

▽男子シングルス3回戦

●小林紀3-6、0-6本玉圭

●佐藤1-6、2-6田中凛(中大)

○髙村6-4、6-4正林知大(中大)

●森山4-6、2-6甲斐直登(慶大)

コメント

森山颯太(商3=埼玉・川越東)

――第2シードとして臨んだ今大会ですが、目標は設定していましたか

自分の中ではそんなに上の方にいったことはなかったので、その分自分がどれだけ通用するかという。上を目指していたのですが、相手よりは自分のテニスがどこまで通用するのかというのを楽しみにしていました。

――相手は慶大の甲斐直登選手でしたが、試合展開のプランはありましたか

何回かリーグ(関東大学リーグ)とかでも見ていて、やったことはなかったのですが大体ストロークが強いイメージがあったので。ストロークでしっかりラリーをして、しぶとく、自分の持ち味がそこなので、しぶとく戦おうかなと思っていました。

――ファーストセットは最後に追い上げる展開となりましたが、振り返っていかがですか

サーブがずっとキープできなくて、そこで相手が強気できてしまったかなと。そこで自分が引いてしまった部分があったので、最初でちょっと離されて
しまったのが(セットを)取れなかった原因だったかなと思います。

――セカンドセットはいかがでしたか

徐々に良くなってきている感じはしたので、どんどん上げていこうと思っていたのですが、サーブの確率が結構悪くて、うまくキープできなくてなかなか流れがつかめなかったので、ファーストの確率を上げて戦った方が良かったかなと思いました。

――今大会見つかった課題は

攻撃力という部分でまだまだ足りないので、次の春関(関東学生トーナメント)までには攻めのパターンをもっと増やして戦えたらなと思います。

――これからまた新しい1年が始まります。意気込みや目標を教えてください

昨年は自分の中でも結構いい成績が出せました。最後の1年なので、昨年を上回れるようにまた頑張っていきたいと思います。

小林紀輝(スポ2=千葉・秀明八千代)

――今大会はどのような気持ちで臨みましたか

自己ベストがベスト32だったので、それより上のベスト16に入るということを目標として臨みました。

――相手の印象はいかがでしたか

もう少し実力は下かと思っていたのですが、その想像より強かったですね。自分の良いところを出し切れずにそのまま負けてしまいました。

――具体的にどのようなところに苦戦しましたか

相手のプレースタイルは自分と似ていて、フォアハンドに強くスピンをかけて打ってバックは入れにいくというタイプだったのですが、全てにおいて相手が一枚上手でそのまま(ゲームを)持っていかれてしまいました。

――今回の試合を総括して

最近は日々調子が落ちてしまっている状態で、そんな中でもベスト16に入れたのだということは自信に思っていいことなのではないかなと思います。

――ことしの目標を教えてください

ことしはインカレ(全日本学生選手権)で本戦に行きたいです!

佐藤祥次(スポ1=大分舞鶴)

――この大会にはどういう気持ちで臨みましたか

気持ち的にはこの試合はポイントを稼ぐために結構重要な試合なので、なるべくベスト4以上に入るということを狙ってたんですけど、ここで負けてしまって悔しいです。

――今日の試合を振り返っていかがでしたか

インカレ予選でやった相手だったんですけど、インカレ予選の時よりも自分が攻めていこうという気持ちが強すぎて、我慢強くできずに攻め急いでしまったことでミスが出て相手にポンポンいかれた感じでした。

――この大会を通して見つけた課題はありますか

守るボールはコントロールできるんですけど、攻めるボール、チャンスボールだったりボレーだったりの精度がまだまだ全然足りないので攻めるボールがまだまだだなと思いました。

――収穫はありましたか

ゆっくりラリーする中で緩急をつけることができて、少し攻撃の幅が広がったかなと思います。

――今年一年の抱負をお願いします

1年間まず春関やインカレ予選で勝って、リーグ(関東大学リーグ)や王座(全日本大学対抗王座決定試合)のメンバーに入れるようにこれから練習頑張っていきたいと思います。

髙村佑樹(スポ1=千葉・東京学館浦安)

――きょうの試合を振り返って

インカレインドア(全日本学生室内選手権)の予選でもやってて、相手の特徴というのは分かっていたんですけど、相手も前みたいにミスばっかりじゃなくて、ペースを落として僕のミスを誘ったりとかしてきたので、少しやりにくかったです。その中でも途中からこちらのミスを減らして、いけるところで攻めるという風に変えていったのが良かったので6-4というスコアで締められたじゃないかなと思います。

――ここまで戦ってきてシングルスの手応えはいかがですか

インカレインドアの時にだいたい自分のやるテニスというのが分かったんですけど、今回の試合を通してもだいぶ良くなってきているなと感じています。

――今大会の目標は何ですか

優勝です。

――最後に次の試合に向けて意気込みをお願いします

次の相手も強いと思うんですけど、そこでこちらが引かないように、しっかり戦っていきたいと思います。