競走部

2016.12.31

第93回東京箱根間往復大学駅伝 1月2・3日 東京・大手町読売新聞東京本社前⇔神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場入口

箱根駅伝展望<復路編>

 東京箱根間往復大学駅伝(箱根)の往路に惜しみなく主力を投入した早大。復路ではそこで生まれたリードを生かすレースができるかがカギとなる。まずは山下りの6区を任された石田康幸(商3=静岡・浜松日体)で好スタートを切りたいところだ。「ブレーキの少ない走りができるのが自分の強み」と、下りの勢いを生かせる自らのフォームに自信を持っている石田康。関東学生対校選手権のハーフマラソンでは入賞まであと一歩に迫るなど、距離適性も十分だ。青学大の小野田勇次は強敵になるが、ここで耐え切れるかが大きな分水嶺(ぶんすいれい)となる。

6区の石田で『我慢の走り』ができるか

 続く7区は今井開智(スポ4=神奈川・桐光学園)が初選出。最初で最後の箱根になるだけに、懸ける思いもひとしおだ。また、昨年度に7区を経験した光延誠(スポ3=佐賀・鳥栖工)が控えにいるのも心強い。7区は近年、復路序盤の流れを掴む区間として重要度が高まっている。補欠を含め好調な選手が投入されることになるだろう。8区の箱田幸寛(スポ4=広島・世羅)も4年目にして初めてエントリーに名を連ねた。8区は最後に遊行寺の坂が控え、気温も上がるというタフなコース。今季はチーム内で最も走行距離を積んでいた時期もあったという箱田が、最後にこの難コースを攻略するか。あるいは長い距離に自信を持つ佐藤淳(スポ4=愛知・明和)らの起用も考えられる。

 復路のエース区間・9区にはルーキー大木皓太(スポ1=千葉・成田)が抜擢された。集中練習期間は上りの練習をしていたというだけに、その力は未知数だ。また、リザーブには昨年度9区区間賞の井戸浩貴(商4=兵庫・竜野)がおり、「9区に関しては自信を持っている」とコメントしている。ただ、井戸はどの区間でも抜群の安定感を持って走れる選手であり、9区に出走するかは往路の展開次第といったところか。続く10区は清水歓太(スポ2=群馬・中央中教校)が入っている。今季はハーフマラソンの自己ベストを大幅更新するなど勢いに乗っている清水。同期の永山博基(スポ2=鹿児島実)の活躍の陰に隠れていた選手だが、初の大舞台で真価を見せられるか。また、前回10区を経験した藤原滋記(スポ3=兵庫・西脇工)が補欠にいるのも頼もしい。

復路のいずれかの区間で出走が濃厚な井戸。安定感を武器に最後の箱根路を全力で駆け抜けてほしい

 現在エントリーされている選手に力があるのはもちろんのこと、新迫志希(スポ1=広島・世羅)や太田智樹(スポ1=静岡・浜松日体)ら、リザーブのレベルも極めて高い早大。往路の順位やタイム差を見て、復路の区間配置は柔軟に対応できそうだ。今のチームは『青学大の箱根3連覇を阻止する』という思いを抱いている。くしくも6大会前、『大学駅伝三冠』を成し遂げた時も、東洋大の箱根3連覇を阻止しての優勝だった。「もう2位以下はいらない」(平和真駅伝主将、スポ4=愛知・豊川工)。6年前のあの感動をもう一度――。1月3日、大手町に響くのは『紺碧の空』、そして『都の西北』だ。

(記事 平野紘揮、写真 小川由梨香、鎌田理沙)

直前インタビュー

区間エントリー発表!/第93回東京箱根間往復大学駅伝(12/29)

関連記事

箱根駅伝展望<往路編>/第93回東京箱根間往復大学駅伝(12/31)


「やっと4年目で」――。頂へ、準備万端!/箱根駅伝直前公開取材(12/24)

関連特集

【連載】『頂』/第93回東京箱根間往復大学駅伝(12/15~21)