競走部

2017.01.03

第93回東京箱根間往復大学駅伝 1月2・3日 東京・大手町読売新聞東京本社前⇔神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場入口

悔しい総合3位。総合優勝の夢は来季に持ち越し

 「2位以下はもういらない」(平和真駅伝主将、スポ4=愛知・豊川工)。そう意気込んで挑んだことしの東京箱根間往復大学駅伝(箱根)。往路はわずかに優勝に届かなかったが、各メンバーが力を出し切り、トップ青学大と33秒差の2位で折り返した。ひたすら前を追うしかない復路。立ち上がりの6区で差を2分以上に広げられてしまうが、当日変更で7区に入った井戸浩貴(商4=兵庫・竜野)の好走とアクシデントが相まって、再び青学大の背中が見える位置にまで近づく。しかし流れは早大に傾かなかった。8区で再度青学大に突き放されると、9区では東洋大にも逆転を許し順位を3位に落としてしまう。最終10区では区間賞ペースで迫る4位順大との差も気にしなければならない展開となったが、その猛追を辛くも振り切り、総合3位で大手町のゴールテープを切った。

 早大は7、8、9区の選手を当日変更して復路に臨んだ。山下りの6区を任されたのは石田康幸(商3=静岡・浜松日体)。スタート直後に差を1分以上に広げられてしまうが、徐々に感覚をつかみ、大平台では46秒差まで青学大に迫った。しかし後半に失速。区間12位に沈み先頭との差を2分8秒差まで広げられてしまう。復路唯一の4年生となった井戸は後れを取り戻すべく、序盤から積極的に前を追っていく。終盤に首位を走る田村和希(青学大)が思わぬアクシデントに襲われ、大幅にペースダウン。一方井戸は、相楽豊駅伝監督(平15人卒=福島・安積)からの声を受け、自らを奮い立たせた。最後の力を振り絞りラップタイムを上げ、1分21秒にまで差を縮め中継する。続く8区には1年生の太田智樹(スポ1=静岡・浜松日体)が出走。トップの背中が見える位置でタスキを受け取ったが、一時区間記録更新も視野に入った下田裕太(青学大)の好走でその姿はみるみる遠のいていく。最終的には5分30秒以上の差をつけられてしまった。初めての箱根は苦しい結果となったが、伝統のタスキを9区に運んだ。

石田康(左)から井戸へのタスキリレー。井戸は4年生の意地を見せ青学大との差を縮めた

 復路のエース区間とも言われる9区は光延誠(スポ3=佐賀・鳥栖工)が担った。前との差を少しでも縮めたいところだったが、後方から3位を走っていた東洋大の足音が近づいてくる。光延も区間順位一桁の走りで粘ってはいたが、区間賞を獲得した野村峻哉(東洋大)の追い上げは振り切れなかった。17.5キロ付近で追いつかれると、一気に引き離されてしまう。鶴見中継所には先頭から7分27秒、逆転を許した東洋大から57秒遅れをとって到着。勝負の行方をアンカーに託した。ここまで9人の汗が染みこんだタスキを笑顔で受け取り、最後に肩に掛けたのは清水歓太(スポ2=群馬・中央中教校)だ。最初の6キロで2位との差を10秒詰め、順調に前を追っていく。しかしその後なかなかペースが上がらない。また、後方からは4位を走る順大が猛追してきていた。絶対に3位を譲るわけにはいかない、とでも言うように最後は意地を見せ、何とか逃げ切り総合3位でゴール。フィニッシュ地点では平と武田凜太郎(スポ4=東京・早実)が笑顔で清水を受け止めた。

後続の猛追から逃げ切り、3位でゴールする清水

 全日本大学駅伝対校選手権(全日本)で確かな手ごたえをつかみ、総合優勝への強い思いを胸に臨んだ今大会。往路を33秒差の2位で終え復路に望みをつないだが、最終的には前回王者・青学大に8分16秒差をつけられ、東洋大に次ぐ3位でのゴールとなった。6年ぶりのベスト3入りを果たしたが、誰一人としてこの結果に満足しているメンバーはいないだろう。しかし、大手町でアンカーを待つ選手たちの顔には、悔しさと共にいま持てる力を出し切った清々しさ、最高のチームで箱根路を駆け抜けた達成感がにじんでいた。この一年間平駅伝主将を筆頭に、一回りも二回りも強くなった姿で早大を率いてきた4年生は、きょうで競走部を離れる。優勝という最高の結果にはあと数歩届かなかったが、その覚悟や思いは必ず後輩たちに伝わっているはずだ。立ちはだかるカベは高く、厚かった。箱根で勝つ難しさも知った。しかしこの2日間を戦い抜いたことで、新たに見えた景色もあっただろう。エンジのタスキは、そしてそこに込められた思いは、これからも途切れることはない。再び頂を目指して、新チームは歩み始める。

(記事 太田萌枝、写真 吉村早莉、大庭開)

第93回東京箱根間往復大学駅伝競走
区間 距離 名前 記録 区間順位
早大 往路 5時間34分18秒 第2位
1区 21.3キロ 武田凜太郎 1時間03分59秒 3位
2区 23.1キロ 永山博基 1時間08分50秒 10位
3区 21.4キロ 平和真 1時間03分32秒 2位
4区 20.9キロ 鈴木洋平 1時間03分50秒 3位
5区 20.8キロ 安井雄一 1時間14分07秒 4位
早大 復路 5時間38分08秒 第9位
6区 20.8キロ 石田康幸 1時間00分23秒 12位
7区 21.3キロ 井戸浩貴 1時間04分53秒 3位
8区 21.4キロ 太田智樹 1時間08分32秒 14位
9区 23.1キロ 光延誠 1時間11分50秒 7位
10区 23.0キロ 清水歓太 1時間12分30秒 9位
早大 総合 11時間12分26秒 第3位
関連記事

わずか33秒届かず…青学大に次ぐ往路2位/第93回東京箱根間往復大学駅伝(01/02)