競走部

2016.12.31

第4回早稲田大学長距離競技会 埼玉・織田幹雄記念陸上競技場

走りで伝える、箱根につなぐ思い

 東京箱根間往復大学駅伝(箱根)まで残り2日となった大晦日。箱根のエントリーメンバーから外れた選手たちが、毎年恒例の1万メートルのタイムトライアル、通称『漢祭り』に挑んだ。『箱根0区』とも呼ばれるこのレース。箱根出場メンバーへのエールの意味も込められており、また、エントリーから外れた4年生にとっては早大競走部の引退レースとなる。1万メートルに先んじて行われた5000メートル競歩には高橋和生(社2=岩手・花巻北)と高橋雄太(スポ2=千葉・佐原)が出場。どちらも最後まで粘る力強いレースを展開し、1万メートルに出場するメンバーに勢いをもたらした。

 その後間も無く、風もなく暖かな日差しが降り注ぐベストコンディションの中、1万メートルが始まった。1キロ手前で集団が2つに分かれ、中大の町澤大雅らが先頭集団を引っ張る。それに食らい付いたのが、柄本勲明(スポ4=早稲田佐賀)、西田稜(政経2=東京・早大学院)、遠藤宏夢(商1=神奈川・国学院久我山)だった。そして、その少し後ろを真柄光佑(スポ1=埼玉・西武学園文理)が追う。しかし、町澤らのペースに付いていけず、3キロ過ぎに柄本と遠藤が後ろに下がってしまう。

序盤、積極的な走りを見せた西田(中央)

 レースが動いたのは残り2キロだった。それまで先頭集団に懸命に食らい付いていた西田が、徐々に遅れ始める。そして、その後ろを走っていた真柄が後退する西田を捉え、前に出た。西田は真柄に付いていくことができず、ジリジリと後退。真柄はそのまま自分のペースを刻み、ラスト1周でスパートをかけると、前を行く町澤、舟津彰馬(中大)らに次いで4位でゴールした。西田も粘りを見せ6位でフィニッシュ。苦しい走りとなった柄本と川村裕幹(基理4=和歌山・桐蔭)の2人も、4年生の意地を見せ最後まで走り切った。

ことしの『漢』に輝いた真柄

 レース終了後に4年生を胴上げし、伝統の『漢祭り』が終わった。しかし、早大の『漢』たちの戦いはまだまだ終わらない。早大競走部が1つになって挑む戦い、箱根が待っている。きょう『漢祭り』に出場した選手たちのエールは、必ずやエントリーメンバーに伝わったに違いない。新春の大舞台に向けて、熱いタスキが渡った。

(記事 吉村早莉、写真 太田萌枝)

結果
▽男子1万メートル
真柄光佑  30分11秒27(4着)
西田稜   30分19秒76(7着)
遠藤宏夢  30分50秒41(10着)
※1万メートルのみ、早大上位3名まで掲載